みらくるダンス
 .com
*****
サークルかがやき
ダンス練習会
石川県のリンク集
石川の社交ダンス
*****
管理人へのメール
はこちらから
*****
*****
ページの先頭へ
ページの先頭へ
みらくるダンス
 .com
*****
サークルかがやき
ダンス練習会
石川県のリンク集
石川の社交ダンス
*****
管理人へのメール
はこちらから
*****
*****
ページの先頭へ
ページの先頭へ
みらくるダンス.com管理人(さんぞう)のブログ
  > メインページ(6/18 頁)


最新6/18最古
1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17
※このブログは「みらくるダンス ブログ」で検索!

2022年04月07日(木)
▲top ●41 ▼42
 投稿1209  いわゆる"高い授業料" (click)
2022/04/07(木) 02:24:07
 カテゴリー[ つれづれに2022.04 ]

ようやく、新しいパソコンに変えてから、落ち着いてきた感じ。

ケースの中の部品を変えただけなので、外観は変わってない。
キーボードもディスプレイも、以前のままなので、
カネをかけて、パソコンが早くなったかな...程度。

パソコンを買う前に、いろいろ調べて
パソコンを買ってからも、いろいろ調べるから
勉強になる・・・といえば、勉強になる。

「パソコンを買う」ことで知識が増えるけど、
それ以前の問題として、「パソコンは道具だ」としたら、
そんな知識は、果たして必要なのかなどうか?
....という話もある。


CPUは、インテル12世代の「i7 12700K」
CPUだけで、5万円だったけど、果たしてこんなクソ高いCPUが必要だったのかどうか、よくわからん。
実用上は、2~3万円のCPUで十分だったような気もする。

12世代の上位機種は、「高速のPコア」と「省エネのEコア」の2つのコアを採用したとか、そんな説明だけど、いざ使ってなると、ほとんど、遅い方の「Eコア」だけしか使ってない...とか、そんな感じ。
(Eスポーツのゲームとかだと、高速のPコアを使う)

「高いもの」を買ってみて、初めてわかることだけど、
「必要以上に高いもの」を買った分は「高い授業料」だな。

だけど、「高い授業料」は、いつか必ず役に立つ。


社交ダンスも似たようなところがあります。

足形だけ学べば、とりあえず踊れます。

社交ダンス(スタンダード)は、
「とりあえず内股」で踊れば「誰でも踊れる」。
でも、
「細かいところ」を習うとカネと時間がかかる。
「内股ではない踊り」は、難しい!

じゃぁ、カネをかけて習った「細かいところ」は、ほんとうに正しいのか?
正しければいいけれど、かなり微妙なところがある。

だったら、カネをかけてまで、それをやるか、って話。

「高い授業料」というのは、奥が深い。


この投稿へのコメントは 1 件 です。
 


2022年04月06日(水)
▲41 ●42 ▼43
 投稿1208  踊る人がいないのならば (click)
2022/04/06(水) 02:48:12
 カテゴリー[ つれづれに2022.04 ]

踊る人がいないのならば
踊らない人を集めればいいさ!

パーティチケットにせよ、競技会の入場券にせよ、
石川県のビジネスは、概ね、そんな感じかな。

チケットを100枚印刷すれば、100枚売れるし
300枚印刷すれば、300枚売れる。

おおむね「パーティ券印刷業」って感じ。

不思議なもので、踊る人がいようがいまいが、「パーティ券」を印刷すれば、印刷した数だけ、売れるんですね。

まったくもって、不思議な業界だと思う。


ダンス界の「チケット」には、「魔法」がかけてあるんだろうな。

欲しくて、欲しくて、たくさん買いたくなる。
なんだこれ、安い! いらないのに買ってしまう。

チケットにかかっている魔法は
高齢者には効くけど、若い人には全く効かない。
だから、チケットを買うのは高齢者ばかり。


この投稿へのコメントは 3 件 です。
 


2022年04月05日(火)
▲42 ●43 ▼44
 投稿1207  篠田学先生 vs さんぞう (click)
2022/04/05(火) 06:59:27
 カテゴリー[ つれづれに2022.04 ]

「プロ教師免許」を取得すると言うことは、
その大前提として
「プロ教師免許を交付する人の踊り方に賛同し、
 その踊り方の基準に従って生徒に教えます。」
という暗黙の意思表示だと思うんだけど、
・・・最近のプロ教師は、そうじゃないみたい。

規律もモラル、もクソもない、なんでもありだな。

「プロ教師免許」を理解するには、
「歩くプロ教師免許」、篠田学先生の考え方を理解する必要がある。


ナチュラルターンは、上半身から回転するのか、足から回転するのか?

大きな目で見ると、篠田学先生も わたし(さんぞう)も、「足から回転する」という部分では一致しているように見えるが、そうじゃない。

篠田学先生は、足首と膝、つまり「脚部(レッグ leg)から回転する」と言っている。
わたし(さんぞう)は、足の裏と土踏まず、「フット footから回転する」と主張。
まるっきり違う。 英語ではどうなってるんだろう?

どう考えても、考え方が違うわけで、「どこがどれだけ違うのか?」を考えることこそが「学ぶ/学習する」ということであって、人間にとって、いちばん大切なこと。


shino116e.png

篠田先生は、コーヒーカップの例を持ち出して
脚部を回転させれば、上半身が回転する
と説明しています。

足首と膝は、前後に屈曲するだけじゃなく、左右に45度回転する。
足首と膝を±45度回転すれば、上半身は、トータル90度回転する

と言っている。
それを使ってボディの回転を起こせ...と。

これが「歩くプロ教師免許」篠田先生の考え方だから、
プロ教師資格を持っている人は、篠田先生の教えに従って
生徒に対して、徹底的な指導を行うべきです。


わたし(さんぞう)は、これとは違う!

4s63e.png

支え足の「足の裏(つちふまず)の折り目」を変えてやれば、自然にボディは回転していく。
...という考え方。とてもシンプルです。

パワーラインとか書いてあるけど、「折り目」ですね。

Aタイプの人は、「A2パラレル」から「A1クロス」に
Bタイプの人は、「B1パラレル」から「B2クロス」に
それぞれ、足の裏の折り目(パワーライン)を変化させれば、
自然に、ボディの回転が始まります。

正確ににボールで立てば、足裏の変化でボディは回転します。


Aタイプの人も、Bタイプの人も、パラレルからクロスに「モードチェンジ」して「足の裏の折り目」を変化させれば、ボディの回転が始まる。 というのがわたし(さんぞう)の説明。

ただし、「プロ教師免許準拠」で「膝を回転させろ」とか教え込まれる)と、足の裏が変化しないし、仮に足の裏が変化したとしてもボディの回転は起こすことができなくなって、「さんぞうの言ったとおりにやっても、できねぇぞ、ボケが!」「さんぞうは、うそをついている」という扱いをされることになる。


現状の「プロ教師免許」のありかたは、正しいと思いますか?
わたしには、今のプロ教師免許と、プロ教師の振る舞いは、「病んでいる」としか、思えないのですが...

間違ったことを教えたら「レッスン料倍返し」とか、
間違ったことを習ったら「ほかの教師が無料レッスン(リコール扱い)」とか、
そんな制度があったら、よくなると思うんだけどな。
ないんだよな、そういうのは....


この投稿へのコメントは 1 件 です。
 


2022年04月04日(月)
▲43 ●44 ▼45
 投稿1206  "プロ教師免許"の本質を知る (click)
2022/04/04(月) 06:40:45
 カテゴリー[ つれづれに2022.04 ]

「正しい社交ダンス」とは何か?
プロ教師の資格をとはなにか?

それを知るためには、
プロ教師という資格を作った人、
もしくはプロ教師試験を実施してる人の「著作物」を読めばいい。

「プロ教師の資格」というものがある以上、
「プロ教師の資格」を作り、「プロ教師試験を実施してる人たち」の言ってることが、
(たとえ非合理的なものであっても)絶対的に「正しいダンスの踊り方」ということになり、
それに異議を唱える人は、排除されるべき「教え魔」ということになる。

プロ教師試験を実施してる人の「著作物」を読みとくことで
プロ教師免許の「本質」を知ることは、とても重要なこと。

他人に物事を「教える」ときには、最初にやるべきことですね。

shino092e.png

【篠田先生】ムーブメントは、
  ボール・足首・膝から起こり、
 「腰(こし)から上の上体」に伝わる。
【さんぞう】ムーブメントは、
 足の裏(つちふまず)の変化によって起こり
 股関節を介して、腰から上の上体に伝わる。

【篠田先生】ナチュラルターンでは
  右足(1の支え足)の膝を内側に使って
  スウィングする左足を送る。
【さんぞう】ナチュラルターンでは
  左足をスウィングさせながら、
  骨盤を「支え足のボールの直上」から遠ざけていくことで
  右足(支え足)の足の裏に変化で、右足(足の裏)からの回転が起きる。

【篠田先生】右足(支え足)で送って
 2の左足のトゥでしっかり受け止め、
 その足で(ボディを?)送り返す。
【さんぞう】
 右足の足の裏の変化により、
 「右足の足の裏を発端とする回転動作」が始まれば
 左足のスウィングがラテラル・スウィングに変わる。
 左足は、自然にトォからの着地になり、
 ボディは「かかとの高い側の足」の方に移動していく。

------------

「プロ教師免許」の本質は
「ここは、必ず○○なのだ!」
「○○じゃないヤツは、逮捕するのだ!」
「理解できないヤツは、死刑なのだ!」
みたいな感じ。

「天才バカボン」の世界だと思えば笑えるけど、
権力を振り回して、他人を排除するからな。

「自分と違う価値観」の人間は認めない。
自分が絶対に正しいと思い込んでいるから
なぜ「自分と違う価値観の人間」が出てくるかを、まったく考えようとしないで、
自分の価値観だけを押しつけてくる。

長い間、
「プロ免許のないヤツは、教えてはいけない」
という決まりを作って、他人を縛りつけるおいて、
「他人の意見は一貫して無視」するんだから、
やってることが、おそロシア、まるでプチーン。


この投稿へのコメントは 5 件 です。
 


2022年04月03日(日)
▲44 ●45 ▼46
 投稿1205  回転は足から?背中から? (click)
2022/04/03(日) 06:12:16
 カテゴリー[ つれづれに2022.04 ]

問題です。
ナチュラルターンの右回転は、
「足の裏」から開始するのか?
それとも
「腕・肩、もしくは背中から開始するのか?

これ、プロの先生でも間違ってる人が多い。
安価なパーティでトラブルが頻発する事例です。

kara024a.png

(元日本チャンピオン)檜山先生の本をみると、
ナチュラルターンの1歩目、右足がフラット、
というか、1歩目の足の裏全体が着地した時点で
「左ショルダーを大きく、前方に」伸ばしてます。

たぶん、日本のプロ教師の一般的な教え方だと思う。
(チャンピオンを否定するプロ教師は少数だろう)

写真を見ての通り、ナチュラルターンは、
1歩目の右足で床を踏むのと同時に、
左ショルダーを勢いよく、前方に伸ばしていく。

左足は後方に貼り付けて動かさないので
この時点では、足と骨盤は回転していない。

だから、日本の社交ダンスにおいては
 回転は「腕・肩・背中」から開始する
これが、正解ですね。


なので、もし、パーティ参加者の中に、
 「回転は足(足の裏)から起こすもの」
とか言うヤツがいたら、教え魔認定です。
おカネとって「足から回転する」とか教えてたら、
田舎では、その地域から追放されます!

それでも、わたし山象は、
 「回転は足(足の裏)から起こすもの」
と思ってるので、地域からの追放組です。

実際、檜山先生からは、メール拒否されてる。
拒絶されてるから、ブログ書いてるんだわ。
孤立しても、絶対に、自分の考えは曲げない。


なぜ、この手のトラブルが起こるのか?
答えは簡単です。

くるぶしに体重をかけて、土踏まずの操作をすると
「足の裏・骨盤・背中」の順に右回転が伝わります。
床を踏むことで、時間差で、カラダ全体に右回転が伝わるってこと。
(Bタイプ)

一方、くるぶしから足の甲に体重を移してから、土踏まずの操作をするプロ教師のカラダは「腕・肩と背中と、骨盤は、逆方向に回転」しようとします。
腕・肩・背中を右に回転させると、骨盤は左に回転する。
この手のプロ教師は「足の裏から回転を起こす」ことができない。
肩と骨盤が、逆方向に回転する時の「ねじれ」を利用して回転を起こす。
(Aタイプ)

どう考えても、2つのタイプの踊り方がある。
にも関わらず、「プロ教師免許」を与える組織は
「2つのタイプの踊りの根本的な違い」を認めなかった。
プロ教師が、社交ダンスを衰退させた、致命的原因。

なので、違う先生に習ってる生徒同士では、
大抵は、ナチュラルターンの時点からトラブルが発生します。

実際に、AとBが、踊ってみると、
片方は「相手の腰が引けた」ように感じ、
もう片方は「途中から振り回した」ように感じる。
マジで、踊りにならん。

教える側のプロ教師同士が、踊りの違いを認めないから
習った人同士で、けんかになるわけです。

「プロ教師同士が、ダンスの議論」をすれば、
生徒はトラブルに巻き込まれないんだけど、
プロ講師は、自分の主張だけを繰り返すからね。

ただでさえ、少ない年齢層のダンス愛好者にとっては
この手の「教え方の違い」は、非常に迷惑な話。

すべては、金儲けのための「プロ教師免許制度」から来ている問題なんだよな。
「なにが正しいか」ではなく、「どっちが多数派か」で、ものごとを決めていく。
結果、初心者依存・高齢者依存の「プロ教師が教える社交ダンス」とか「初心者や高齢者に売れる本」とか作られる。しかしながら、習う側(特に若い人)の多くは、そんな「金儲けのためのダンス」を習いたいわけじゃないはず。


この投稿へのコメントは 0 件 です。
 


2022年04月02日(土)
▲45 ●46 ▼47
 投稿1204  あすのかがやき、中止です。 (click)
2022/04/02(土) 06:59:24
 カテゴリー[ かがやき練習会 ]

明日4月3日(日)のかがやき練習会は、中止です。

「まん延防止」が発動されると、感染者は減りますが、
「まん延防止」が解除されると、感染者は増えてきますね。

「まん延防止」の是非は、よくわかりませんが、
「まん延防止」によって、感染者が増減することも事実。


最近の石川県、
ダンスを「観る」だけのイベントには人が集まるけど、
ダンスを「踊る」イベントには、人が来ないですね。

わたしは「踊る」ほうなので、観るだけのイベントには行きません。

...が、たぶんわたしが特殊なのでしょう。
ちまたでは、「観る方が楽しい」って人、多いんでしょう。

競技会で、他人が踊ってるのを観て、
絶叫し、燃え上がり、感動の涙を流す。

そういう人をターゲットにするのが、
コロナ禍のビジネスなのかもしれない。

今週末のJDC、来週末のJBDF。
石川県で競技会が行われます。
石川県のダンス愛好者は、競技会観戦で燃え上がる。
「他人の踊りを観る」ことで、熱狂の渦に包まれることでしょう。


この投稿へのコメントは 0 件 です。
 


2022年04月01日(金)
▲46 ●47 ▼48
 投稿1203  エイプリルフール・ニュース (click)
2022/04/01(金) 03:48:30
 カテゴリー[ つれづれに2022.04 ]

4月1日のエイプリル・フールということで、景気のいい話。
実現してほしい、嘘のニュースです。
------
4月1日、日本の社交ダンスを一つにまとめる組織「全日本社交ダンス連合」は、「社交ダンス復活支援金」として、支援金を配布すると発表した。

支援金の配付額は、ダンス愛好者1人あたり最大50万円。ダンスを教える団体(サークル)には最大250万円。

支援金は、ムーンウォークができる、もしくはムーンウォークの練習をしていることが、配付の条件になる。ムーンウォークが全くできない人には配付されない。

「全日本社交ダンス連合」によると、
  社交ダンスの基本は、足の裏で、床を一定の強さで圧しながら
  骨盤を前方から後方、もしくは後方から前方へ移動させること
これを、社交ダンスの基本として学ぶべきとのこと。

しかしながら、「秘密結社 教え魔プロ」によって、
  社交ダンスは、音楽に合わせて、瞬発的に床を強く押して、
  床を押した反作用で、骨盤をぐいぐい押し出して進むのだ
という間違った基礎が、全国的に普及してしまったのだと言う。

これからの社交ダンスを普及させるためには、「蹴らない動き」の習得が必須であり、そのためには支援金を給付してでも、ダンス愛好者にムーンウォークを覚えてもらうのが、最善の策だとこと。

なぜなら、「ムーンウォークでは、絶対に床を蹴ることができない」。なので、初心者の頃からムーンウォークの練習をさせることで「蹴る踊り」と「蹴らない踊り」の違いが理解してもらうことができる。
ムーンウォークこそが、これからの社交ダンス復活の布石になるとのこと。

支援金は、「全日本社交ダンス連合」の事務局に、オンライン申請すれば、簡単な審査の後、一ヶ月以内に所定の銀行口座に振り込まれる。その際、ムーンウォークの練習をしている証明が必要になる。
---------------
以上、エイプリルフール・ニュース(嘘ニュース)でした。


この投稿へのコメントは 1 件 です。
 


2022年03月31日(木)
▲47 ●48 ▼end
 投稿1202  新しいパソコン (click)
2022/03/31(木) 08:01:19
 カテゴリー[ つれづれに2022.03 ]

新しいパソコンからの投稿です。

まだ、いつも使っている ATOK(漢字変換IME)を入れてないので、少し使い勝手が違うけど、とりあえず初投稿。

ATOK は、初代「一太郎」の前から使ってるわけで...
もう30年以上になるはず。 そりゃ、歳とるわ!

昨日の石川県の感染者数 300人だったかな。
「かがやき練習会」を中止にしたのは、正解だった気がする。

なにごとも、判断が難しいです。

ひとりひとりが「危機感」を持って、
ひとりひとりが「自分にできること」を始めたとき、次の時代が始まる。

ひとりひとりが「お客様」だったら、次の時代は始まらない。
なぜなら、お客様は、いつまでたっても、お客様だから。


この投稿へのコメントは 0 件 です。
 




最新6/18最古
1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17
※このブログは「みらくるダンス ブログ」で検索!



 以前のページに戻る  ・↑このページの先頭へ 
このブログの管理人
(さんぞう)へのメール
は、こちらから
このブログの管理人(さんぞう)
へのメールは、こちらから

ブログのメニュー
このブログのトップページ
カテゴリーの一覧
全投稿のタイトル一覧

コメントのある投稿
あす15日は、かがやき練習会
重要な要素が隠れてるゾ!
15日のかがやき練習会
15日のかがやき練習会
見える人には 見える!
見える人には 見える!
見える人には 見える!
治すのに ○○万円かかります!
治すのに ○○万円かかります!
治すのに ○○万円かかります!
治すのに ○○万円かかります!
"ヒコーキ"と"屁コーキ"
"ヒコーキ"と"屁コーキ"
"ヒコーキ"と"屁コーキ"
"ヒコーキ"と"屁コーキ"
"ヒコーキ"と"屁コーキ"
"ヒコーキ"と"屁コーキ"
支え足と動く足の中間に立つ
支え足と動く足の中間に立つ
支え足と動く足の中間に立つ
(最新の20件を表示)

最近の投稿(新しい32件)
5月15日かがやき練習会報告
今日は、かがやき練習会
あす15日は、かがやき練習会
重要な要素が隠れてるゾ!
続)5月15日のかがやき練習会
15日のかがやき練習会
見える人には 見える!
発想が「逆」なんだわ!
治すのに ○○万円かかります!
来週15日は、かがやき練習会
なぜ、新しい種目が出ないのか?
いったい何が、変わったんだろう?
一つの言葉で、違う動き
パソコンの組み直し
立ち方の進化(到達点を目指して)
踊りの進化、踊りの原点
"かがやき練習会"からの連絡
去年と違う、今年の連休
"ヒコーキ"と"屁コーキ"
支え足と動く足の中間に立つ
3回目のワクチン
この先生は"正しい"と思う
いつもいつも、"初歩的なミス"
一年ぶりの動作チェック
「理論を理解する」ということ
"歩行器"型の社交ダンス
混ぜるな危険!
湖池屋 スコーン「社交ダンス」篇
"無料"なのに盛り上がらない!
閃輝暗点、片頭痛
"復興"の役割分担
動画編集・DVD作成

月別アーカイブ(保存庫)
2022年5月分の投稿
2022年4月分の投稿
2022年3月分の投稿
2022年2月分の投稿
2022年1月分の投稿

※全投稿のタイトル一覧


管理人ブログ2022
管理人ブログ2021
管理人ブログ2020
管理人ブログ2018-19
カテゴリー
つれづれに2022.05
踊りの進化、踊りの原点
つれづれに2022.04
つれづれに2022.03
動画で徹底検証
つれづれに2002.02
おしらせ
かがやき練習会
いろはのい、アロハのア
つれづれに2022.01

※カテゴリーの一覧

メインページ(分割)
メインページ(1頁)
メインページ(2頁)
メインページ(3頁)
メインページ(4頁)
メインページ(5頁)
メインページ(6頁)
メインページ(7頁)
メインページ(8頁)
メインページ(9頁)
メインページ(10頁)
メインページ(11頁)
メインページ(12頁)
メインページ(13頁)
メインページ(14頁)
メインページ(15頁)
メインページ(16頁)
メインページ(17頁)

ブログの検索