みらくるダンス
 .com
*****
ダンスの見どころ
トップページ
金沢の
パーティ情報
北陸3県
競技会の日程
リンク
*****
サークルかがやき
ダンス練習会
*****
みらくるダンス
・ダンスの見どころ
管理人のブログ
  2018
管理人へのメール
はこちらから
*****
*****
▼スポンサードリンク▼
▲スポンサードリンク▲
ページの先頭へ
みらくるダンス・ダンスの見どころ管理人ブログ2018つれづれに(雑談です)すべての投稿

このページは、カテゴリー「つれづれに(雑談です)」の、すべての投稿です。
新しい投稿が上、古い投稿が下 になるように並んでいます。

2019年1月17日
投稿270 もしかして、大崩壊の前兆か?
 2019/01/17(木) 09:48:54  カテゴリー:つれづれに(雑談です)  投稿者:sanzo

昨日紹介した、田中英和先生のブログ。

田中先生本人が書いたのか、ダンスの知識のない新人のゴーストライターが書いたのか
わかりませんが、現状認識が甘いというより「酷い」ですね。

トップに立つ人が、こんな認識で行動しているのだとすると、ダンス界は、大崩壊を
起こしかねないですね。 もはや「絶望」という言葉しか出てこない。
技術的には、尊敬する先生なのですが、ダンス界全体を見る目が「メチャクチャ」です。
すくなくとも、わたしは、そのように感じました。


ダンスビュウ > 田中英和先生のワールドダンス > 新しい年を迎えるにあたり

  ↑ここをクリック
----引用開始(緑色)-----
ダンス人口の減少を食い止めるには

こんな素晴らしい人間関係を構築できる夢のあるボールルームダンスなのですが、昨今のダンス人口の減少傾向はどうしたことなのでしょう。昭和から平成に向かうころ、競技ダンスの普及が成功し、社会の中に広く認知され、平成に入る頃には風営法のもとで踊られていた昔の社交ダンスが健全なダンスへとイメージを大きく変えたのはとても喜ばしいことでした。しかし、同時に、風営法から外れていく過程の中で大衆化が進み、メダルテストなどの教育的な側面がないがしろにされ、技術レベルの低下、マナーの低下が危ぶまれるようになってきたのと同時に、ダンス人口の減少も年々加速してきたのです。
----引用終了----

まず、風営法から外れていく過程の中で「大衆化が進み」「ダンス人口の減少が
年々加速」というのは矛盾してます。
大衆化が進めば、底辺層が増えるので、ダンス人口は増えます。
「大衆化が進んだ結果が、ダンス人口が減少した」というのは、間違ってます。

大衆化が進んだ結果、ダンス人口が増え、相対的に「競技ダンス」を目指す人
も増加して、ダンス教室は「キャンセル待ちの生徒」であふれていた。

大衆化したダンスは、仮に「見るに堪えない」ものであったとしても、
踊っていて楽しいダンス、また踊りたい!と感じるダンスだったはずです。
大衆化したダンスは、「滑稽な我慢比べ」ではありません。

むしろ、プロの先生方が、競技会を目指す生徒に、厳しく教えたのが
 「肩肘を張ったまま身体をくっつけあって動き回る滑稽な我慢比べ」
だと、わたしは考えます。 (間違っているでしょうか?)

----引用開始(緑色)-----
ダンスにはいろいろなジャンルがあります。バレエもあればジャズやタップ、ストリート系のダンス、ヒップホップもあります。どのジャンルが優秀かどうかということではなく、私たちのボールルームダンス、社交ダンスも夢のある心を豊かにする素晴らしいダンスの一つであるということです。ダンスを踊っている、楽しんでいるカップルを見て、「あんないい感じのダンスならやってみたい〜」と思えるのなら、社交ダンスという古臭い言い方であろうと、それがダンススポーツであろうと、一般に受け入れてもらえるのではないでしょうか。
----引用終了----

社交ダンス以外のダンス、バレエ。あるいは武道。武術。西洋スポーツを経験されて
いる人の視線で、社交ダンスを眺めてみたとき、
 「肩肘を張ったまま身体をくっつけあって動き回る滑稽な我慢比べ」
のフットワークは、どのように感じるでしょうか?
直感的な「拒絶感」を受けるはずです。
こんな動きは、おカネをもらっても、やりたくない!...と。

ド演歌世代の高齢者ダンサー(競技選手)はたくさんいますが、
ディスコ世代以降のダンサーの数は、激減します。
ちょうど、還暦(60歳)を境にして、人数分布が大きく変わります。

今の40歳代・50歳代は、人数が少なすぎて、カップルを組めないよ。
インターネットを使った「パートナー募集掲示板」を作ったりしたけれど、
そもそも、人がいないので、ほとんど機能しない。
で、60歳代の「上手な人」と呼ばれる人たちの大多数は
 「肩肘を張ったまま身体をくっつけあって動き回る滑稽な我慢比べ」
をやっている。

結局、「我慢比べ」のダンスを受け入れるか、「ダンスを辞めるか」の
二者選択。 少なくとも10年以上前から、こんな状態になってます。
そこには、夢も希望もありません。

たまたま、男女がいたら、カップルを組めますけど、別れたらオシマイです。
「別れたら次の人!」なのでしょうけど、「次の人」がいないのです。

----引用開始(緑色)-----
ボールルームダンスのホールドという形は意味のある5つのコンタクトの集合体であり、男性はより男性らしくスマートで、女性は女性らしくエレガントであるためのスタイルであり、肩肘を張ったまま身体をくっつけあって動き回る滑稽な我慢比べではないのです。
----引用終了----

5つのコンタクトの感触を、臨機応変だけど、微妙に変化させることで、
カラダ全体の動きを生み出していくべきなのか?
それとも、5つのコンタクトを固定しておいて、足の力で上半身を
グイグイ運んでいくべきなのか?

日本の社交ダンスでは、「5つのコンタクト」の存在は教えますが、
コンタクトをどうするか? という肝心な部分を、教えません。
なんでもいいから、5つのコンタクトを作っておいて、5つのコンタクト
崩さずに踊り続ければ「たいへんよくできました!合格です!」
みたいな感じですよね。 90%以上の人が誤解する。

その結果が「我慢比べ」。 男も女も、足を使って自分で動け!
それを見たストリート系の人は拒絶する。

----引用開始(緑色)-----
ホールドには5つのコンタクトがあり、女性は男性のサポートによって自身の体重が軽く感じられるようになれば、両肘にバランスがあり、持ち前のフットプレッシャーはさらに生き生き踊れるスタイルになるのです。男性も、女性を重く感じることがなくなる「好循環」が始まるでしょう。
----引用終了----

田中英和先生のフットプレッシャーの指導には、致命的な欠陥があります。

武道・武術や、ストリートダンスには、「足の裏を持ち上げる」感覚があります。
土踏まずを垂直に持ち上げて、土踏まずのアーチを作りながら、ヒールに体重を
かけてやれば、フットプレッシャー(床への圧力)を最大化することができます。
おそらく、本来の社交ダンスも同じだろうと思います。

ところが、フットプレッシャー、つまり、「足の裏で床に圧力を掛けろ!」
といわれると、足の裏全体で床を踏みつけたくなります。
土踏まずのアーチを潰して、べったりと足の裏を床に張り付ける感じで、
軸足に体重を乗せてきます。
こうすると「内臓を引っ張り上げる」ことが出来ますので、軽くなった
感じになります。 肘は真横に伸びていきます。

ゴム印を押し付けて潰すイメージで、足の裏全体を床に押し付けて
めいっぱい胸を伸ばす。(背中の筋肉は、縮む方向に働く)
男性の胸が持ち上がると、抱きかかえられた女性は軽くなります。

足の裏の使い方が違えば、フットプレッシャーの解釈も違ってきます。
何割の生徒(雑誌やホームページで言えば、何割の読者)が、
どちらの解釈をするかを考えずに、フットプレッシャーばかりを
強調すると、間違った解釈のほうが主流になってしまいます。

わたしは「田中英和先生の指導方法では、90%の人が誤解する」
と思ってます。 そして、誤解した結果が
「肩肘を張ったまま身体をくっつけあって動き回る滑稽な我慢比べ」
なのだと。。。。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2018年1月 5日
投稿5 比べてみると面白い
 2018/01/05(金) 04:03:17  カテゴリー:つれづれに(雑談です)  投稿者:sanzo

登美丘高校のダンスと、キンタロー(世界第7位)のダンス、比べてみた

男女がコンタクトを取っている部分で、キンタロー&ロペスペアに、
世界を圧倒するようなすばらしさがあるのかもしれない。(個人的には、さっぱりわからん!)

だけど、キンタロー(世界第7位)がソロで踊っている部分をみると、
登美丘高校の人たちのほうが、圧倒的にキレがあるように感じます。


登美丘高校 ダンス部(ダンシング・ヒーロー)


キンタロー(パソドブレ)


キンタロー(チャチャチャ)


ダンスの動きを見ていると、登美丘高校の圧勝のように思えるのですが、
キンタローがソロで踊っている部分に、わたし(山象)には理解出来ない、
ものすごい表現力があるのでしょうか?

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)



このページは、カテゴリー「つれづれに(雑談です)」の、すべての投稿です。
新しい投稿が上、古い投稿が下 になるように並んでいます。



  以前のページに戻る  ↑このページの先頭へ 

ブログのメニュー
ブログのトップページ
カテゴリーの一覧
全投稿のタイトル一覧

カテゴリー
今日の日記
お知らせ
かがやき練習会
Ballroom Fitness みらい
つれづれに(雑談です)

カテゴリーの一覧

月別アーカイブ(保存庫)
2019年1月分の投稿
2018年12月分の投稿
2018年11月分の投稿
2018年10月分の投稿
2018年9月分の投稿
2018年8月分の投稿
2018年7月分の投稿
2018年6月分の投稿
2018年5月分の投稿
2018年4月分の投稿
2018年3月分の投稿
2018年2月分の投稿
2018年1月分の投稿

全投稿のタイトル一覧

最近の投稿(エントリー)
もしかして、大崩壊の前兆か?
比べてみると面白い

コメントのある投稿
今日の日記0902
今日の日記0902
今日の日記0902
こちらは「管理人のブログ2018」です
こちらは「管理人のブログ2018」です
(最新の10件を表示)

このブログの説明
このブログについて

ブログの検索