みらくるダンス
 .com
*****
ダンスの見どころ
トップページ
金沢の
パーティ情報
北陸3県
競技会の日程
リンク
*****
サークルかがやき
ダンス練習会
*****
みらくるダンス
・ダンスの見どころ
管理人のブログ
  2018
管理人へのメール
はこちらから
*****
*****
▼スポンサードリンク▼
▲スポンサードリンク▲
ページの先頭へ
みらくるダンス・ダンスの見どころ管理人ブログ2018 > メインページ(2/34 ページ目)

    PAGE: NEW 12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334

2019年4月 6日
投稿329 明日4月7日は、かがやき練習会
 2019/04/06(土) 10:38:56  カテゴリー:かがやき練習会  投稿者:sanzo

明日、4月7日は、かがやき練習会です。
ひさしぶりの「日曜日の練習会」になります。
参加される方は、事故にあわないように気をつけてきて下さい。

何人来るのか? さっぱり予想できません。
無理をせず、コーヒーでも飲みながら、のんびりと、楽しく踊りましょう。

あすは、都合により、更衣室の場所を変更します。
(いつもの会議室は、締め切りになります)
ホール(踊る場所)と、駐車場は、いつも通り、利用できます。

ついしん:
いま、新しい曲の編集作業をやってます。
トラブルが無ければ、新しい曲をかけてみる予定です。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2019年4月 3日
投稿328 今日の日記0403
 2019/04/03(水) 23:57:30  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

新しい、ダンスのCDをチェックしてたら、聞いたことのある曲が入っていた。

1889.jpg

https://www.casamusica.de//asp2/katalog.asp?typ=detail&ArtNr=2159&Herkunft=home&code=1&sprache=d&sid=
  ↑試聴は、こちらから

今年の2月発売の、新しいCDなのですが
 > ドイツ/カーサ・ミュージカ制作ダンススポーツ・レコードのスタンダード第1弾。
 > WDSF競技会向けの人気ポップス曲をアレンジした2枚組全40曲
という紹介になっているのですが、なんと・・・・
日本のアニメの曲(オープニングじゃなくて、アニメの中の曲)が入ってます。

8曲目 The Spider,The Old Woman The Girl(FROM 'HELL GIRL') ワルツ 29bpm 2:13

WDSFは、ロシアや東欧が主体の競技会だな。で、CDの発売元はドイツ。

当然のごとく、日本語のタイトルなんて、どこにも書いてないんだけど、
「The Spider,The Old Woman The Girl」は、「蜘蛛と老婆と少女」。
「(FROM 'HELL GIRL')」は、「アニメ'地獄少女'より」だな。

日本のアニメ「地獄少女(2005年)」の第一期の中で使われている曲だったりする。

地獄少女を何回もみてる人じゃなかったら、まず、気づかないと思う。

原曲のままでも、ゆったりとワルツを踊ることができる。
時間も2分20秒台。
とても綺麗な曲なので、これでデモとかやったら、最高だな。

海の向こうでは、日本のアニメの曲で、社交ダンスを踊ってるのかな?
なんか、すごいですね。

曲を選んでる人(外国人)は、日本のアニメに精通してるんだろうか?
それにしても、地獄少女(Hell Girl) というのがすごい。

ほかにも、4曲目はアニメ「ちょびっツ」の「やさしさの肖像」がはいってます。

こちらは、静かな曲ですね。 原曲でテンポもぴったり。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


投稿327 インナーマッスル その18
 2019/04/03(水) 11:40:32  カテゴリー:Ballroom Fitness みらい  投稿者:sanzo

「丹田から発せられる気(勁)の流れ」に沿って「インナーマッスル(深層筋)」が動くであろう
という考え方から、「気(勁)の流れのある場合」と「気(勁)の流れを遮断した場合」の比較を
しながら話を進めてます。

ダンサー裕美先生の「棒様」を肩に担ぐと、
 「丹田から発せられる気(勁)の流れ」が完全に遮断されてしまう。
ということで、裕美先生の動画を検証していきます。

今回は、『第57回 ライズは「犬」の後ろ足に学ぼう!!』から
ダンスをやらない人でも、誰でも出来る検証です。

↑動画は、9分24秒のところから、スタートするように設定しています。
両足をおもいっきり「内股」にして、膝と膝をくっつけようとしてます。

足の指に注目してください。
「なんだ、裕美先生って、外反母趾だったのか!」という話。

今回は、それでおしまい・・・では、ありません。

足の指に注目して下さい。
5本の指が、ぴったり寄り添って「グー」の形になってますよね。

一般的(裕美先生以外の多くの人)には、どうなんでしょう。
膝を締めてめいっぱい内股で立ったとき、
足の5本の指を大きく開いた「パー」になりませんか?
わたしは、内股にすると、足の指は「パー」になります。

肩に担ぐ「棒様」と「内股立ち」の関係は、8分54秒からなので
少し戻って再生すればよいのですが、「棒様」と「ライズ」の関連
の説明(実演)がありません。(動画のテーマは「ライズ」です)

実際、この「究極の内股姿勢からライズするには、
「小指からふくらはぎの小指側」を、左右(横方向)に、弓のように
引っ張る力を掛けながら、両方の膝を押しつけてやればOKです。
(動画4分50秒からの解説のとおりであり、内股のほうがやりやすい)

気になるのは、これをやると、「ふくらはぎの小指側を引っ張る」ことにより
「両足の親指が、人差し指の下に潜り込む」ように、親指が内側に折れてきます。

外反母趾が、どんどん加速するような気がするのですが、大丈夫なんでしょうか?

もう一点、この姿勢をとると、
・カラダ全体の筋肉が、極限まで緊張しませんか?
・筋肉の緊張さぜずに、筋肉をリラックスさせることは出来ますか?
という話。

アウターマッスル(表層筋)を緊張させると、
「脳から、○○筋と○○筋を使う命令を出して、カラダを動かせ!」
という動きは、実現しやすくなりますが、
「インナーマッスル(深層筋)は全く機能しなくなる」
はずです。


日本の社交ダンスは、「内股」をベースにしていることが、よくわかる動画です。
金沢正太先生のIQテストでは、ともかく「内股・内股・内股」で答えていけば
点数があがるようになってますけど、そのルーツがどこにあるのかを証明している
動画だともいえます。

「棒様」を使うと、バレエのような「開脚からのライズ」が出来なくなります。
これ、覚えておくといいです。
「開脚からのライズができない姿勢」で、どうやってライズするかを考えると
「そうだ、内股でライズすればいいんだ!」という結論に達します。

だったら「開脚からのライズができる姿勢」から、考えていけばよいと、わたしは
思うのですが・・・。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


投稿326 インナーマッスル その17
 2019/04/03(水) 06:04:38  カテゴリー:Ballroom Fitness みらい  投稿者:sanzo

社交ダンスは「ペアダンス」であり、
「男性と女性が、ペアになって踊る」というのが大前提。

そのための方法として、
 「男性が『次は○○ターン』と叫んで、女性に動いてもらう」
と言う方法もあるし
 「最初から、順番を決めておいて、その順番通りに動く」
というのが一番簡単である。

でも、そんなことをしなくても、「リード&フォロー」という
概念を使えば、順番を決めなくても、踊れるぞ! という話。

この「リード&フォロー」に、
 「丹田から発する、気(勁)の流れ」というものを
利用するか、利用しないか? どちらのほうが良いのか・・・という話。

気(勁)の流れを作っておいて、流れに変化を与えれば、カラダ全体が動く。

taiktyoku016sp.png

4つのレベルがある。

「自分の気(勁)の流れだけでなく、相手の気(勁)の流れも、操作できる」
「自分の気(勁)の流れは作れるが、相手の気(勁)の流れを操作できない」
「自分のは気(勁)の流れを作れないが、相手に流れを作って貰えば、流れが出来る」
「なにをやっっても、自分には、気(勁)の流れなんて、作ることが出来ない!」

何も知らない初心者に対して、
  まず、相手のカラダの「丹田からの気(勁)の流れ」を作り出して
  つぎに、相手のカラダの「気(勁)の流れ」に変化を加えてやれば
  相手のカラダを、自由自在に動かすことが出来る。

初心者からすると、
  力を抜いて立っているだけで、自然と背筋が伸びてた姿勢になり
   (無意識に、丹田から発する気(勁)の流れができるため) 
  知らないうちにカラダが回転したり、足が動いたりして、
  いままで踊ったことの無いステップが、簡単に踊れたりする。
なぜだか、わからないけど、○○さんと踊ると、自然にカラダが動く。

いままで、上のような、こんな経験をしたことは、ないだろうか?
「あり得ない」という人もいれば、「あるある」という人もいるはず。

気(勁)の流れを使って相手を動かすことが、「リード&フォローの極意」
だとすれば、社交ダンスはもっと面白くなる・・・かもしれない。


医学博士も知らないような、難しい筋肉の名前を覚えたとしても、
ペアダンスにおいては限界がある。
自分の筋肉を自由自在に動かすことが出来たとしても、相手の筋肉を
動かすことは出来ない。
男性・女性がそれぞれ、自分の筋肉を自由自在に動かして、動きを
合わせれば、とりあえず「見かけ上のペアダンス」は成立する。
だけど、それだけでは、相手の筋肉を動かすことはできないので、
そんなものは所詮、「ふたりのソロダンス」に過ぎないかもしれない。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2019年4月 2日
投稿325 インナーマッスル その16本編
 2019/04/02(火) 00:09:04  カテゴリー:Ballroom Fitness みらい  投稿者:sanzo

今回は、CBM(Contrary Body Movement)についての本編です。

「子供からお年寄りまで、初心者からチャンピオンまで、共通の基礎で踊りましょう!」
というのが日本の社交ダンスのプロ教師が教える指導方法。
なので、正しい踊りをしている人なら
「子供からお年寄りまで、多くの人が、自分はCBMを使っている」
と信じ込んでいるのが、日本の社交ダンス界の実情。

信じる者は救われる! ほんとうに、そうなのでしょうか?

bd100a.png

CBMという動きの絶対条件は、
 「腰から上のボディ(腰と肩)を同じ方向に回転させること」
ということです。

 肩だけを回転させるのはNG、肩と腰を逆方向に回転するのもNG。
言い換えれば
 背中に「ねじれ」や「しぼり」を作ったら、それはCBMではない!
ということになります。

人間のカラダは、胸椎12番を境にして、上(胸椎側)と下(腰椎側)で、
逆方向に回転しやすくなってます。
片方の足を出そうとしたとき、あるいは、カラダの向きを変えようとするとき、、
腰と肩を逆方向に回転させたり、腰を動かないように固めて肩だけを回転させたり
することが多いです。

日本のプロ教師の多くは、「ねじる」「しぼる」ことが「CBM」だと教えてます。
しかしながら、「ねじらない」「しぼらない」のが「CBM」なのです。

なぜ、日本のプロ教師は、明らかに間違っていることを教えるのでしょうか?

cbm1.png

肩(背中)に棒を担ぐことで、肩甲骨が左右に回転しやすくしておきます。
これで、丹田からの気(勁)の流れが完全に「遮断」されます。
丹田(おなか)に「重い塊」を作り、後ろ足の上にカラダを起きます。

ここから、右足を持ち上げて、右足を遠く(前方へ)伸ばしていくと、
左の肩が前に出て、肩甲骨に回転が掛かります。
背中に棒を置いておけば、棒は回転するはずです。(カラダの回転が始まる)

このとき、右足を前に出すと、右腰も同時に前に出て行くので、
「左腕・左肩・左肩甲骨」と「右腰・右骨盤・右足」が同時に前に出る
ことになります。

こんな動きは、CBMでもなんでもない(CBM指定の場所で、これを
やったら即!失格レベルの間違い)のはずなのですが、
「日本においては、これこそがCBMの模範演技」みたいになっています。

なぜでしょうか?
「子供からお年寄りまで、初心者からチャンピオンまで、共通の基礎で踊りましょう!」
という方針のもとに、誰もができる、初心者の動きの中から、
「CBM」に似た動きを見つけて、CBMと呼んで指導すれば、みんなが喜ぶ!!!

生徒がたくさん集まってきて、儲かりまっせ!! ってことでしょう。

cbm2.png

「丹田からの気(勁)の流れ」という概念を使えば、「ねじらない」CBMは簡単です。
ただし、日本国内におけるCBMは「ねじること」なので、全面否定されます。
言うまでも無く、この方法では「絶対に、日本のプロ教師の試験」は、合格しません!

4本の手足に「気(勁)の流れ」を作っておいてから、前腕(肘~手首)とふくらはぎ
(膝~足首)に「気(勁)の流れに直角な力」を加えてやります。
CBMを掛けて、右足を前方に進める(左肩と左腰が前に出る)のであれば、
左腕前腕に左前方の力、右腕前腕に右前方への力
支え足の左足ふくらはぎに後方への力、動く足の左足ふくらはぎに前方への力
をそれぞれ加えてやればいいことになります。

腕の力(あくまで、気(勁)に対し直角の力であって、むやみに押したり引いたりする
のは厳禁)は、相手に掛けてもらえばよいですし、感覚を覚えてしまえば自分で操作
できます。
足は、爪先を外向きにつけてから踵を踏み込んでやれば、「気(勁)の流れに直角な、
後ろ向きの力」が働いて、しかも、爪先の向きが正面を向きます。

日本の社交ダンスは、「初心者には、気(勁)の流れを理解出来ないであろう」という
ことで「気(勁)の流れ」という概念は、使ってはいけないことになってます。

初心者の男女が踊るカルチャーセンターの入門コースで、気(勁)の流れなんて、教える
はずが無い。
カルチャーセンターの合気道の入門コースで、「合気の極意」なんて教えないだろうし
カルチャーセンターの太極拳の入門コースで、「勁道や勁力」なんて教えないはず。
それと同じだと思います。 楽しければ、それでよいのだから。

それでは、Dance Zone の 裕美先生の動画をみてみましょう。

CBMとは、
「前方または後方に動いている足の方向に
 カラダの反対側が先行する動作で、
 通常回転やカーブを起こすときに用いられる」
と言ってます。(JBDFの本に書いてある表記)

「脚部(足)は股関節から下」という説明をしていて
「(ねじらずに)腰から上を動かす」動作をしています。
「しぼりでは無い」と言って、「左肩・左腰と、右足」を同時に動かしてますね。
この部分に関しては、「CBMの定義と一致する」と思います。

ただし・・・・
説明(4分あたり)では、右足を前に出して、右足の上にカラダを移動させながら
左肩・左腰・左骨盤を、前方に押し出しています。
裕美先生の動きは「CBMの動きとは、まったく異なる動き」だと思います。
どうでしょうか?

CBMの本来の動きは、「左肩・左腰が、前に出る動作によるカラダの変化に
よって、右足が前方に進んでいく」動作(左肩が先、右足が後)だからです。 

気(勁)の流れを作らずに、気(勁)の流れを遮断した状態で、「左肩と左腰」を
前方に出そうとすれば、(もしくは、肩甲骨に回転をかけようとすれば)
カラダが前方にぶっ倒れてしまうか、胸椎12番で肩と腰がねじれてしまって、
右足をスムーズに出すことが出来なくなってしまいます。

日本の社交ダンスは、「肘を張って気(勁)の流れを遮断するホールド」を基本
としてますから、鳩尾(みぞおち)より上をボディ、鳩尾ら下が足だという
解釈をするほうがスマートであり、
「左肩を前に出すことで、右足が前に出てくる」というCBMの動きからすれば
「CBMは、左肩と右腰・右足を同時にだして、カラダを捻る」という指導方法
の方が理にかなっている思います。(本来のCBMとは矛盾が生じるのは承知の上で)

教本の趣旨は、「股関節から下が足」だとしても、それで、足が出せないならば
教本の趣旨をねじ曲げて、「鳩尾から下が足」だとして教えればよいわけです。
そうすれば、肩を出す動きを利用して、足を出すことができます。

はっきり言えることは、裕美先生は、「日本の社交ダンスにおけるCBMの解釈」
に関して、なにもわかってないように感じます。
社交ダンスのダンサーには、いろんな解釈をする人がいるのですから、もっと、
広い視野をもって、指導をしてほしいなぁ。。。。とか思ったりします。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2019年4月 1日
投稿324 かがやき練習会7月分会場確保
 2019/04/01(月) 09:46:03  カテゴリー:かがやき練習会  投稿者:sanzo

かがやき練習会、7月分の会場を確保しました
・・・・と言いたいところですが、予定日は未確定です。

会場が、参議院選挙の期日前投票に使われるため、
期日前投票が行われる日は、会場を使うことができません。

で、現時点では、参議院選挙の投票日が確定していませんので、
「かがやき練習会」の日程も確定できません。

というわけで、7月のがかやき練習会の予定日は「未定」です。

7月07日(日)× ほかの人に譲ったので「やらない」
7月14日(日)△ 未定
7月15日(祝)△ 未定
7月21日(日)△ 未定
7月28日(日)〇 未定ですが、開催できると思います。

△印は、
期日前投票の日に重なった場合は、確実に「やらない」。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2019年3月31日
投稿323 インナーマッスル その16の予告
 2019/03/31(日) 12:38:47  カテゴリー:Ballroom Fitness みらい  投稿者:sanzo

次回は、CBM(Contrary Body Movement)について触れていきます。

Dance Zone 裕美先生の動画(第56回)についての検証です。

社交ダンスを習ったり、あるいはダンスパーティに踊りに言ったりすると
そこらじゅうで、CBMという言葉を耳にします。

まさに「子供からお年寄りまで、初心者からチャンピオンまで、CBM」
CBM!? それってなに? それって美味しいの? って話。

直訳すると Contrary は「反対の」だから、
Contrary Body Movement は、「反対のカラダの動き」となります。

とりあえず、動画を貼り付けておきますね。
おそらく、日本国内においては、裕美先生と同じ解釈をする人が大多数だろうと思います。
子供からお年寄りまで、初心者からチャンピオンまで・・・

でも、ほんとうに、そうなのでしょうか?

taiktyoku016sp2.png

「お腹に「丹田の塊」を作って、肩甲骨を左右に回転させながら、
  片方の足を前に出す(反対側の足でボディを送り出していく)動き」

「4本の手足に対して、「丹田からの気(勁)の流れ」を作っておいて、
  前腕(肘~手首)とふくらはぎ(膝~足首)に、前向きの力を加える動き」
では、まるっきり、考え方が違ってきます。

ナチュラルターンの1歩目(右足前進)のCBMを考えれば、わかりやすいです。

前者の動きの中にCBMが存在するならば、それは、裕美先生のレクチャーそのものです。
これだけ、明確に説明している動画は、他には存在しないと思います。

後者の動きの中からCBMがあるとすれば、もっと簡単です。
4本の手足に対して、「丹田からの気(勁)の流れ」を作っておいて、
左前腕と、右のふくらはぎ(逆方向の手足)に、前向きの力を掛け
左のふくらはぎには、後ろに引っ張る力を掛ける。
右前腕に、右横への力を掛ければ、右回転が始まります(ナチュラルターン)し
右前腕に、右後方への力が掛かれば、サイドリードで前進(フェザーステップ)します。


日本の「社交ダンスのプロ教師免許制度」は
「子供からお年寄りまで、初心者からチャンピオンまで、まったく同じ基礎」
という考え方の中に、CBMというカラダの動作が存在することになってます。
だから、「気(勁)の流れ」というものを無効化することが大前提なのです。

でも、もしも、その大前提が間違っているとすれば、
「社交ダンスのプロ教師免許制度」そのものが、完全に崩壊して無効化します。

社交ダンスは、楽しければ良いのだから、誰がどんな踊り方をしても、構わない。
だから、プロ教師が、どんな教え方をしても、構わない。
だけど、CBMの解釈を間違えていたら、アウト(免許の無効化)でしょう。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


投稿322 インナーマッスル その15
 2019/03/31(日) 08:04:41  カテゴリー:Ballroom Fitness みらい  投稿者:sanzo

今日は、ワルツのフォーラウェー・リバース &(アンド) スリップ・ピボット。

日常生活においては、歩くときには、『へそが向いた方向に歩く』のが一般的である。
ところが、社交ダンスでは、『へその向いていない方向に歩く』ことが多い。

プロムナードポジション(P.P.)は、男女が向かい合って立ってる姿勢から
男性は顔を左に向け、女性は顔を右に向る。これがタンゴでいう「リンク(link)」
ここから二人が、顔を向いた方向に進むのが「プロムナード(promenade)」であり、
顔とは反対(見えない方向)に進むのが「フォーラウェー(fallaway)」になる。

link は、結合・結びつける、(鎖の)環(かん)、輪、(編み物の)目
promenade は、海浜遊歩道、散歩場、遊歩場、(ゆっくりした)散歩、遊歩
fall away は、ずれて落ちる、離れる、(...を)見捨てる、手を引く、脱落する

プロムナードにせよ、フォーラウェーにせよ、はっきり言えるのは
 「へその向きとは違う方向に、カラダの移動させる」
ということ。

どうすれば、よいのか?
カラダに「回転」もしくは「斜め方向に進む力」をかけながら踊る!

taiktyoku016sp2.png

この2つの姿勢から、プロムナード、もしくは、フォーラウェーの動きを作ってみて
比較してみれば、違いは明白だと思いますが、
・「丹田に重い塊を作る」時には、背中の筋肉を利用して、肩甲骨を左右に回転させる。
・「気(勁)の流れを作る」時には、前腕に変化を加えれば、カラダ全体が変化する。
という具合で、見かけは同じでも、カラダ内部の動きは、まったく異なってきます。

実践における、わかりやすい箇所は、フォーラウェーリバースの男性。
3歩目左足後退(フォーラウェーでCBMに後退。フットワーク:TH。CBM無し)
から、4歩目の右足後退スリップピボットに入る直前までの動きです。

taiktyoku016zone.png

「気(勁)の流れ」を完全に止めておいて、肩甲骨の回転を利用する(背中に棒を
担ぐイメージ)場合には、
 ・左足(後ろ足)の真上まで、カラダを移動(後退)させて
 ・左足の足の裏全体を使って、べったりと床を踏みつけてから
 ・カラダの動きを完全に静止させてから、右足を引き寄せます。
 このとき、両足の爪先の向きは同じ向き(自然に、そのようになります)
 両足の位置はCBMPというよりクロスに近い形で、重なりあいます。

 一方、「気(勁)の流れ」を利用して、踊るとどうなるか?
 まるっきり違った動きになります。

taiktyoku016kei.png

 丹田~てのひら、丹田~足の裏に、「気(勁)の流れ」を作っておいて、
 前腕(肘~手首)、ふくらはぎ(膝~足首)の筋肉に変化を与えれば
 カラダ全体に大きな変化が起きる・・・というのを利用します。

「左足を外旋気味に着地」させて、「ふくらはぎを内側から後方に引っ張る力」を加えます。
そうすると、「左足の爪先が正面を向く」のと同時に、「全力で踵(ヒール)を踏みつけても
踵が床につかない(踵が僅かに床から浮いている姿勢を保てる)」姿勢を作ることができます。

中間バランスを保ったまま、左腕前腕(肘~手首)の筋肉を変化させてやれば、
「気(勁)の流れ、および流れを作っているインナーマッスル」が変化しますので
カラダの向きが変わるとともに、右足が自然に円弧を描きながら後退を始めます。

そして、中間バランスを保つことによって、ボディは一定の速度で動いていきます。

一連の動作は、中間バランス(両足の中間にカラダがある)で行われますので、
左足のヒールが着地して(フットワークHになるタイミングは)、4歩目のスリップピボット
する右足が、左足の横を通過するタイミングになります。
(それまでは、靴の踵が床に接していても、左足のヒールには体重が掛かっていない)


このように、「気(勁)の流れ」を使うか使わないかで、踊りがまるっきり異なってきます。
ここで、DANCE ZONE 裕美先生の動画をみてみましょう。
フォーラウェーリバースの3歩目(左足後退)あたりからの、動画になります。

11分38秒あたり、後退した左足を「トォ・ヒールで降ります!」と言ってます。
完全に左足を降ろして、ボディを左足の上にのせています。
両足の爪先は同じ向き。 CBMPというより、左足は右足にクロスしてるように見えます。
ここから、カラダを左氏の上に固定させて、4歩目の右足の動きを始めてますね。

スリップピボットには、肩甲骨の回転を使っているはずですが、これだけでは、
うまくいかないので、「足のしごき」というのを使っています。
左足の太もも、左の骨盤を吊り上げるように、持ち上げながら回転させる動きですね。
「棒をイメージした肩甲骨の回転」に「足のしごき」を併用することで、ピボット動作を
実現しているのだろうと察します。

たぶん、カラダ全体の筋肉が複雑に伸縮して、筋肉は「半端ない」くらい緊張しまくってる
ように感じます。(断言できないので、このような表現しておきます)

-*-*-*-

人間は、生まれながらにして、「気(勁)の流れ」の感覚は持ち合わせているはずです。
社交ダンスを踊るときに、「中途半端な 気(勁)の流れ」は、踊りの邪魔をします。
「できない!」「踊れない!」というのは、中途半端に「気(勁)の流れ」が残っているため。

「気(勁)の流れ」を完全に遮断して機能停止にするための練習を繰り返すか
「気(勁)の流れ」を最大限に生かして、カラダを軽くするコツを見つけ出すか?
進むべきは、どちらかだと思います。

日本の社交ダンスは、
 「子供からお年寄りまで、初心者からチャンピオンまで、同じ基礎で踊りましょう」
というコンセプトで、プロ教師の指導が行われています。
なので、
 「初心者や高齢者は、気(勁)の流れとか、そんなの理解出来ないよ!」
じゃぁ、日本のプロ教師が教える社交ダンスは
 「気(勁)の流れとか、そんなも全部、禁止にしましょう!」
みたいな感じになってるはずです。

「気(勁)とかが、理解している人」を、オーディションかなんかで集めて
「気(勁)を使えない人」と、勝負させれば面白いと思うんだけどね。
本来、そういうのが、競技会だと思うんだけど・・・。
「気(勁)を使えない人」が圧勝するのなら、それはそれで良いわけだし。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


投稿321 今日の日記0330
 2019/03/31(日) 03:34:39  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

気が重い! 気が重い!

最近、ロクなことがない上に、心配事だらけ。
気分最悪。
ストレスがたまってくると、無性に甘いものを食べたくなるので、健康に悪い。

こういう時に有効なのが、「重い気」を利用する必殺奥義。
らんま1/2 に登場する 響良牙(ひびき りょうが) の「獅子咆哮弾(ししほうこうだん)」だな。

wikipedia によると
 > 不幸などで気分が重くなった時、その「重い気」を自身の掌から放出し、目標に当てる技。
 > こちらは人体にも有効。完成型は極限まで重くなった気を真上に打ち上げ、
 > 「気を沈ませて」周囲に叩きつける技となる。

気が重くて、気分が最悪。
夢も希望もない、救いようのないような精神状態から、あみ出される「技」もある。
だからこそ、人間の動きは、面白い。

こんなときに限って、いろんなことがおこる
カメラの電池(2個)は、寿命なのか、充電できなくなってるし
(電池がなければ、カメラは動かないぞ)
windowsのタブレット(2個)は、画面の左側が黄ばんで、左と右で色が違うようになってるし

困ったもんだわ。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2019年3月30日
投稿320 おしらせ(今日・土曜のよる宇ノ気でパーティ)
 2019/03/30(土) 09:13:02  カテゴリー:お知らせ  投稿者:sanzo

今日、3月30日(土)のよる、
宇ノ気でパーティがあります。

詳細は、こちらのリンク先をみてください
http://yuyudance.zashiki.com/annai/annai.html

日時>
2019年3月30日(土) 18:00~21:30


<場所>
パレットスタジオ(宇ノ気中学校の敷地内) 
※駐車場有り

(地図はリンク先をご参照ください)

<会費>
参加費 500円(ドリンク代込み)

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)



    PAGE: NEW 12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334



  以前のページに戻る  ↑このページの先頭へ 

ブログのメニュー
ブログのトップページ
カテゴリーの一覧
全投稿のタイトル一覧

カテゴリー
今日の日記
お知らせ
かがやき練習会
Ballroom Fitness みらい
つれづれに(雑談です)

カテゴリーの一覧

月別アーカイブ(保存庫)
2019年4月分の投稿
2019年3月分の投稿
2019年2月分の投稿
2019年1月分の投稿
2018年12月分の投稿
2018年11月分の投稿
2018年10月分の投稿
2018年9月分の投稿
2018年8月分の投稿
2018年7月分の投稿
2018年6月分の投稿
2018年5月分の投稿
2018年4月分の投稿
2018年3月分の投稿
2018年2月分の投稿
2018年1月分の投稿

全投稿のタイトル一覧

最近の投稿(エントリー)
今日の日記0418
インナーマッスル その19
今日の日記0416
今日の日記0415
今日の日記0414
4月14日かがやき練習会報告
今日はかがやき練習会
明日14日は、かがやき練習会
4月7日かがやき練習会報告
今日はかがやき練習会

コメントのある投稿
今日の日記0902
今日の日記0902
今日の日記0902
こちらは「管理人のブログ2018」です
こちらは「管理人のブログ2018」です
(最新の10件を表示)

このブログの説明
このブログについて

ブログの検索