みらくるダンス
 .com
*****
ダンスの見どころ
トップページ
(ダンスの見どころ)
金沢の
パーティ情報
(ダンスの見どころ)
北陸3県
競技会の日程
(ダンスの見どころ)
リンク
*****
サークルかがやき
ダンス練習会
*****
みらくるダンス
・ダンスの見どころ

管理人のブログ
2019-2020
みらくるダンス
・ダンスの見どころ

管理人のブログ
2018-2019
管理人へのメール
はこちらから
*****
*****
ページの先頭へ
ページの先頭へ
みらくるダンス
 .com
*****
ダンスの見どころ
トップページ
(ダンスの見どころ)
金沢の
パーティ情報
(ダンスの見どころ)
北陸3県
競技会の日程
(ダンスの見どころ)
リンク
*****
サークルかがやき
ダンス練習会
*****
みらくるダンス
・ダンスの見どころ

管理人のブログ
2019-2020
みらくるダンス
・ダンスの見どころ

管理人のブログ
2018-2019
管理人へのメール
はこちらから
*****
*****
ページの先頭へ
ページの先頭へ
 
みらくるダンス・ダンスの見どころ管理人ブログ > メインページ(1/7 頁)


〔このページは 1/7頁〕 >最古
1/2/3/4/5/6/7

2019年(令和元年)12月15日(日)
 投稿 54  日本の『プロ教師』を考える
 2019/12/15(日) 10:25:41  カテゴリー:社交ダンス 超!入門  投稿者:sanzo

今回は、連載「社交ダンス 超!入門」の番外編として、
「日本の『プロ教師』を考える」というタイトルで書いていきます。

日本の社交ダンスは、数十年にわたり「風俗営業法」という法律によって管理されており、
 「プロの団体の交付する教師免許を持たない人間は、社交ダンスを教えてはいけません!
という扱いになっていました。

結果として、長い間、プロ教師の教える踊りは「正しい、模範的な踊り」とされ
その地域にいる「プロ教師」と違う考え方をする人は、すべて「間違った、排除されるべき踊り」とされ、闇に葬られてきた...というのが実情でしょう。

免許資格を持たない人が、「自分が理想とする社交ダンスの踊り方」を誰かに伝えようとしても、現実、そんなことは許されません。
社交ダンスはペアダンスですから、誰かに伝えたり、教えたりして、自分以外の人の理解を得ることが許されないのあれば、社交ダンスを踊ることができない・・・にも関わらず。


本来、ダンスというモノは、「ひとりひとりの理想」を求めながら楽しむモノだと思います。
しかしながら、ダンスというモノを「正しい」か「間違っている」かという価値観で、生徒に押しつけてきたのが「日本の社交ダンスのプロ教師」の姿だと言えるかと思います。

おそらく、社交ダンスを習ってきた生徒の大多数は、
  先生が教えてるダンスは「絶対的に正しいダンス」である
という認識で、社交ダンスを習っているはずです。
ためしに
  「間違っていてもいいから、先生の理想の踊りを教えて下さい」
という人が何人いるか調べてみれば、結論は出てきます。

で、、、、、、、、、、

日本のプロ教師の教え方のパターンは、みんな同じようなモノ。
筋肉を伸ばせ、伸ばせ! 伸ばしたままで踊りなさい! です。
これを否定するプロ教師は、ほとんどいません。

j019a.png
「腹直筋」とか言う筋肉を伸ばしたら、ベルトの上が伸びる!?
dtr116.png
「腸腰筋」とかいう筋肉を伸ばしたら、ベルトの下が伸びる!?

じゃぁ、腹直筋と腸腰筋を同時に伸ばしてやれば、身長が30cmとか50cmとか、一気に伸びるのか?普通に考えたら、あり得ないでしょ? そんなの。
筋肉の伸縮だけで、身長が伸び縮みしたら、人間ではなく「化け物」です。

それに、ストレッチしたまま、踊り続ければ、必ずどこかに無理がきますし、
それ以前に、カラダをストレッチしたまま踊っていても、楽しくないですよね。

「プロ教師が教える社交ダンス」に対して、無資格者が「間違っている」といって
疑問を投げかけることは、日本国内(少なくとも地方都市)においては許されません。
ほぼ確実に干されます。

なかには、ストレッチに頼りきった踊りに、否定的なプロ教師がいるかもしれません。
だけど、プロ教師同士で、批判とかバトルとか、そんなのは一切しません。
それが「日本のプロ教師」です。

いくら、無資格者が「このプロ教師の逝ってることは、間違っている!」と叫んでいても、
その声を無視して、無資格者が辞めていくのを黙ってみているのが「日本のプロ教師」の姿です。

自分、もしくは自分の周囲の人間だけが、楽しければ良い。
それ以外の人が、どういう指導を受けて、消えていこうが、そんなものは、どうでもいい。
それが、「日本のプロ教師」の姿ですね。

考えれば考えるほど、悲しくなります。

この投稿への コメントは 0 件 です。



2019年(令和元年)12月14日(土)
 投稿 53  社交ダンス 超!入門 その11
 2019/12/14(土) 14:26:48  カテゴリー:社交ダンス 超!入門  投稿者:sanzo

社交ダンス(特に、ワルツなどのスタンダード種目)を習い始める前に、是非とも覚えておきたい「ダンス用語」がある。このことば、覚えてから、ダンスを習いに行きましょう!

CMB(しぃびぃえむ)という言葉で、Contrary Boby Movement の略。
直訳すると「正反対のカラダの動き」という意味になる。

「人間なら誰もが日常的に行っている動作」という説明がなされているがために、
多くの人は「自分は(ダンスの中でも)CBMが使えるんだ!」と解釈し、
「自分が行ってるカラダの動き」の中から「CBMという動き」を見つけ出そうとする。

結果として、100人いれば、100通りのCBMの解釈が、日本の社交ダンス界を駆け巡り、
多くの人が集まる場所では、他人のCBMの解釈に異議を唱えようモノなら、いつ殴り合いの喧嘩が起こっても不思議ではない。 そんな殺伐とした雰囲気がフロアー内に漂う。

それっくらい、CBMというのは恐ろしいものであり、たとえ世界チャンピオンであろうとも、安易にCBMという言葉を口してはいけないのある。
CBMという言葉を口にした途端、集団でボコボコにされたとしても自業自得。
「正しいかどうか」ではなく、「多数派」がその場を支配する。それがCBMの恐ろしいところである。

多くの人は、苦い経験をしながら、「他人にCBMについて語ってはいけない」ということを学んでいくのである。


CBMについては、村上尊一先生の説明が、とてもわかりやすい。
社交ダンスの経験の有無に関係なく「CBMとは何か?」を理解することができます。 
社交ダンスの経験の無い人や、社交ダンスに先入観を持たない人のほうが、「CBM」の本質に迫っていけるように思います。

k070.png

ここに書いてあるとおり、「まっすぐ両足を揃えて立って、胴体を回転させる」運動をやってみることで、「CBMの基礎になるカラダの動き」理解を得ることができます。

膝(ひざ)を右に回転させると、肩(かた)が左に回転する。
肩(かた)を左に回転させると、膝(ひざ)が右に回転する。

やってみるとわかりますが、
 「足の裏全体で床をベタ踏みして、土踏まずを押し潰した場合」
には、上半身と下半身は逆方向に回転します。
しかしながら、
 「土踏まずのアーチを作って、土踏まずに変化を加えた場合」
 もしくは、「てのひらに変化を与えることで、土踏まずに変化が起こした場合」
には、上半身と下半身は、同じ方向に回転します。

そもそも、意図的に、積極的に「膝を左右に回転させる」ということが、推奨される(プロ教師が、積極的に指導すべき)どうかは、別の機会に譲るとして、それぞれの人が「自分はCBMを使って踊れるんだ!」という認識をすると、大きく分けて「3通りのCBM」が存在することになります。

CBMタイプA → 〔膝〕右回転/〔腰〕右回転/肩〔左回転〕
CBMタイプB → 〔膝〕右回転/〔腰〕左回転/肩〔左回転〕
CBMタイプC → 〔膝〕左回転/〔腰〕左回転/肩〔左回転〕

本来、どれが正しいのかを、説明するのが、指導する側の「プロ教師」のお仕事なのでしょうけど、ほとんどの「プロ教師は、CBMについて、教えることを放棄します」
結果として、その場にいる「多数派」の動きが、「その場における正しいCBM」という扱いになってしまいます。

もう一度、簡単に説明しましょう。

a9.png

このホールドの作り方においては、土踏まずは押し潰される。
そして
膝を右に回転させると、同時に腰も右に回転する
そして、慣性の法則により、肩は左に回転する。
骨盤や股関節は「ひしゃげる」ものという意識を持って回転させると
膝を右に回転させると、慣性の法則によって、肩は左に回転する
肩と腰が「捻れない」ようにカラダを固めると、肩と腰が左に回転する。

a88.png

このホールドの作り方では、土踏まずのアーチは大きくなる。
そして、
土踏まずの中で「カラダの中に引き込む場所」を変化させると、カラダ全体が「同じ方向」に回転する。
下半身に変化を加えずに、左手の「てのひら」の形を変化させた場合にも、カラダ全体が回転する。
膝(ひざ)を回転しようとしても、回転しなくなるし、膝を回転させるのはNG行為。
土踏まずのアーチを加えながら、アーチの形状を変化させることで、結果的に膝の向きが変わる。
また、回転という意識が生まれてこないかもしれない。左右どちらから前に出て、反対側が後ろに下がるという感覚に近い場合も多いはずです。
いずれにしても、土踏まずのアーチを作った場合には、膝(ひざ)・腰(こし)・肩(かた)、および肘(ひじ)は、同じ方向に回転する。

日本のプロ教師が教える、いわゆる「日本の社交ダンス」においては、
村上先生のいうように、「膝と肩は逆方向に回転する」というのが前提になった上で
CBMという動きが定義されている。

これを言い換えれば、社交ダンスにおいては「土踏まずを押し潰せ!」ということを意味する。
「土踏まずのアーチを作りたいヤツは、社交ダンスの集団から、さっさと出て行け!」と言っているのに等しい。
プロ教師から、こんな指導を受けて、社交ダンス界から消えて逝った人は、少なくないと思われます。 なんとも残酷な話。 合掌!

この投稿への コメントは 0 件 です。



2019年(令和元年)12月11日(水)
 投稿 52  社交ダンス 超!入門 その10
 2019/12/11(水) 23:18:45  カテゴリー:社交ダンス 超!入門  投稿者:sanzo

社交ダンスを学ぶことは、とても有意義です。
なぜなら、「土踏まずのアーチを作るダンス」と「土踏まずを押し潰すダンス」という、まったく異なるカラダの動きを、比較しながら体験できるからです。

最近になって、「骨盤の角度(骨盤を立てておけ!)」という意識のもと、骨盤の近くにある「大腰筋」「腸腰筋」というインナーマッスルについて言及するプロ教師が増えてきました。

しかしながら実際には、ダイレクトにインナーマッスルを操ることはかなり難しく、仮に「大腰筋」「腸腰筋」を自由自在に操ることが出来たとしても、最終的な到達点としては「土踏まずのアーチを作るか、潰すか」どちらを選ぶか? という2者択一になってくるように思います。

で、あるならば、難しいインナーマッスルに言及するよりも、ダンスを始める時点からから「土踏まずのアーチを作るか、潰すか」による違いを意識してから、ダンスを習ったほうが、よいとか思います。

前置きが長くなってしまいましたが、今回は、
 足の「踵(かかと/ヒール)側」から、「爪先・母趾球(ぼしきゅう/ボール)側」への体重移動
について考えてみたいと思います。


まず、社交ダンスのホールドでは、手と足が連動する。
「てのひら」と「土踏まず」が連動するという前提であれば、話は簡単です。

a88.png
「てのひら」をカラダの中に引き込んでやれば、足の裏、土踏まずもカラダの中に引き込まれて、
土踏まずのアーチが大きくなります。

ならば、「てのひらの感触を変化させる」ことで、土踏まずのアーチを大きくしてやれば、足の裏の体重移動を行うことができます。
a666e.png
上半身の体重を「踝(くるぶし)」に掛けると、靴の踵(かかと/ヒール)側に、多くの体重が掛かります。
ここから、土踏まずのアーチを作り、「土踏まずをカラダの中に引き込んでやれば、靴全体に体重が掛かります。

そして、踝(くるぶし)に体重を掛けたまま、土踏まずのアーチを最大化してやれば、母趾球(ぼしきゅう/ボール)に、ほとんどすべての体重が掛かります。
ここで重要な要素が2つあります。
一つ目は、母趾球(ボール)の上に立っているにも関わらず、「体重を直接、母趾球に掛けていない」という点。
二つ目は、足首にも体重を掛けていないの、「足首の柔らかい状態」を保てるという点です。


こんどは、足の裏全体を床を踏み込み、土踏まずを押し潰した場合の体重移動です。
a9.png
肘を真横に張ったホールドでは、「てのひら」と「土踏まず」は、連携しません。

さらに、腹直筋など、おなかの筋肉を伸ばしたままで、踊り続けようとすると、足の裏はベタ踏み。
常に、「土踏まずを押し潰した状態」になります。

これで、踵(かかと/ヒール)から爪先・母趾球(ぼしきゅう/ボール)への体重移動をするには
a666j.png
踝(くるぶし)に体重を乗せて、踵(かかと/ヒール)に体重を掛けてから、
土踏まずを押し潰して、足の裏全体で床を抑え込んで、「足首の前側」に体重を掛ける。
そして、体重の掛かっている足首を伸ばしながら、意識的に、踵(かかと)を持ち上げる。

踝(くるぶし)に掛かる体重を、「足首の前側」に移して、足首に緊張を与える。
そして、踵(かかと)を持ち上げることにより、体重をダイレクトに、母趾球に掛けていく。

こんな感じで、足の裏の体重移動を行うことができます。

日本のプロ教師は、「足の裏全体を使って、体重移動を行いなさい」といいます。
「しっかりと、床を押しながら、体重移動を行いなさい」という指導を行います。

実際には、土踏まずのアーチを作っても、土踏まずを押し潰しても、「足の裏全体を使って、体重移動を行う」という条件をクリアーしているのですが、「土踏まずは押し潰す」という狭義解釈をするプロ教師がたくさんいるのも現実です。

じゃぁ、最近、よく見かける「大腰筋・腸腰筋を使え!」という指導は、どうなるのか?
大腰筋を上手に使うと「土踏まずのアーチ」が出来るように思いますが、最初から「土踏まずは押し潰す」と言う前提で習っている人が、大腰筋を使えと言われても、なんの意味も持たないように思います。

どうでしょうか?

この投稿への コメントは 0 件 です。



 投稿 51  今日の日記1210
 2019/12/11(水) 00:00:33  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

昼は暖かかったけど、さすがに夜は寒いですね。

今、「社交ダンス 超!入門」の次回のイラストを作成中です。

人気ブログ・ランキングに登録しているけど、
ランクは落ちてきてるし、ランキングからこのブログへの入り込みも落ちてきているし
なかなか、うまくいかないものですね。

16位から18位に落ちてしまった。

落ちるぅぅぅ~う!!!

ところで・・・

最近、社交ダンスの youtube の「プロ教師によるレクチャーの動画」が増えてきてますね。
個人レッスンを受けなくても youtube を見て、そのとおりに踊れば上達できる・・・かも。

でも、日本のプロ教師のレクチャー動画は、どれもこれも(どいつも、こいつも)、
どこか肝心な所が抜けている。 そんな気がします。

プロ教師は、他のプロ教師の批判を出来ないからね。
致命的なのは、誰一人として、金沢正太先生を、批判できないんですね。
へたれプロ教師!
金沢正太先生の「プロが教えない」シリーズと矛盾することは、動画でレクチャー出来ない。

すさまじい束縛を受けてる。呪縛と言った方が良いかも。

呪縛から抜け出して、本音でレクチャーする先生が出てくれば良いんだけど、
youtube では、本音は言わないだろうな。

この投稿への コメントは 0 件 です。



2019年(令和元年)12月09日(月)
 投稿 50  社交ダンス 超!入門 その9
 2019/12/09(月) 21:34:21  カテゴリー:社交ダンス 超!入門  投稿者:sanzo

日本のプロ教師が教える、いわゆる「日本の社交ダンス」においては、
 「筋肉は、伸ばすモノ。伸ばしたままでキープするモノ」
という考え方が、なかば常識化しています。

少なくとも、10年以上前に習い始めた人の大多数はは
「踊る時には、○○を伸ばしなさい!」「○○を引き上げて、踊りなさい!」
という指導を受けているはずです。指導と言うより「洗礼」に近いかも。

だが、ちょっと待って欲しい!
筋肉は、何者かによって、引き伸ばされて、「縮む」ときに効果を発揮する。

j019a.png

「腹直筋」を伸ばすことによって、上半身がイラストのように大きく伸びるとしても、
腹直筋が膨張して、どんどん伸びて、クルマのジャッキのように上半身を押し上げていくのとは、根本的に違うはず。

実際には、「目立たない、なんらかの筋肉が、収縮する」ことによって、結果的に腹直筋が引き伸ばされる。

「腹直筋を引き延ばすために使われる筋肉」の名前は、おそらくネットで調べても出てこないと思う。
この筋肉は、インナーマッスル(深層筋)の一種で「御堂(みどう)筋」と言う。

腹直筋を引き延ばしたまま(ストレッチしたまま)踊ると、ストレッチされるので気持ちが良く、
姿勢が崩れにくいので、真面目に、そして上品に踊った気分になる。
だから、必死に「腹直筋」を伸ばしたままで踊ろうとする。
腹直筋を伸ばせば伸ばすほど、自分は「正しい踊りをしているのだ!」と実感する。

ところが、上半身を伸ばすために
  「腹直筋(ふくちょく)を引き延ばしたま踊り続ける」
ということは、同時に
  「御堂(みどう)筋を、収縮させたまま、踊り続ける」
ということを意味します。

で、ここで重要なのは、御堂(みどう)筋は、足の「土踏まずのアーチ」と深く関連している筋肉だ・・・ということです。

「腹直(ふくちょく)筋」を引き延ばす目的で、「御堂(みどう)筋」を収縮させると、
土踏まずのアーチが機能しなくなり「足の裏のベタ踏み」「土踏まずの押し潰たままのダンス」
になってしまいます。


・・・と、ここまでの部分を注意深く読むと、なにか、気づくことがあるはずです。
「あっ!それ!」「おぃおぃウソだろ!」感じた人も多いと思います。
わかりますか? もしかして、なにも気づかない!?

a88.png

土踏まずのアーチを作り、土踏まずをカラダの中に引き込んでやると、自然に上半身が伸びてきます。
(ラジオ体操でも同じですね)
土踏まずのアーチを最大化するには、思いっきり、踝(くるぶし)に体重を掛けてやればいい。

そして、社交ダンスのホールドの位置は、手と足の動きが連動しやすいのが特徴です。
「手の指の付け根(第二関節)を伸ばしながら、掌(てのひら)をカラダの中に引き込む」ようにすると、
土踏まずもカラダの中に引き込まれます(少なくともベタ踏み、土踏まずの押し潰しにはなりません)

土踏まずのアーチと、てのひらの引き込みによって、腹直筋のあたりの筋肉が自然に伸びて、
気持ちのよいホールド、かつ、崩れにくいホールドを作ることができます。

どうでしょうか?

多くの日本のプロ教師が教える、いわゆる「日本の社交ダンス」は、
「腹直筋を伸ばす」ことより、足の裏のベタ踏み・土踏まずを押し潰した立ち方になります。

でも、「日本の社交ダンス」とは逆に
「土踏まずのアーチ」を作ってやれば、自然に「腹直筋のあたりが伸びた姿勢」を作れます。

静止しているときの「見かけ」は、ほとんど同じに見えるかもしれませんが、
実際には、まったく違う立ち方が2種類あるということです。

この投稿への コメントは 0 件 です。



 投稿 49  12月8日かがやき練習会報告
 2019/12/09(月) 13:10:35  カテゴリー:かがやき練習会  投稿者:sanzo

昨日、12月8日のかがやき練習会、参加された方、どうもありがとうございました。

参加人数は、69人(主催者を含む)でした。
男女比率は、毎度の如く、男性の方が多い(というより、女性が少ない)感じでした。

警戒水域の70人を割り込んでいますが、恐れていた採算割れは、なんとか回避できました。
ご協力ありとうございました。
準備をしている間、採算割れリスクが、頭から離れなかったので、採算割れ回避は、
ほんとうにありがたい限り。

12月のダンス界は、行事が重なるので、どうしても参加者が分散する傾向にあります。
(といいつつ、かがやき練習会のピークは 12月の147人なので、一概には言えませんが)

ことしから、12月23日の天皇誕生日が無くなったので、「12月の休日」が1日減った
ことになります。結果的に、行事の数が同じなら、行事と行事が重なる機会が増えます。
主催医する側は、今まで以上に、いろいろと大変です。

今回は、クリスマスの曲を半分くらい入った構成でした。
やはり、クリスマスの曲を聞くと、年末の雰囲気が漂ってきますね。

社交ダンスは、楽しく踊るのが、一番です。
「カチンカチンにホールドを固めて、姿勢を崩したら先生に叱られる!」とか、
そんなこと気にしないで、力を抜いて、楽しく踊ればよいと思います。

この投稿への コメントは 0 件 です。



2019年(令和元年)12月08日(日)
 投稿 48  今日は、かがやき練習会
 2019/12/08(日) 08:23:16  投稿者:sanzo

おはようございます。
良い天気になりましたね。
金沢は、静かな朝です。。。。と書いた途端に、カラスが鳴きだしました。

かがやき練習会、参加されるかたは、事故に遭わないように、気をつけてきて下さい。

会議室の真ん中の部屋は、できる限り暖かくしておきますので、
さむいところから来た人は、真ん中の部屋で、カラダを暖めてください。


カラダの力を抜いて、楽しく踊りましょう。(これ、重要!)

この投稿への コメントは 0 件 です。



 投稿 47  今日の日記1207
 2019/12/08(日) 03:20:42  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

今、夜中の3時半。 明日の練習会の準備、完了。

競技会を見に行っても、踊れないし、そのあと、ほとんど踊ってないし。
絶望感いっぱい。 気分、最悪。

世の中には「ダンスでストレス解消!」なんて言ってるヤツもいるけど、うらやましいわ。
「嫌なことがあっても、ダンスを踊ってると、嫌なことを忘れる」・・・とか。
そんな、楽しいダンスを踊る場所なんか、どこを探しても無いのかもしれない。

明日のかがやき練習会は、ダンス、踊れるかな。
自分自身が「どこへ行っても踊れない」という状況下で、
「踊れないなら、自分で踊る場所を、立ち上げれば良い」ということで、立ち上げた会。
明日のかがやき練習会も、楽しく踊れる場所で、続いて欲しい。


明日の朝(といっても、いまから5時間後)、家を出て
9時から、ひとりで準備を始めて、昼飯も食わずに、ひとりで椅子を並べる。

誰もいない台所で、ひとりで、淡々と準備するのって、寂しいですね。
毎回、自分が、なんのために、やってるのか、わからなくなる。

慣れてきたとはいえ、これで採算割れだったら、さすがに、つらいものがある。


たぶん、普通の人だったら、精神的なダメージで、鬱になってるかも。

気分が悪くなって吐き気がするくらいは、慣れっこになってるけど、
それでも、耐えきれないときは・・・・
それも、自分に与えられた、宿命だとおもって、淡々と....

部屋の段ボール箱の中に、CDが500枚くらいあるはず。
1枚1000円として、50万円かな。
あとは、オーディオ装置が10万円(予備機をいれると20万)として、
全部で60~70万円か。

こんなの、教室を持ってるプロ教師に比べたら、投資額は、屁みたいなモノだけど、
それでも、CDの枚数だけで言えば、プロ教師と遜色ないはず。

プロ教師と張り合えるモノは、CDの枚数くらいだろうけど、
そうでもして、プロ教師に負けないようにしていないと、やってられない。
他人に喜んで貰うために、採算度外視で、カネをつぎ込めるかどうか。。。だな。

プロ教師に「公共施設を借りて、音楽を鳴らしているだけだろ」とか、思われた時点で負け。
ほんとうは、CDの山、見て貰えばわかるんだろうけど、500円の練習会でも、そんな
簡単にできるもんじゃない。 現実は、厳しい。 甘く見られたら、終わり。

この投稿への コメントは 0 件 です。





〔このページは 1/7頁〕 >最古
1/2/3/4/5/6/7



  以前のページに戻る  ↑このページの先頭へ 

 
ブログのメニュー
ブログのトップページ
カテゴリーの一覧
全投稿のタイトル一覧

メインページ(分割)
メインページ(1頁)
メインページ(2頁)
メインページ(3頁)
メインページ(4頁)
メインページ(5頁)
メインページ(6頁)
メインページ(7頁)

カテゴリー
社交ダンス 超!入門
今日の日記
お知らせ
かがやき練習会
Ballroom Fitness みらい
つれづれに(雑談です)

※カテゴリーの一覧

月別アーカイブ(保存庫)
2019年12月分の投稿
2019年11月分の投稿

※全投稿のタイトル一覧

最近の投稿(エントリー)
日本の『プロ教師』を考える
社交ダンス 超!入門 その11
社交ダンス 超!入門 その10
今日の日記1210
社交ダンス 超!入門 その9
12月8日かがやき練習会報告
今日は、かがやき練習会
今日の日記1207
社交ダンス 超!入門 その8
あす12月8日は、かがやき練習会

コメントのある投稿
(最新の10件を表示)

ブログの検索