みらくるダンス
 .com
*****
ダンスの見どころ
トップページ
(ダンスの見どころ)
金沢の
パーティ情報
(ダンスの見どころ)
北陸3県
競技会の日程
(ダンスの見どころ)
リンク
*****
サークルかがやき
ダンス練習会
*****
みらくるダンス
・ダンスの見どころ

管理人のブログ
2019-2020
みらくるダンス
・ダンスの見どころ

管理人のブログ
2018-2019
管理人へのメール
はこちらから
*****
*****
ページの先頭へ
ページの先頭へ
みらくるダンス
 .com
*****
ダンスの見どころ
トップページ
(ダンスの見どころ)
金沢の
パーティ情報
(ダンスの見どころ)
北陸3県
競技会の日程
(ダンスの見どころ)
リンク
*****
サークルかがやき
ダンス練習会
*****
みらくるダンス
・ダンスの見どころ

管理人のブログ
2019-2020
みらくるダンス
・ダンスの見どころ

管理人のブログ
2018-2019
管理人へのメール
はこちらから
*****
*****
ページの先頭へ
ページの先頭へ
 
みらくるダンス・ダンスの見どころ管理人ブログ > メインページ(16/44 頁)


最新< 〔このページは 16/44頁〕 >最古
4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27

投稿日順 タイトル一覧カテゴリー別 タイトル一覧
 投稿243  4「ロア=膝を曲げる」は錯覚(4)
カテゴリー[ 社交ダンス 超!入門 ]  2020/04/27(月) 09:28:42  投稿者:sanzo

裸足で、畳の上で、補助足ナシのナチュラルターンの3歩をやってみる。
腕は降ろしたまま、リラックスさせておけばいい。

歩幅を少しづつ大きくしていけば、ボディが回転するタイミングで、
ボディが、自然に、ふわ~ぁっと、浮き上がってくる。

左足が着地した時には、左足の踵(ヒール)は床から離れている。
ボディが浮き上がった状態で着地すれば、踵は床から離れるのが必然。

ボディ全体をリセットすれば、踵が床について、ボディは低くなる
.....と。

畳の上で、足の裏を柔らかくしておけば、足の裏に変化が起きるので、
自然にボディが浮き上がるんじゃないかと思うわけだけど、
カラダをカチンカチンに固めたり、慣れない靴を履いて足の裏を潰して
しまうと、ボディは浮き上がらず、むしろボディは沈みこんでしまう。

ここで、
 「ボディが上がらないなら、足首を伸ばしてボディを上げればいい!
という発想が出てくる。

・電車のつり革に掴まって、足首を伸ばして、
  踵(かかと)を持ち上げて立つ練習をさせるプロ教師。
・ナチュラルターンのスウェイと称して、
  生徒のズボンのベルトを引っ張り上げて、
  骨盤と腰を持ち上げる感覚を叩き込むプロ教師。

これをやると、先生から「大変よく出来ました」と褒めて貰える。
(つり革もベルトも、一流トッププロによるレクチャーです)


日本中が「(ボディが)上がらないなら、上げればいいさ!」という
考え方で統一されてしまっているのが、日本の社交ダンスの現実。

日本中のプロ教師はたくさんいるけど、誰もそれを疑おうとしない。
生徒に、「踵をあげてライズして、膝をまげてロア」するのだと教える。
日本のプロ教師は、誰ひとりとして、それに疑問を持たない。

じゃあ、なぜ、日本のワルツは
(ボディが)上がらないなら、上げればいいさ!
という発想になっているのか?

簡単です。 ワルツは3拍で3歩が基本です。
右足から始まる3歩(右左右)+左足から始まる3歩(左右左)
の6歩で「一つのユニット」を組むと考えるとわかりやすい。

3歩単位の動きでは、ボディと足の裏を上手に使えば、
1歩目が終わったところで、自然にボディがが浮き上がっていく。

ところが、(大多数の)日本の社交ダンスの指導方法では、
補助足を含めた、「4歩を1単位(1ユニット)」として
社交ダンスの指導している。
(補助足を含めた)4歩のうちの2歩目で、ボディを上げろとか
言われても、そんなもん、ボディは自然にあがるはずがない。

そこで「(ボディが)上がらないなら、無理矢理 上げろ!
みたいな指導を徹底的に行われることになる。

ワルツは3拍子で3歩なのだから、
3歩+3歩を1つのユニットとして考えていけばいいものを
補助足を含めた4歩を一つのユニットとして教えるものだから
そのあとに来るすべての概念が、おかしなことになってくる。

わたしは、そう考えますけど、
ダンスを教えてる先生方、どなたか、反論ありませんか?

補助足を含めた「4歩で1ユニット」で練習するワルツの
ナチュラルターンこそが、ダンスの王道なのでしょうか?

どうでしょうか?

 この投稿への コメントは 0 件 です。
 
←←現在の順位を確認できます


2020年(令和2年)04月26日(日)
 投稿242  外出自粛中の今こそがチャンス!
カテゴリー[ 徒然(つれづれ)に ]  2020/04/26(日) 18:51:53  投稿者:sanzo

東京都の感染者 今日 72人  合計3908人
石川県の感染者 今日  3人  合計 229人
福井県の感染者 今日  1人  合計 121人
富山県の感染者 今日  2人  合計 177人

今日の北陸3件、感染者の報告が少ないです。

まだまだ、安心はできませんが、
早期に非常事態宣言を解除するのであれば。
潜在的に発熱している人数を調べるのが、いいのかもしれない。

「#発熱 me to」みたいな活動。
SNSで、発熱している人の症状を報告してもらえば、
地域全体の安全性の把握ができそうです。

----------

今、外出自粛要請で、ダンスサークルやダンス教室に
おける、日本中の「先生から、社交ダンスを習う」
という活動が、一斉にストップしています。
おそらく、こんなのは、初めてですよね。

一方、Youtube での動画配信などは、盛んに行われる
ようになっててます。

普段、ダンスを学ぶときには、オフライン(実地指導)と、
オンライン(youtube)の両方で、学んでいくべきところ
今は、オフライン(実地指導)が完全にストップしている
状態で、オンライン(youtube)の動画が、どんどん発信され
る状態です。

これ、面白いです。 チャンスです。
今後の「社交ダンス」を、理想の流れを変えていくことが
できますから。

youtubeの動画で、たくさんダンスを学んでいて、
いざ、サークルが始まった時には、普段サークルで習っている
ダンスと、全く違うダンスになっていた・・・・みたいな感じ。

そういうことが起きる可能性がありますね。

youtube の動画の先生と、普段サークルで習っている先生。
まったく、同じことを指導していればよいのですが、
考え方の違いによって、指導方法になることが、多々あります。

社交ダンスは、そういうのがあるから、面白い!とも言えます。
いずれにしても、今は「情報収集のチャンス」です。

まったく出来ない今だからこそ、
踊りに対する先入観を変えることができるはず。

他人の踊りの先入観を変えるような、素晴らしいyoutube動画を
出せる先生こそが、素晴らしい先生だと、わたしは思います。

 この投稿への コメントは 0 件 です。
 
←←現在の順位を確認できます


 投稿241  3「ロア=膝を曲げる」は錯覚(3)
カテゴリー[ 社交ダンス 超!入門 ]  2020/04/26(日) 09:30:49  投稿者:sanzo

多くの日本人にとって、「足の裏が敏感になる」あるいは
「足の裏の感度が上がる」のは、裸足で畳の上を歩く時だろう
・・・と言いたいところだけど、今は、状況は変わってるかな。

静かな自宅で、足の感度が高くなる『裸足』で、
社交ダンスの動きを検証してみることは、悪くないハズです。

「ロア=膝を曲げる」が正しいのかどうかを検証するために、
「裸足」で「ライズ&ロアの無いナチュラルターン(補助足なし)
を、繰り返し試してみます。

裸足でやると、ライズ&ロアがなくても、意外に大きな歩幅まで
いけることが確認できます。

補助足ナシのナチュラルターンの3歩の動作(右足から開始)
何度も何度も、繰り返しているうちに、カラダの変化に気づくと思います。

・少しづつ歩幅が大きくなっていきます。

・カラダの向きが変わるタイミング(左足が右足を通過後)で、
  カラダ全体が浮き上がります。(浮き上がると感じる)
 (浮き上がったように、無意識にカラダ全体の筋肉が反応する)

・左足が床に着地し動きが止まった時点で、
 左足の踵(ヒール)は、床から離れている。
 カラダ全体が浮き上がるように感じるなら、そうなります。

そして、もうひとつの変化、

 静止している状態から、右足を出そうとするときに、
 カラダ全体の筋肉に大きな変化が起こります。

 動き出してから、ナチュラルターンの3歩が完了する
 までの間は、カラダの筋肉の変化は、ほとんどありません。

----

で、ここまで出来たら、今度は
「日本の社交ダンスでは、正しい踊り」とされている
  ライズは、かかとを高く持ち上げて、姿勢を高くする。
  ロアは、膝を曲げて、床を踏み込み、姿勢を低くする。
という前提で、ナチュラルターン(補助足なし)の3歩を試してみます。


どちらが、大きく動けますか? 静かに進めますか?

おそらく、意識的に、踵(ヒール)を高く持ち上げると
歩幅が落ちで、カラダが固まる。
そして、「内股・X脚」の傾向が出てくるように思います。

どうでしょうか?


社交ダンスは、無理なく、大きく動ける動きをを目指すのが理想です。

ヒンズー・スクワットみたいに、姿勢の上下動を行った結果
歩幅が小さくなったり、動きがギクシャクしたり、内股になったり
するのであれば、それは「本末転倒」です。

たとえ、大量の汗が出て、膝が痛くなって、「踊ったぞ!」という
満足感で満ちあふれたとしても、それは違うような気がします。

どうでしょうか?


わたしと同じ考え方を持っている「ダンスの先生」は
日本中に、一人もいないのでしょうか?

多くの生徒にダンスを教えていて、「社交ダンスの固定概念」に、
疑問を持つ「ダンスの先生」は、一人もいないのでしょうか?

自分が教えていることに、なんの疑問も抱かない。
日本の社交ダンスの先生が、そんな先生ばかりだとしたら、
ものすごく不気味です。

 この投稿への コメントは 0 件 です。
 
←←現在の順位を確認できます


2020年(令和2年)04月25日(土)
 投稿240  パソコンの掃除しました
カテゴリー[ 徒然(つれづれ)に ]  2020/04/25(土) 23:54:03  投稿者:sanzo

東京都の感染者 今日103人  合計3837人
石川県の感染者 今日  2人  合計 224人
福井県の感染者 今日  0人  合計 120人
富山県の感染者 今日 12人  合計 175人

石川県は、院内感染の2人のみ。市中感染の報告はなし。
福井県は、ゼロ。
対して、富山県は増えてます。

--------------

人気ブログランキング、また、落ちてきましたね。

ダンスしている人とは、誰とも会ってないので、これも仕方ないです。
毎日、2回のペースで投稿して、上がらなければ、それが限界。

組織票とか、全くないので、誰がクリックしているかすら、わからないし
どんなこと書けば、ランキングが上がるのかも、まったく不明。
このブログ、それだけの価値しかない・・・ってことだな。

ランキングがどうであれ、自分に出来ることを実行するのみ!

まだまだ、書きたいことがあるけど、眠いので後日にします。

今日はパソコンの掃除をしました。
埃まみれだったので、バラして、掃除。
xxxx66.jpg

同じの(マザーボード&CPU)が2台あります。
8年くらい前のパソコン基板とCPUです。
(冷却ファンは違う形状だけど、ファンは性能に影響しない)

掃除だけでは、面白くないので、予備機とケースを交換しました。
組み直して、動いてるようなので、一安心です。

古いパソコンなので、いつ、ぶっ壊れるかわからん。
同じパソコンが2台あれば、1台ぶっ壊れても、なんとかなるでしょ。

 この投稿への コメントは 0 件 です。
 
←←現在の順位を確認できます


 投稿239  2「ロア=膝を曲げる」は錯覚(2)
カテゴリー[ 社交ダンス 超!入門 ]  2020/04/25(土) 08:15:50  投稿者:sanzo

ワルツにおいて、「ロアは=膝を曲げる」が正しいのかどうか?

それを考えるには、
 「ワルツには、ほんとうに、ライズ&ロアが必要なのか?」
 「ワルツには、なぜ、ライズ&ロアが必要なのか?」
というところから、議論をスタートさせるがいいと思います。

こういうときは、「考える」時には、騒がしいところではなく、
静かな場所で、(反論を想定して)一人で考えるのが一番。

ライズ&ロアの必要性を考えるのであれば、
まずは、ライズ&ロアを無くして、
ワルツのフィガーを踊ってみる
のが一番です。

(A)補助足ナシのナチュラルターン の前進3歩

(B)クローズドチェンジ(右)の前進3歩
    +クローズドチェンジ(左)の前進3歩

まずは(A)、次に(B)を、畳の上で、裸足でやってみます。
ホールドは不要、腕の位置は自由。視線も自由。

最初は、小さな歩幅から、少しづつ歩幅を大きくしていきます。

足の裏で、床の感覚を掴んでいれば、ライズ&ロアがなくても、
予想以上の歩幅で動けることに気づくはずです。

膝の力を抜いて、足の裏を、できるだけ床と並行に保つ。
そうすれば、ボディを安定させて、大きな歩幅で動くことが出来ます。

この練習を繰り返しているウチに、自然にボディが浮き上がってきます。
どのタイミングで、ボディが浮き上がってくるのか、確認します。

(A)のナチュラルターンでは、ボディの向きが変わるタイミングでボディが浮き上がります。
そして、2歩目の左足が着地して止まったときには、左足の踵が床から浮いているはずです。

(B)のクローズドチェンジでは、動く足の方向を変化させるタイミングで、ボディが浮き上がります。
そして、ヨコに動いた動く足がヨコに動いて着地したときには、踵が床から浮いているはずです。

(A)(B)ともに、両足が揃ってカラダの動きが止まった時点で、リセットする。
「ボディが浮き上がった状態」をリセットすれば、浮いた踵が床について姿勢が低くなります。

たった、これだけで、ワルツの基本フィガーは踊れます。
それなりの歩幅を稼げる上に、膝に負担は掛りません。

なにより、「それなりの歩幅」で満足(妥協)できるのであれば、
膝の屈伸運動とかは、まったく必要ありません。

日常生活で、カラダを鍛えてる人が、トレーニングのために、
ヒンズー・スクワットとかするのは、良いことだと思います。

でも、一般人が、ワルツを踊るためだけに、スクワットなどの
屈伸運動をする必要があるかと言えば・・・・すごく、疑問です。
特に高齢者は、膝を痛めるだけで、メリットがないようにも思います。


ほとんどの「ダンス教師」から、猛反発が来そうですね。
日本の社交ダンス(教師免許)では「ロア=膝を曲げる」ですから
それを否定している限り、死んでも「教師免許」は貰えません。
だんだんと、貧乏になっていくわけです。

でも、例え、どれだけ批判されようとも、
例え、すべてのプロ教師を敵に回そうとも、
ここに書いていることは、事実!
少なくとも「ロア=膝を曲げる」を否定してもダンスは踊れる。

どうでしょうか?

 この投稿への コメントは 0 件 です。
 
←←現在の順位を確認できます


2020年(令和2年)04月24日(金)
 投稿238  布マスクの材料購入 2400円也
カテゴリー[ 徒然(つれづれ)に ]  2020/04/24(金) 18:50:34  投稿者:sanzo

東京都の感染者 今日161人  合計3733人
石川県の感染者 今日  6人  合計 222人
福井県の感染者 今日  1人  合計 120人
富山県の感染者 今日  5人  合計 156人

石川県の感染者は、すでに感染している人の家族など。
市中感染に関しては、大丈夫な気がする。
富山は不明。

福井県では、数日後に、マスクの購入が始まるようです。
------

今日、イオンに買い物に行ったときに、
布マスクの材料を買ってきました。

模様のある表生地と、裏側のガーゼ、ミシン糸、ゴムを
購入したら、2400円くらいだった。
(そこから割引券で10%引き)

前回買いに行ったときは、白のミシン糸とゴムは、
売り切れだったのですが、「入荷しました」とのこと。

平日だったのですが、マスクの材料を買いに来る人が、
4~5組くらいいたようで、レジは順番待ち。

布は、10cm単位の量り売りなので、レジを通過する
のに時間が掛かる。


で・・・・

どうせ、マスクを作るなら、立体マスク。
xxxm1.jpg
(写真のマスクのゴムは、今回購入したものではなく、あり合わせのものを使ってます)

こちらのPDFに、型紙と作り方が載っています。
福井新聞ホームページ > 立体マスクの作り方と型紙(PDF)
xxxm0.jpg


それに引き替え、アベノマスク・・・・だめだな。

 この投稿への コメントは 0 件 です。
 
←←現在の順位を確認できます


 投稿237  「ロア=膝を曲げる」は錯覚(1)
カテゴリー[ 社交ダンス 超!入門 ]  2020/04/24(金) 08:15:34  投稿者:sanzo

社交ダンス(スタンダード種目)の特徴に、
 「腰を落とさずに、まっすぐ立ったままで踊れる」
というのがある。 これは、とても重要!

腰痛があっても踊れる反面、油断をすると腰を痛める。
踊り方次第。

で、もうひとつ
「膝への負担を極限まで減らす」ことも出来るし、
「膝をぶっ壊すくらいに、強い負担を掛ける」ことも出来る。
これも、踊り方次第。

ワルツには、ライズ・ロア(ロァー/lower)がある。
  ライズは、かかとを高く持ち上げて、姿勢を高くする。
  ロアは、膝を曲げて、床を踏み込み、姿勢を低くする。
そう解釈している人も多いし、そのように教えてる先生も多い。

風俗営業法の管理下にあった時代は、
 「教師免許を持ってない人は教えてはいけない」
ことになっており、
「社交ダンスの教師免許」におけるライズ&ロアの定義が
おそらくは、そのように定義されていたのだと推測できる。

「社交ダンス」というより、「風俗営業法適合ダンス」
ほんとうに、それで良いのでしょうか?


ところで、なぜ、ワルツには「ライズ&ロア」が必要なのでしょうか?
10年以上ダンスを教えてる先生で、説明出来る人、いますか??

「教師免許の試験では、そのように定義されているのだから
つべこべ言わずに、踵を上げてライズし、膝を曲げてロアしなさい!」
・・・・それで、初心者を納得させることは、出来るでしょうか?


「ロアは=膝を曲げる」が正しいか、どうかを考える前に、
なぜ、ワルツには「ライズ&ロア」が必要なのかを、
考えておく必要があるように思います。

繰り返しますが、教師免許をもったプロ教師であれば、
 「そう決まってるのだから、つべこべ言うな!」
といって、生徒からの質問を突っぱねるのもアリだと思う。
プロ教師なら、そういうやり方も通用する。

なんやかんやいっても、「先生の言うことは、すべて正しい」
と信じ込んでいる生徒の多くは、それで納得する。

だけど、教師資格を持たない人間は、そうはいかない。
ライズ&ロアを教えようとする時に
「ワルツは、そう決まっているんだ!」というような応対は
許されない。 口が裂けても、そんな返答はできない。

「ワルツで、ライズ&ロアが必要な理由を、答えられないヤツが
  のうのうとダンスを教えてるのか???
   あり得ないだろ!!! さっさと消えろ!!
と言われてオシマイ。

教師免許を持っていない人間への風当たりは、厳しいのである。

前置きが長くなってしまいましたが、ここからが本題。
ライズは後回しにして、ロアから考える。

「ワルツで、ロアが必要な理由」

それは、ロアなんて、あってもなくてもいいけれど、
・ロアがあった方が、大きな歩幅で踊ることができる。
・同じ歩幅であれば、ロアがあったほうが、余裕が生まれる。

そういうことだと思う。

言い方を変えると、わかりやすい。

 ロアがあっても無くても、歩幅に変化が無く
 動きの余裕や安定性に違いがないのなら、
 そんなロアはいらない。 無用の長物。
 
 ロアがあったほうが、歩幅が伸びて,余裕ができて、
 安定性が増すから、ロアという定義が出てくるのだ

 ・・・と。

ワルツの原点をさかのぼっていけば、
そういうことになりそうだけど、
どうだろうか?

可能な限り、反論してみてください。

 この投稿への コメントは 0 件 です。
 
←←現在の順位を確認できます


 投稿236  風邪に注意、寒い夜には暖房を!
カテゴリー[ 徒然(つれづれ)に ]  2020/04/24(金) 00:50:27  投稿者:sanzo

東京都の感染者 今日134人  合計3572人
石川県の感染者 今日 17人  合計 216人
福井県の感染者 今日  0人  合計 119人
富山県の感染者 今日  9人  合計 150人

石川県は、ようやく、国の専門家、クラスタ対策班を呼んで
本格的な対策をとるそうです。
17人のウチ、ほとんどが、病院の院内感染と、東芝関連のクラスタ感染。
連日に渡って、同じ場所のクラスタ感染を拡大してる。

石川県、福井県ともに、クラスタ感染の無いところは、安泰・・・かもしれません。
が、気を抜かないように注意しましょう!

富山県にある病院などでも院内感染が起きて数十人規模のクラスタ化しているようで、
富山県の感染者が福井県を追い越してます。

---------

ここ数日間、乱高下している原油先物ですが、今日は安定しているようです。

原油は、歴史的な安値!
「今、買えば、儲かるぞ」とか、そんな話には、要注意!
初心者が、手を出して大金を突っ込むと、ほぼ確実に、大損する!

巨大化している「コンタンゴ」によって、
投資分が、どんどん目減りしていく恐ろしさ。

原油関連のETF(1671,1699,2038)は、1000円もあれば買えるので、
体験だけならスリル満点。 体験だけでも、すごい恐怖!
シロウトが、下手にクビ突っ込むと、恐ろしいことになる。

「コンタンゴ」を勉強せずして、先物を触ろうとすると大やけどする。
底値で買えば,損しないだろう・・・なんて常識は通用しない世界。
(わたしも、一週間くらいで勉強したけど...メチャクチャ怖い)

タンゴは楽しいけど、コンタンゴは恐ろしい。
先物、怖い! 手出し無用! 儲け話にご用心!!!かな。

 この投稿への コメントは 0 件 です。
 
←←現在の順位を確認できます




最新< 〔このページは 16/44頁〕 >最古
4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27

投稿日順 タイトル一覧カテゴリー別 タイトル一覧


  以前のページに戻る  ↑このページの先頭へ 

 
ブログのメニュー
ブログのトップページ
カテゴリーの一覧
全投稿のタイトル一覧

メインページ(分割)
メインページ(4頁)
メインページ(5頁)
メインページ(6頁)
メインページ(7頁)
メインページ(8頁)
メインページ(9頁)
メインページ(10頁)
メインページ(11頁)
メインページ(12頁)
メインページ(13頁)
メインページ(14頁)
メインページ(15頁)
メインページ(16頁)
メインページ(17頁)
メインページ(18頁)
メインページ(19頁)
メインページ(20頁)
メインページ(21頁)
メインページ(22頁)
メインページ(23頁)
メインページ(24頁)
メインページ(25頁)
メインページ(26頁)
メインページ(27頁)

カテゴリー
社交ダンス 超!入門
お知らせ
かがやき練習会
徒然(つれづれ)に
諸行無常
今日の日記
Ballroom Fitness みらい

※カテゴリーの一覧

月別アーカイブ(保存庫)
2020年7月分の投稿
2020年6月分の投稿
2020年5月分の投稿
2020年4月分の投稿
2020年3月分の投稿
2020年2月分の投稿
2020年1月分の投稿
2019年12月分の投稿
2019年11月分の投稿

※全投稿のタイトル一覧

最近の投稿(エントリー)
日曜日へのカウントダウン
コロナ対策 チェックシート
果たして何人 集まるか?
社交ダンスの 体内エレベータ
「体内エレベーター」を活用する
視線!肉食動物vs草食動物
あと10日、感染ゼロが続くか?
できるかな?出来ないだろうな!
一番安いダンスシューズ
ボール(母趾球)の上に立つ

コメントのある投稿
コメント投稿が可能になりました
コメント投稿が可能になりました
コメント投稿が可能になりました
(最新の10件を表示)

ブログの検索