みらくるダンス
 .com
*****
ダンスの見どころ
トップページ
金沢の
パーティ情報
北陸3県
競技会の日程
リンク
*****
サークルかがやき
ダンス練習会
*****
みらくるダンス
・ダンスの見どころ
管理人のブログ
  2018
管理人へのメール
はこちらから
*****
*****
▼スポンサードリンク▼
▲スポンサードリンク▲
ページの先頭へ
みらくるダンス・ダンスの見どころ管理人ブログ2018 > メインページ(8/15 ページ目)

    PAGE: NEW 123456789101112131415

投稿78 4月29・30日かがやき練習会報告
 2018/05/01(火) 09:38:08  カテゴリー:かがやき練習会  投稿者:sanzo

4月29日(日曜日・祝日)および、4月30日(振替休日)のかがやき練習会に
参加していただいた方、どうもありがとうございました。

参加人数は 4月29日が 83人(主催者を含む)
 4月30日が 107人でした。
男女比率では、いずれも、男性の方が少し多かったように思います。

こまめに、フロアの温度を調整していましたが、
人数が多いと、どんどんと、室温と湿度が上がっていきますね。
いつもよりも、温度を低めに設定していましたが、うちわで仰いでいた人が結構いたように思います。


二日間通した感想ですが、参加人数が、24人(12組相当)ちがうと、雰囲気が全然
違ってくるということが、体感できたように思います。
人数が少ない方が、気軽にのびのびと踊れますが、人数が多い方が、盛り上がります。

社交ダンスは、「姿勢を崩さないように、背筋を伸ばして踊る」ことも大切かもしれませんが、
「周囲をみながら、とっさの判断で、次の動きを決めていく」という判断力も大切です。

「周囲を見ず、ひたすら斜め上をみて、決められた順番で踊る」のも社交ダンスならば
「回転動作で、フロアーのどこが空いているかを見極めて、空いているところに進む」のも
社交ダンスだろうと思います。


社交ダンスで一番大切なのは、「楽しく踊る」ことが、一番大切だろうと思います。
いろんな考え方の中から、「自分が理想とする社交ダンス」を見つけるのが良いと思います。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2018年4月30日
投稿77 今日も、かがやき練習会
 2018/04/30(月) 08:37:29  投稿者:sanzo

昨日に引きづついて、今日30日(振替休日)も、かがやき練習会です。
参加されるかたは、事故にあわないように、気を付けてきてください。

2日連続の参加は、大歓迎です。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2018年4月29日
投稿76 明日30日も、かがやき練習会
 2018/04/29(日) 23:47:17  投稿者:sanzo

4月29日のかがやき練習会、参加された方、どうもありがとうございました
参加人数は 83人(主催者を含む)でした。

明日、4月30日も、かがやき練習会です。
参加される方は、事故にあわないように、気を付けてきてください。

みんなで楽しく踊りましょう!

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


投稿75 今日はかがやき練習会
 2018/04/29(日) 08:39:59  カテゴリー:かがやき練習会  投稿者:sanzo

今日、29日はかがやき練習会です

良い天気になりましたね。
運転には気を付けて、事故のないように、参加してください。

道路を渡るときは、左右をよく見て、渡りましょう!

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2018年4月28日
投稿74 明日29日はかがやき練習会です
 2018/04/28(土) 13:05:40  カテゴリー:かがやき練習会  投稿者:sanzo

明日4月29日と、明後日30日は、かがやき練習会です

参加される方は、事故にあわないように、気を付けてきてください。

追伸:
昼と夜の寒暖の差が大きくなっています。
体調管理を万全に!!!

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2018年4月24日
投稿73 今日の日記0423
 2018/04/24(火) 01:29:13  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

昼と夜の温度差が激しいですね。
深夜にパソコンを触るときは、真冬のセーターが必須・・・かな。

いくつか、雑用が重なってので、全く仕事をしていないにも関わらず、
ゴールデンウィーク明けまで、「暇のない日々」が続きそうな感じ。


社交ダンスを取り巻く環境は、どんどん変化していきますね。

社交ダンスのプロ教師のブログが、「社交ダンスのブログ」では無くて、
「写真を掲載するブログ」に変わった時が、終わりの始まり・・・だな。
いわゆる末期症状。

日本の社交ダンスには、致命的な欠陥がある。
社交ダンスのほとんどのプロ教師が
 「俺様の社交ダンスは、完璧に正しいダンスである」
と、信じ込んでるのが原因なんだろうけど、
自分の社交ダンスが正しいと思うなら、
ブログで社交ダンスの魅力を発信すればいいのに・・・・

「カネをもらわなければ、ダンスは踊らない」
「カネをもらわなければ、情報の提供もやらない」
こんなことやっていれば、潰れて当然だろ。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2018年4月21日
投稿72 4月15日かがやき練習会報告
 2018/04/21(土) 00:50:50  カテゴリー:かがやき練習会  投稿者:sanzo

報告が遅れてすみません。
4月15日(日)のかがやき練習会、参加された方、どうもありがとうございました。
参加人数は、91人でした。

相撲の巡業では、挨拶をしている市長が土俵の上でぶっ倒れたりしてるので、
練習会でも、倒れる人がでないように、気を付けるようにしています。

最初、温度を高めにしておいて、少しづつ、温度と湿度を下げていく。
くも膜下出血とか脳卒中とかの対策には、これでいいのか、どうかわからないけど、
とりあえず、そんなふうにしています。

体調管理には、気を付けましょう。

それと・・・

最近のマスコミと、国会議員は、なに考えてるか、さっぱりわからないので、
セクハラ絡みのトラブルに巻き込まれないように気を付けましょう。

いわゆる「下ネタ」が好きな男性のところへ、女性の記者が取材に行ったとき、
男性が、女性記者のインタビュー対して、下ネタを発しただけで、
男性は、仕事をクビになる。
そして、女性記者によって、組織全体がボロボロにされる。

事実関係の把握よりも、一時的な感情が優先される世界。
非常に危険です。
法律なんかくそ食らえで、一時的な感情で行動するのが、国会議員。
一般国民は、一時的な感情に流されず、冷静に行動しましょう。

男性と女性の接点を持つ社交ダンスでは、気を付けたいところです。
こっそり、テープレコーダーを隠し持った女性記者が、ダンスパーティに
紛れ込んでるかもしれませんから。 怖いですよ!

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2018年4月15日
投稿71 今日はかがやき練習会
 2018/04/15(日) 08:22:07  カテゴリー:かがやき練習会  投稿者:sanzo

今日4月15日は、かがやき練習会です

参加される方は、事故にあわないように、気を付けてきてください。

雨が降っているので、車の運転には気を付けてきてください。

駐車場では、ドアを隣のクルマにぶつけないように、細心の注意を払いましょう。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2018年4月14日
投稿70 明日15日(日)は、かがやき練習会
 2018/04/14(土) 13:09:23  カテゴリー:かがやき練習会  投稿者:sanzo

あす4月15日は、かがやき練習会です。

参加される方は、事故にあわないように、気を付けてきてください。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


投稿69 2018年のダンス界を予想する(12)
 2018/04/14(土) 06:28:29  カテゴリー:Ballroom Fitness みらい  投稿者:sanzo

社交ダンスでは、初心者のころから
「下を向いて踊ってはいけません」「姿勢を崩してはいけません」
ということを、徹底的に叩き込まれる。
ほとんど、躾(しつけ)に近い感じで、厳しい指導を受ける。

日本の社交ダンスの指導の基本は、「2階席を見て踊れ!」。
つまりは、視線を斜め上に向けたまま、両肘を真横に張った姿勢をキープしたまま
踊りなさい・・・・ということを意味します。

はい、ここで問題です。
混雑しているフロアーで、身長の高い男性が、斜め上を見て踊ったら、どうなるか?

男性のすぐそばに、背の低い女性が踊っていたとしても、斜め上を見て踊っている男性の
視界には女性の姿はありません。
下を見てはいけません! 上を見て踊りましょう!
というのが、日本の社交ダンスの指導方法です。

背の低い女性とぶつからないように、細心の注意を払いながら、
女性を避けて踊る男性は「ダンスを知らない、悪い男性」であって
背の低い女性を視界から外して、上を見て、女性を跳ね飛して転倒させる
ような踊りをする男性が「ダンスの上級者」というのが、、日本の社交ダンスの指導です。

基礎(きそ)と糞(くそ)、似ているようでも、大違い!

日本の社交ダンスのプロ教師は、根本的な部分で、致命的な間違いをしています。

ウインナーワルツ(宮廷ダンスの流れをくむダンス)にせよ、スローフォックストロット(1910年代発祥の歩行型ダンス)にせよ、タンゴ(アルゼンチンの酒場が発祥と言われている)にせよ、
同じフロアーで、大勢の人が仲良く踊るのが、社交ダンスの大原則です。

「背の高い男性が斜め上を向いて踊るため、背の低い女性がいても視界から外れて、見えない」
というのが、「本来の社交ダンスの基礎」であろうはずがありません。

悲しいかな、日本のプロ教師には、この矛盾に気づいている人はほとんどいません。
日本のプロ教師は、この重大な欠陥に対し、誰も、疑問に思わないのです。

ダンスを知らない小学生でも、疑問を抱くでしょう。

---

では、「帽子をかぶって踊ったときのストリート系のダンス」における視線の動きはどうなのか?

帽子のツバで、視界の上半分が遮られたとしましょう。

カラダが自由に動く状態で、視界の下半分だけが見える。
これで、カラダに回転を掛けるとどうなるか?

回転するときには「水平ライン」を見続けると、カラダ全体が安定する
ということを知っている人ならば、視界の下半分だけを使って、視線を水平に
保とうとするでしょう。

帽子をかぶって、ダンスの練習をすると、この平衡感覚が身に付きます。

ストリート系ダンスにおける「水平ラインを見ながら回転する」のと
社交ダンスにおける「斜め上(2階席)を見ながら回転する」のとでは、
カラダの動きは、根本的に違います。
バレエはどうでしょうか? たぶん水平ラインを見ているはずです。

ストリート系ダンスをやっている高校生が100人いたとしても、
誰も「日本の社交ダンス(スタンダード)」をやろうとしないはず。
日本の社交ダンスは「一般的のダンスとは、基礎が正反対」だから。

ダンスというものを知れば知るほど、日本のスタンダード種目に対して
「拒絶反応」を示す可能性が高くなる。
だから、現状を追認する、日本の社交ダンスには「未来はない!」

日本の社交ダンス(スタンダード)の基礎は、メチャクチャだから、
才能のある人には、スタンダードは教えない方がいい。
社交ダンスのラテン種目だけを教えて、ラテン種目の基礎の応用で
スタンダードを踊った方がいい。

そうすれば、社交ダンスに「未来」が開ける。 可能性が出てくる。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)



    PAGE: NEW 123456789101112131415



  以前のページに戻る  ↑このページの先頭へ 

ブログのメニュー
ブログのトップページ
カテゴリーの一覧
全投稿のタイトル一覧

カテゴリー
今日の日記
お知らせ
かがやき練習会
Ballroom Fitness みらい
つれづれに(雑談です)

カテゴリーの一覧

月別アーカイブ(保存庫)
2018年8月分の投稿
2018年7月分の投稿
2018年6月分の投稿
2018年5月分の投稿
2018年4月分の投稿
2018年3月分の投稿
2018年2月分の投稿
2018年1月分の投稿

全投稿のタイトル一覧

最近の投稿(エントリー)
今日はかがやき練習会
明日19日はかがやき練習会
2018年のダンス界を予想する(20)
今日の日記0815
今日の日記0814
8月12日かがやき練習会報告
かがやき練習会・開催日変更のお知らせ
今日はかがやき練習会
明日12日は、かがやき練習会
2018年のダンス界を予想する(19)

コメントのある投稿
こちらは「管理人のブログ2018」です
こちらは「管理人のブログ2018」です
(最新の10件を表示)

このブログの説明
このブログについて

ブログの検索