みらくるダンス
 .com
*****
ダンスの見どころ
トップページ
金沢の
パーティ情報
北陸3県
競技会の日程
リンク
*****
サークルかがやき
ダンス練習会
*****
みらくるダンス
・ダンスの見どころ
管理人のブログ
  2018
管理人へのメール
はこちらから
*****
*****
▼スポンサードリンク▼
▲スポンサードリンク▲
ページの先頭へ
みらくるダンス・ダンスの見どころ管理人ブログ2018 > メインページ(6/40 頁)

  PAGE: 最新頁へ新しい頁へこのページは 6/40頁最終頁へ
1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37/38/39/40

2019年4月26日
投稿341 今日の日記0425
 2019/04/26(金) 02:58:11  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

またまた、本を購入

aaaaaaaaa.jpg

「運動器を学ぶ人必見! 考える整形外科学」とか書いてある。
こんなもん、読んでも、さっぱりわからん! という話もある。
「運動器」という用語、存在するみたいですね。

中古で安かったので、一緒に買ったけど、こんな本を読んで
ダンスが上達できるのなら、整体外科の医者が、チャンピオン
になってるはずだな。

経絡・経穴の知識は、「相手を動かす」のには、必須かな。
そんな気がする。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2019年4月23日
投稿340 今日の日記0422
 2019/04/23(火) 01:56:57  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

「経穴(ツボ)と経絡」について、調べようと思っているのだけど
仕事で疲れて、夕食食べたら、ダウン。
いま、目が覚めたところ。

1つミスをすると、数十万円の損失になる仕事。
さすがに、気を遣う。
こういう気を遣う仕事は、一日も早く、終わらせてしまうのが一番・・・と。


経穴(ツボ)は、世界共通なところが、面白いですね。
鍼とか、マッサージとか、そういう人たちが利用しているから、説得力がある。

「鍼」も「お灸」も「東洋医学」もすべて根拠のないイカサマだ!
社交ダンスのプロ教師が教える「クソ難しい筋肉の名前」を覚えるべし!
社交ダンスのプロ教師が教える「筋肉の名前」を全部暗記すれれば
だれでも世界チャンピオンと同じ踊りができるぞ。。。なんて、ね!
そんなふうに思える人は、幸せだと思う。

一番「幸せ」を感じているのは、
  「俺様のダンスの基礎は、世界チャンピオンと、完璧に同じだ!」
そう思い込んでいる社交ダンスのプロ教師なのかもしれない。


背骨を軸とした踊り(ダンス)では、自分のカラダを動かすことはできるけど、
相手のカラダを動かすことはできない。
自分は自分で動き、相手は相手で動くのが「社交ダンス」だというのであれば、

生徒が動かないときは、「教えたとおりに動け」と、叱りつければいいんだから。
それが、日本の社交ダンスのプロ教師だとしたら、すばらしい商売だな。
でも、そういう習い方をした生徒は、「楽しい」と感じているのだろうか??

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2019年4月19日
投稿339 今日の日記0418
 2019/04/19(金) 02:25:39  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

micro SDカードを入れたケース。どこに行ったのか、消息不明。

現在、捜索中!! どこ行ったんだろ。

書き込み速度の速い microSD カードを、まとめて入れておいたケースが、
どこかに行ってしまった。

見つかると良いのですが。眠い!!

ここ一週間くらい、仕事の追い込みで、忙しいのですが、
そういうときに限って、余計なこと作業が増える。
そんなもんだな。



microSDカード、発見!
よかった、よかった。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2019年4月18日
投稿338 インナーマッスル その19
 2019/04/18(木) 02:27:27  カテゴリー:Ballroom Fitness みらい  投稿者:sanzo

youtube のダンサー裕美先生の「犬の後ろ足」の動画を、
もっと詳しく説明してほしいという要望があったので、要望にお応えして
子供や初心者にもわかるように、わかりやすく解説します。

社交ダンスを習うときは、「個人レッスン」で、先生と踊るのがベストです。
先生と踊るときには、「先生のカラダの動き」を理解する必要がある。
先生(女)と生徒(男)で、まったく違う動きをしてたら、レッスンにならない。

女先生と同じ動きをする生徒は、先生のボディに合わせて踊ることができるが
女先生と違う動きをする生徒は、手抜きをされて、いつまでたってもシャドーばかり。

『第57回 ライズは「犬」の後ろ足に学ぼう!!』ということで、
「ライズで足首を伸ばして踵を高く持ち上げる」動作を、犬の後ろ足に例えて
説明している。
今回の動画は「神回」。今まで誰も教えなかった「日本の社交ダンス」での
「女先生の動きの原点」を知るために、とても貴重な動画である。永久保存版! 

tsubo_inu630.png

人間の踵(ヒール)は床に突いていて、「床」と「足の裏」が並行。
犬の踵(ヒール)は高く持ち上がっていて、「床」と「足の裏」は垂直。
ライズは、犬のように、足の裏を垂直にすることである・・・と。

足首を伸ばして、足の裏を垂直に立てて、膝を前方に進めていくとき、
同時に、「ふくらはぎの小指側」と「足の裏の小指側」を後方に引く。

おそらく、この感覚を身に付けている人と、身に付けていない人がいる。
ハイヒール(ピンヒール)で大股で歩こうとすると、靴のヒールが邪魔を
して、着地の時にヒールだけに強い体重が掛かると、膝が勢いよく前方に
飛び出し、「膝カックン」でバランスを崩してしまう。

そこで、ハイヒールでの着地の際、「ふくらはぎの小指側を後方に引く」
動作を加えながら着地させるテクニックによって、体重をスムーズに、
足の指の上に移すことが出来るようになる。
もしかしたら、多くの男性が気づかない、ハイヒール歩行の基礎なのかもしれない。

「ふくらはぎの小指側を後方に引く」ことにより、膝が内側に向いた「内股」
での立ち方になり、足の親指に体重が集中する。(内股の棒様レッスンを参照)

tsubo_yubi630.png

「ふくらはぎの小指側を後方に引いた状態」で、親指に体重を集中させた時
のカラダの動きは、「親指と繋がっている経絡」に着目すればよい。

足の親指からの経絡(関連するツボとツボを結ぶ線)は、骨盤の内側、
大腰筋の近くを通って、左右の胸に繋がってます。
でも、この左右の経絡だけでは、安定した動きを得ることはできません。

なので「背骨に強靱な軸」を作り、「背骨の軸」「左胸のツボ」「右胸のツボ」
の3つを、左右にクルクル回転させることにより、動きを得ることが可能になり
ます。
カラダの回転は、経絡上になる「大腰筋の近くにあるツボ」を使えば、簡単ですね。
カラダの「ねじれ」「しぼり」を基本とする日本の社交ダンス原点だと言えます。

pro_hiromi1.jpg

裕美先生が推奨している「ねじりパン」のホールドも、この原理そのものですね。

「背骨に強靱な軸」を作り、ふくらはぎの小指側を後方に引いて
足の親指に体重を集中させて、親指と繋がっている経絡を意識する。
「股関節の近くにあるツボ」によって、カラダに「ねじりパン」にして
「背骨・右胸・左胸」の3つを、左右に回転させて、男女を密着させる。

これこそが、日本の社交ダンスの原点であり、裕美先生の「棒様」レッスンの
基礎でもあり、故金沢正太先生が、死ぬまで追い求めていた最終到達点
なのだろうと思います。

----

じゃぁ、ネコは??? 同じ4本足でも、話が変わってきます。

neko_inu630.png

踵(ヒール)を持ち上げて、足の裏を垂直に立てたとしても、
ケツが持ち上がるだけで、進みもしなければ、立つこともできないでしょう。

踵の部分を、斜め後方に押し下げるようにすることで、
足の裏(つちふまず)が持ち上がり、ふとももが前方に進む。
結果的に、膝が伸びる・・・という感じでしょうか。

人間で言えば、梯子(はしご)を登っていくときに、
足の真ん中を梯子にかけて、踵(ヒール)を踏み込めば、
足の裏(土踏まず)と足全体の筋肉に変化が起きて、
結果的に、カラダが上に上がっていく。 それと同じ原理ですね。

tsubo_asinoura630.png

足の裏から繋がっている経絡は、足の裏にある「湧泉」から背骨を繋がってる経絡と、
足の小指から、足の裏を経由して背骨の横(左右)に繋がっている経絡が存在する
ことがわかります。

これを使えば、最初に、足の真ん中(湧泉)で立ち、背骨上の経絡のツボを意識してから
足裏の小指側のツボを意識することにより、背骨の左右のツボが生きてきます。

意識を「背骨」から、「背骨の横」に変化させていけば、重心感覚が変化しますから
「体重を背骨から、腕に移していく(腕に体重を預ける)」感覚が得られます。
この場合、回転ではなく、重心感覚の移動によって、背中の向きが変化していきます。

--

裕美先生が引用している「アナトミー・トレインの足の裏の図」から、
裕美先生は「犬の後ろ足」という結論を導きだしています。
しかしながら、アナトミー・トレインの理論から「ネコの後ろ足」の結論を
導き出すことも可能です。
足の裏に体重が乗るのは「足裏の親指側」だけど、カラダをコントロールする
のは「足裏の小指側」です。

足の裏とふくらはぎの小指側を後ろに引くことにより、すべてを「足の親指に
集中させるのでははなく、体重を支えるのは親指側、カラダのコントロールは
小指側にするのが、アナトミー・トレインの本当の趣旨であるように、わたし
は思います。

東洋医学の経穴(ツボ)・経絡で考えた方が、わかりやすいような気がします。
少なくとも、異なる2つの動きを、比較しやすいですね。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2019年4月17日
投稿337 今日の日記0416
 2019/04/17(水) 00:21:33  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

5年くらい前から、外反母趾(がいはんぼし)について、調べてます。
足の親指が、どんどん内側に寄っていき、足の人差し指の下に潜り込もうとする現象。

外反母趾は「よくない足」なのか? 外反母趾こそが「理想の足」なのか?
どちらだと思いますか?

じゃぁ、社交ダンスをやると、
 外反母趾が「進行する」のか?、 外反母趾が「治る」のか?
どちらだと思いますか?

さらにいえば、
  「外反母趾の女の先生」と「外反母趾ではない女の先生」では
まったく同じ下半身の動きをしていると思いますか?
踊ってもらった時の感触は、まったく同じだと思いますか?

社交ダンスを習いたいとしたら、
  外反母趾の女の先生に習いたいですか
  外反母趾ではない先生に習いたいですか?
ふくらはぎの使い方が、まったく違ってくるはずです。

社交ダンスのプロ教師資格を交付している団体は2つあります。
「JBDF」と「全ダ連」ですね。
じゃぁ、「プロ教師資格を交付している、試験官」の女性教師は、
外反母趾だと思いますか? 外反母趾ではないと思いますか?


社交ダンスの基礎は、「外反母趾の女性」に合わせた動きであり
「外反母趾の女性とペアを組む男性教師」によって作られている
・・・と考える(仮定する)と、日本の社交ダンスの指導は、理解しやすい。

極端な外反母趾の状態(足の親指を人差し指の下に潜り込ませる)で、
足首を伸ばして「内また」で立っていれば、自然に背筋がきれいに伸びます。
この「外反母趾の足で立ち、外反母趾の足でフットプレッシャーをかける」

この外反母趾の立ち方こそが、日本の社交ダンスの女性の理想なのであり、
外反母趾の女性(外反母趾の女の先生)に合わせた男性のフットワークこそが、
日本の社交ダンスの模範的な男性に対するレッスン(個別指導)だと仮定したら、
男性へのレッスンは、どういう内容が中心になってくると思いますか?

5年くらい、「日本の社交ダンス」つまり、イギリスの社交ダンスと違う
部分について、検証しているのですが、
日本の社交ダンスは、
 「外反母趾の女性特有の女性の動き」を大前提として作られている
というのが正解のよう思えます。

外反母趾が最強!!! 上手に踊りたい人は、外反母趾になろう!
日本の社交ダンスには、そんなメッセージが隠されているような気がします。
それって、なんか、違うような気がするのですが。。。。。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2019年4月16日
投稿336 今日の日記0415
 2019/04/16(火) 04:02:33  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

東洋医学の 経穴(けいけつ)・経絡(けいらく)の本を購入しました
なんのことはない、カラダの「ツボ」の本ですね。

ccccc.jpg

社交ダンスを踊るときに、「意識すると スムーズに踊れる ツボ」というのが
あって、(今まで踊ったことのない初めてのステップで)うまく踊れないときは
「ツボ」の動きを意識すれば、初めてのステップでも踊れたりする。

でも、世の中には、「社交ダンスのツボ? そんなものは、絶対に存在しない!」
と主張する人は沢山いるし、そもそも「社交ダンスの教師試験」ではツボの存在を
認めていない。 (「意識すべきツボ」とか言うと、教師試験に合格しない)

そこで・・・・
世の中に知られている「経穴(けいけつ)・経絡(けいらく)」を使って説明すれば
人間のカラダには「ツボ」があることが、理解してもらえるかな。。。。とか
思ったりする。 頭の固い人には、何を言っても、無駄だと思うけど。

経穴というのは、いわゆる「ツボ」。300以上ある。
ツボとツボを結ぶ線が「経絡」。手の指先から、足の裏まで、十数本ある。

2つのツボを同じ方向に、同じ速度に動かせば、カラダ全体が、進んでいく。
2つのツボを同じ方向に、違う速度で動かせば、カラダ(背中)の向きが変わる。
2つのツボを違う方向に、違う速度で動かせば、カラダ全体が回転する。

社交ダンスは男女でコンタクトをとっているので、複数のツボを意識して
自分のツボを動かせば、自分のカラダが進んでいき、自分のカラダが回転する
相手のツボを動かせば、相手のカラダが進んでいき、相手のカラダが回転する

これで社交ダンスを踊ることができる。 単純明快。

ツボは、カラダのいろんな部分に作用するので、ツボを意識すると健康になる。
(わざわざ、高いカネを払って、ツボに鍼を刺して貰う人もいるくらい)

じゃぁ、日本の社交ダンスはどうなのか?

背中を軸を作って、カラダをねじって、しぼって、ひしゃげさせながら踊る。
日本の社交ダンスのプロ教師は、最初にそう言うのを教えるから、
生徒は「背中に軸」を作らなければ踊れない・・・と思い込んでしまう。

生きるか死ぬかの瀬戸際でロシアの軍隊の格闘術「システマ」は、
カラダ全体の力を抜いて、カラダ全体を柔らかくすることを基本としている。

それに対して、女性を優しくエスコートして、女性と一体化して踊る社交ダンスは
背骨と腕に強靭な軸を作って、体幹ガチガチ、筋肉ムキムキ。

普通に考えれば、こんなの「ありえない」話だけど、
日本の社交ダンスは、プロ教師に従わなければ「カップルを組めない」んだわ。

新興宗教みたいなもんだな。
女性とカップルを組んで、競技会に出たい奴は、背中に軸を作って、筋トレやれ!
みたいな感じ。
ツボ? そんなのも知るか!! カラダを固めて、背中で動くんだ!背中で!!
そんなヤツしか、競技会に出場できない。

「自分と違う考え方」を否定(排除)して、
同じ考え方の人同士で「どんぐりの背比べ」をする世界。
それが、日本の競技会。
なんでもいいから、目立てば勝てる! 
激しく動き回って「背中の軸を使って、自分を大きく見せる」ことができれば、
優勝できる。 激しさ・痛々しさを競うのが、競技会だからな。

日本の競技会には、柔らかさとか、女性をエスコートする技術など、存在しない。
「ツボ」を知らないプロ教師が、審査員やってるんだから、そうなるわ!

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2019年4月14日
投稿335 今日の日記0414
 2019/04/14(日) 23:50:50  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

夕食をたべて、ブログ書いたら、すごい睡魔が襲ってきた。
で、目が覚めて朝かとおもったら、日付が変わってなかった。

今日は、朝の5時くらいから、パソコンを触ってたので、一日が長い。

かがやき練習会で使っているタブレット(8.9インチのwindows10)が
あるのですが、トラブルが起きると困るので、予備のノートパソコンを
持ち歩いてます。

タブレットが起動できなくなったり、動かなくなったら、すぐに
ノートパソコンを持ってきて、代わりに使えるようにしています。
でも、ノートパソコンは重くてかさばる。ACアダプタだけでも邪魔になる。

そこで、私用で使っている 10インチをのタブレット(windows10 homeを
proにアップグレード)を、かがやき練習会用として使うことにしました。

これからは、「今までの 8.9インチのタブレット」と
「練習会用に転用した 10インチのタブレット」を、交互に使う・・・と。
これで、トラブルがあっても対応できるはず。

で、今日は、朝5時に起きて、ソフトのインストールとかやって、
朝飯を食べて、練習会に向かう・・・みたいなことをやってました。
インストールの途中で、bluetooth のマウスが動かなくなって、
どうなることかとヒヤヒヤしてましたが、原因は「bluetooth の
省電力モード」だった。
出かける前のパソコン絡みのトラブルは、スリル満点ですね。

なんか、すごい長い一日が終わった感じ。
充実感も、何にもないけど、なんか、疲れた。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


投稿334 4月14日かがやき練習会報告
 2019/04/14(日) 19:46:00  カテゴリー:かがやき練習会  投稿者:sanzo

今日、4月14日のかがやき練習会、参加された方、どうもありがとうございました。

参加人数は39人(主催者を含む)でした。
これまでの最低が55人くらいだったと思うので、歴代のワースト記録を一気に
更新しました。

人数が少ないと、全然、活気がないというか、全然、おもしろくないですね。
せっかく、「かがやき練習会」に足を運んでいただいた方々には、申し訳ない
思い出いっぱいです。 深く、お詫び申し上げます。

おもしろくないときは、退散するに限る!
ということで、途中で退散された方も、そこそこの人数になったようです。

こういうときのために作ってある
  「面白くないと感じた方からは、お金をいただきません」
というルールが、本領を発揮した感じですね。


更衣室の場所を変更している関係もあって、
朝8時半から、淡々と準備を始めて、準備が終わったのが、13時。
昼飯も食わずに立ちっぱなしで準備して、採算割れ。
なんか、むなしい気分・・・というか、疲れがドッと出てきますが、
「かがやき練習会」よりも楽しい場所があり、楽しいひと時を過ごすことが
できたのならば、多くの人達にとって、それこそが素晴らしいこと。

わたし自身、「お金儲け」でやってるわけではなく、
「気軽に楽しく踊れる場所を維持したい」ということで続けています。
なので、「かがやき練習会」よりも楽しい場所があり、多くの方が
そちらを選択されるのであれば、それこれが理想なのかもしれませんね。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


投稿333 今日はかがやき練習会
 2019/04/14(日) 08:14:43  カテゴリー:かがやき練習会  投稿者:sanzo

よい天気になりましたね。

今日は、かがやき練習会です
参加される方は、きをつけてきてください。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2019年4月13日
投稿332 明日14日は、かがやき練習会
 2019/04/13(土) 14:08:13  カテゴリー:かがやき練習会  投稿者:sanzo

明日、14日は、かがやき練習会です。
参加される方は、事故にあわないように、気を付けてきてください。

明日も、更衣室の場所を変更します。
更衣室の場所は、前回(7日)と同じです。

なお、明日は、JBDFの競技会があります。
何人の参加者になるか、さっぱりわかりません。
集まった人で、コーヒーでも飲みながら、みんなで楽しく踊りましょう。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)



  PAGE: 最新頁へ新しい頁へこのページは 6/40頁最終頁へ
1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37/38/39/40



  以前のページに戻る  ↑このページの先頭へ 

ブログのメニュー
ブログのトップページ
カテゴリーの一覧
全投稿のタイトル一覧

カテゴリー
今日の日記
お知らせ
かがやき練習会
Ballroom Fitness みらい
つれづれに(雑談です)

カテゴリーの一覧

月別アーカイブ(保存庫)
2019年6月分の投稿
2019年5月分の投稿
2019年4月分の投稿
2019年3月分の投稿
2019年2月分の投稿
2019年1月分の投稿
2018年12月分の投稿
2018年11月分の投稿
2018年10月分の投稿
2018年9月分の投稿
2018年8月分の投稿
2018年7月分の投稿
2018年6月分の投稿
2018年5月分の投稿
2018年4月分の投稿
2018年3月分の投稿
2018年2月分の投稿
2018年1月分の投稿

全投稿のタイトル一覧

最近の投稿(エントリー)
インターマッスル その30
インナーマッスル その29
インナーマッスル 次回予告その2
今日の日記0611
今日の日記0610
6月9日(日)かがやき練習会報告
今日は、かがやき練習会
あす、9日はかがやき練習会です。
インナーマッスル 次回予告
今日の日記0605

コメントのある投稿
今日の日記0902
今日の日記0902
今日の日記0902
こちらは「管理人のブログ2018」です
こちらは「管理人のブログ2018」です
(最新の10件を表示)

このブログの説明
このブログについて

ブログの検索