*****
サークルかがやき
ダンス練習会
石川県のリンク集
石川の社交ダンス
*****
管理人へのメール
はこちらから
*****
*****
ページの先頭へ
ページの先頭へ
*****
サークルかがやき
ダンス練習会
石川県のリンク集
石川の社交ダンス
*****
管理人へのメール
はこちらから
*****
*****
ページの先頭へ
ページの先頭へ
みらくるダンス・社交ダンス管理人(さんぞう)のブログ
  > メインページ(14/52 頁)


最新14/52最古
6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22
※このブログは「みらくるダンス ブログ」で検索!

管理人のYoutubeチャンネル
みらくるダンス・社交ダンス

2022年10月28日(金)
▲top ●105 ▼106
 投稿1420  干し柿を配る(巡回) (click)
2022/10/28(金) 01:08:07
 カテゴリー[ つれずれに2022.10 ]

【お知らせ】-----

***** お知らせ 内容削除しました *****
(名無しさんからのコメントを受けまして、
 8時20分頃に、お知らせを削除しました)
------ここまで--

昨日は、午後から、「干し柿」を配ってました。

今年は、たくさんあって、数えてないけど、800個以上ある。
近所とか、知ってる人に、どんどん配ってます。

親戚のところへ行って、
干し柿20個を持って行って、
甘柿20個+大根+ネギ を貰ってきた。

自分の家で、食べきれない量の野菜を作って、
余った分を、「物々交換」みたいな感じかな。

畑があれば、少し作るのも、たくさん作るのも
大差ないので、毎年、余分に野菜を作る。

母親の世代は、楽しそうです。

ただ、母親の年代(80歳を過ぎたくらい)は、
油断すると、老化が一気に進むみたいなので、
毎日「やらなければ、いけないこと」を決めて、
それを、淡々とこなしていくのが良さそうです。


社交ダンスも、老化防止に一役買っている
...と言えますが、
「未来に繋げる社交ダンス」を考えるときには、
(力を貸して貰う必要は、ありますが..)
「高齢者だけに頼らない普及活動」ってのを、
考えていく必要があるはず。

ついでに言えば、
結婚して子供が出来て辞めていくであろう、
30歳代のキンタロウさんや、浅田舞さんの世代を
ターゲットにするのは、マーケッティング的には、
かなり微妙な気がする。(個人的には失敗だと思う)
普及活動は、違う世代を狙うべき...だよな。


この投稿へのコメントは 8 件 です。
 


2022年10月27日(木)
▲105 ●106 ▼107
 投稿1419  見ただけでは真似できない (click)
2022/10/27(木) 02:30:18
 カテゴリー[ つれずれに2022.10 ]

社交ダンスの最大の特徴は「ペアダンス」であること。

一人で踊るソロのダンスは、いろんな人が真似しようとするけど
社交ダンス特有の「ペアダンス」特有のバランス感覚は、
youtube動画をみただけの男女が、真似できるだろうか?



もはや、誰からも、見向きもされなくなった、我が youtube動画

youtubeチャンネル「みらくるダンス・社交ダンス」

この中の「ライズ」「スウェイ」「ターン」の3つは、
骨盤が支え足(saporting leg)から、遠ざける時に(自然に)発生する

...としている。

賛同するとか、異議を唱える以前の問題として、完全スルーされてますけどね。
さんぞうの動画など「見るだけで、目が腐る」とか、そんな感じなんだろうな。


昔からのプロ教師の指導だと
支え足の真上で、膝を足首の屈伸でライズをし、
支え足の真上で、カラダを傾けてスウェイを掛け、
支え足の真上で、カラダをねじってターンをする。
こういうのを基本として、叩き込まれる。

これだと動けないから、補助足で助走をつけたり
支え足を通過するときに「勢い」をつけたりして、
「激しさ・たくましさ」で、踊りを強調する。

実際に、youtubeで、スタンダードの動画みても
そんな風に見えてしまうし、
大きく踊れないのは、「勢いが足りないからだ!」
と思って、ひたすら「筋力強化」に励む...と。

ボディを「支え足の真上」に乗せた時の動作は、
素人受けするし、初心者でもわかりやすい。
見よう見まねの初心者の「思いつき」の動きで
「プロA級プロのお墨付き」が貰えるわけだから
客が客をよび、教室は大繁盛するでしょう。

結果として、田舎のダンス教室は、大繁盛。
年齢的には「高齢者だらけ」になってるわけだけど
そんな指導方法を続けていて、いいのだろうか?


この投稿へのコメントは 6 件 です。
 


2022年10月26日(水)
▲106 ●107 ▼108
 投稿1418  社交ダンスの"研究" (click)
2022/10/26(水) 08:01:50
 カテゴリー[ つれずれに2022.10 ]

昨日は、いらなくなった、母親の電動自転車の処分。

バッテリーとかカゴとか、プラスティックの部品とかを外して、金属回収業者に持ち込み。
名目は「自転車」。 40円、貰えた。
これで、うまい棒が3本買えるゾ!

バラバラにばらせば、純粋に「金属」の扱いになって、
1kg 約10円。 全部で200円くらいになったかもしれない。

手間を考えたら、なんとも、微妙なところ。
底辺層 による 低レベルの葛藤だな。

-*-

ところで、社交ダンスの「研究」というのがある。

社交ダンスは、ただただ「練習」すれば、上手になるか?
というと、そうとも言えない。

そもそも、練習するだけで上手になるなら、先生なんかいらない。

練習しても上手にならないから、先生が必要なのであって
それと同時に、自分自身での「研究」も必要になってくる。

そこが、社交ダンスの「奥の深さ」かな。

回転するときは、
片足で立って、もう片方の足を持ち上げて
ボディをひねって、ボディの片側を前方に押し出してやれば
誰でも回転できる。

ライズ&ロアの上下運動は、
片足で立って、もう片方の足を持ち上げて
立っている足の膝を伸ばして、かかとを持ち上げれば
高い姿勢を作ることができる。


確かに、そのとおりなんだけど、
それで、初心者から、世界チャンピオンまで、
子供からお年寄りまで、
まったく同じ基礎で踊っているか???
...というと、そうでもない。

初心者の頃は、そう思っていたけれど、
途中から、そうじゃない! それではダメだ
ということに気づいて、
初心者の頃とは、まった違った踊り
をするようになりました。
...みたいな体験を持ってる人は少なくないと思います。

上手な人には、そういう時期があるはず
・・・だよなぁ...

「初心者の思い込み」からの脱皮!

それが「社交ダンスの研究」の第一歩なのかもしれない。


この投稿へのコメントは 3 件 です。
 


2022年10月25日(火)
▲107 ●108 ▼109
 投稿1417  社交ダンスは一つになれない! (click)
2022/10/25(火) 05:14:47
 カテゴリー[ つれずれに2022.10 ]

社交ダンスの組織は、いくつかあります。

複数ある組織が、一つにまとまれば、社交ダンスの衰退は止まって、発展する。
という考え方もあるけど、
一つにまとまらず、複数あるからこそ、社交ダンスの衰退がこの程度で済んでいる。
という考え方もあります。

どちらが、正解なのか?
議論してみると面白そうだけど、自分の主張を押しつけようとするだけで、
誰も(公式な議事録を残す形で)議論しないんだよね。

じゃぁ、田舎はどうか?

「プロ教師」と呼ばれる人同士でも、仲のいい人と、仲の悪い人がいる。

所詮は、零細企業の「同業者」集団だからね。
「公共事業」みたいなものがあれば「まとまる」けど、
普段やってることは「客の取り合い」による力関係の誇示かな。

だから、いくつかのグループに分かれる。

「中央」が、いくつかのグループに分かれてるから、
「地方」のプロ教師は、お互いが喧嘩しないように、
いずれかのグループの「地方支部」に、まるく収まる。

中央が一つにまとまれば、地方の「仲の悪い教師」同士は、
収まりがつかなくなって、崩壊に進むような気がする。

プロ教師の事情は、知らんけど、そんな感じ...のような気がする。


底辺層の「かがやき練習会」でも、いろいろあるからね。

長い間「かがやき練習会」やってるけど、
他のパーティには必ず行くけど、かがやきだけは絶対行かない
みたいな人も、相当数いらっしゃいます。

半分以上、というか7割くらいは、そんな感じじゃないかな。
かがやき練習会に参加されたことのある方の方が、少数派です。

プロ教師同士の仲の善し悪し...みたいなのがあって、
生徒の行動に対して暗黙の監視...みたいなこともあるんで、
社交ダンスの「人の流れ」ってのは、ものすごく難しいです。

一般参加者同士なら、誘い合って、好きなところへ行けばいいけど
主催者が、一般参加者を誘うと「勧誘」になるから、
崩壊寸前だからといって、軽率な行動を採れないんですね。

プロ教師同士の、力のバランスが変わってくれば、
それによって、「かがやき練習会」を含めて、
地域全体の、いろんなところに、影響が出てくる。

「かがやき練習会」も、人が来なくなって崩壊するなら、
それも「人の流れ」の変化なわけだから、
抵抗しても無駄。静かにそれを受け入れるのみ...ってこと。


この投稿へのコメントは 3 件 です。
 


2022年10月24日(月)
▲108 ●109 ▼110
 投稿1416  戦わない 争わない その2 (click)
2022/10/24(月) 08:12:02
 カテゴリー[ つれずれに2022.10 ]

石川県で、まったく実感がわかないのが、
「戦わない 争わない 競わない」だな。

40~50歳代は、そもそも、人がいない。
完全なる、ダンス愛好者の「空白地帯」

35歳くらいから65歳くらいまでをまとめて
「ダンス愛好者の空白地帯」に、
初心者を取り込んでいかなければ、地域が潰れる。

これから、どうするか?
進む道は、方法は3つある。

・競技会に特化して、初心者を集める。
・競技会とは違う形で、初心者を集める。
・70歳代と一緒に、初心者を集める。

40~50歳代に、学連出身者とか、競技経験者が、
捨てるほどたくさんいるのが都会。

40~50歳代に、学連出身者も、競技経験者も
ほとんどいない(ゼロにちかい)のが、石川県。

それだったら、石川県全体を
 「競技に頼らない、社交ダンスの普及活動」
のモデルケースにすれば、いいと思うのだが...


というか、石川県が生き残る方法は、
それしか無いと思うんだが...

テレビで、社交ダンスと言えば「芸能人の競技会」
地元を見ると「踊ってるのは、70代限定!」
こんなのをみて
 「社交ダンスの奥の深さ」を感じとって、
 「社交ダンスを始めてみよう」なんて、
そんなことに、気づく人は、皆無でしょう。


学連出身者もいない、
40~50歳代もほとんどいない
そんな石川県で、都会と同じことをやっても、
ものごとが、うまくいくはずがない。

いまこそ、「戦わない 争わない 競わない」。

プロ教師が必死に、高齢者のケツを追いかけて、
高齢者を舞台に立たせて、石川県の復興だ!
...とかやっていても、未来には繋がらない。

プロ教師は、ほんの少しでいいから、真剣に考えて欲しい!
プロ教師が、真剣に取り組まなければ、石川県は潰れる!!


この投稿へのコメントは 7 件 です。
 


2022年10月23日(日)
▲109 ●110 ▼111
 投稿1415  断捨離失敗、"スマホ1円"に負けた話! (click)
2022/10/23(日) 02:37:57
 カテゴリー[ つれずれに2022.10 ]

先日、手持ちのスマートフォン、2台を売却した。
どちらも中古A評価で、1万円と9000円。
(最近、中古の買い取り価格が上がってます)

これで、スマホの「断捨離」が、出来ると思った。
精神的な迷いがある時は、断捨離して、身を引き締めようと思った。

ダメだった。

電気屋にいったら、スマホが「1円」で売っていた。
「1年半使って1万円で売った」スマホより、
新しくてハイスペックなスマホが「1円」で売っていた。

これは買うしか無い! 「1円」で買ってしまった。
その瞬間、「スマホの断捨離」は、失敗に終わった。

・・・この話、一見、単純そうだけど、奥が深い。
なんの条件も無しに「1円」で売るはずがないのだから。

関心のある人は、「それ、なんという機種」とか気になるだろうし
関心の無い人は、「1円で買えて良かったね」で終わる。

関心の有無、着目点の有無で、感じ方が変わってくる。

----

ここで、社交ダンスの話。

一般的なダンス(特に、社交のスタンダード)は、
「手足」から動くか、「ボディ」から動くか、
どちらが正解でしょうか?
...という、設問があったとする。

ムーンウォークの場合は、
手首・足首を固定して、かかとの高さを変えずに、
てのひらと、足の裏を変化させる。
そうすることで、骨盤をスムーズに動かしてく。
骨盤の上に載っているボディは、一緒に動く。

ムーンウォークで、設問に答えるとすると
「手足から動かす」が正解だけど、
「手足の一部」は、動かしてはいけない!

ボディは、動きを感じながら、全体(すべて)が動く。

注意書き必須。
「一言では語れない」ところが、面白いところ。


70歳から始める、まったくの初心者には、
「スタンダード(ワルツとか)の基礎」を、どう教える?

(A)片方の足の「太もも」を持ち上げてやれば、
「足全体」を持ち上がるので、
 おなかが前に出て、ボディが前に進む。

(B)ボディコンタクトと称して、おなかを出せば
 ボディが前に進んでいき、重心が動く。
 結果、「太もも」が持ち上がりやすくなる。

たぶん、こんな感じで、いいんじゃないだろうか?
じゃぁ、どっちが正解か?
どっちも、動きはシンプル。単純明快。
「手足が先」でも「ボディが先」でも、どっちでもいいし、
どっちでも、楽しく踊れる。

ただ、
(A)派の生徒と、(B)派の生徒で、議論すれば、
(A)か(B)、どちらかに「正解」がある思い込む
....という点。「設問」が思考を止める。
思い込んだ瞬間から「奥の深さ」が見えなくなる。

「教える」ってことは、どういうことなのか?
「教えることの奥深さ」を追求していくと面白い。

たった一つの「簡単な設問」に答えるだけでも、
これだけの説明が必要になってくる。
それが「社交ダンス」の奥深さであり、
無理に単純化しようとすると、その時点で進化が止まる。


この投稿へのコメントは 2 件 です。
 


2022年10月22日(土)
▲110 ●111 ▼112
 投稿1414  地獄をくぐり抜けてくる (click)
2022/10/22(土) 00:57:15
 カテゴリー[ かがやき練習会 ]

9月25日のかがやき練習会
参加者18名という悪夢のような結果になってしまった。

いろんな原因はあるだろうけど、
「主催者が、集客を怠った」
「主催者が、人を集める努力を放棄した」
と、思われるかもしれない。

金沢市内では、毎日(月曜から金曜、そして日曜)に
どこかで公民館パーティをやってる(らしい)。

なので、例えば
かがやき練習会の日程を書いたチラシをもって、
平日昼間の公民館パーティの主催者にお願いして、
チラシを配らせて貰えば、崩壊は免れたかもしれない。

だけど、今回、そのような手法をとっていない。

チラシ配りをしないどころか、
「お誘いあわせ、お越し下さい」も禁止して、
「自己責任で来て下さい」としている。

人が集まらなければ、会を終わらせる。
「最終回」という「主催者にとっての地獄」を選択した。

それは、なぜか??? そこが重要。

「かがやき練習会」は、一つの信念を持ちつつ、
「先生」と呼ばれる「教える立場の人たち」に、
最大限の敬意を表しつつ、行動しているから。

「社交ダンス」というものは、とても奥が深い。

ド素人の思いつきで、カラダを動かしても、
「理想的(合理的な)な踊り」には、なり得ない。

多くの場合、「先生」と呼ばれる人は、
素人が知らないカラダの動きを知っているので、
それを教授してもらうのが、上達の最短ルートである

・・・みたいな事柄が、山ほど存在する。

じゃぁ、地方のダンスの先生は、
ただただダンスだけを教えていればそれでいいのか?

否。

「先生」と呼ばれる「教える側の人たち」は、
地域の変化に対して、敏感に情報収集し、
「どうすれば、地域全体がよくなるのか?」を
「習う側の人たち」に伝えていく必要がある。

その地域の「先生」からの的確な情報によって、
「先生を信頼している生徒」が行動し、
それによって、地域全体が、活性化していく。


悲しいかな、今の石川県は、それとは程遠い状況。
「かがやき練習会」という一つの会が潰れても、
教える側の先生は、なにも感じない(超!不感症)

先生がなにも感じないから、生徒になにも伝わらない。
どう考えても、伝わるわけがない。

「先生」が変わらなければ、将来はあり得ない。
「先生」が変われば、石川県は変わる。

そのために、かがやき練習会(および主催者)は、
一度、「地獄」をくぐり抜けてくる必要がある。

自分自身、石川県で踊ることは出来なくなり
他県のフロアーの片隅で、背中を丸めて遠慮しながら、
他県の愛好者に対して、申し訳なさそうにして、
ほそぼそと、ダンスを続けることになる。

一人の地元のダンス愛好者が、そこまでやっても、
石川県の「先生」は、なにも感じないかもしれない。


高齢者のケツを追い回して、
高齢者をかき集めて、踊らせて、喜んでいるのが
石川県のプロ教師主導の「ダンス普及活動」だとしたら、
石川県は、なにも変わらない。(むしろ崩壊に進む)

それ以前に、そんなプロ教師は、尊敬されなくなるだろう。


この投稿へのコメントは 6 件 です。
 


2022年10月21日(金)
▲111 ●112 ▼end
 投稿1413  戦わない 争わない 競わない (click)
2022/10/21(金) 07:13:55
 カテゴリー[ 超!マジメな話 ]

今日は、別のタイトルで書こうとおもってたけど
コメント欄に
 「戦わない 争わない 競わない」
というのがあったので、
今日は、このテーマで書いてみたいと思います。

ブログランキングに参加している人が、
  「週一回、全員同じテーマで、文章を書く」
とか、そういうのをやったら、面白そうですね。
立ち位置によって、視線の違いがわかるし、協調性が生まれていくるし、
これからダンスを始める人にとっても、とても参考になる。

-----ここからが本題-----

戦わない 争わない 競わない」に相反するモノがあったとすれば、それはなにか?
わたしは、「平等と差別」だと思ってます。

そして、
個人的に、田舎のダンス教室(都会は知らん!)ってのは、
「平等」と「差別化」という二つの側面で成り立ってると、感じます。
あくまで、わたしの個人的な感想です。

具体的な例を挙げていくと...

高齢者主体のダンスサークルにおける出張レッスンでは、徹底的な平等。
サークルないで、一人の落伍者も出ないように、
「一番レベルの低い人、一番年齢の高い人」に合わせて
時間も平等、レベルも平等な指導こそが、理想とされる。

みんな平等、同じ基礎。みんなで楽しく踊りましょう!

無理な指導によって、サークル会員をやめさてはいけない。
これが、ダンス教師における「至上命題」ですね。

いっぽう、本場のダンス教室においては、「差別」の推奨。

ダンスホールは、底辺層の自己流の汚れたダンス。
ダンス教室は、上級国民の英国紳士のきれいなダンス。

メダルテストを受けない人は、悪い箇所を直しただけのダンス。
目出すテストを受けた人は、検定協会お墨付きの正しいダンス。

発表会に出ない人は、正しいけど、美しさに欠けるダンス。
発表会に出る人は、美しく華麗。踊って貰うと「しびれる」ダンス。

競技会に出ない人は、小さくても、正しければそれでいい。
競技会に出る人は、テクニック満載で大きく踊るダンス。

徹底的な差別化を図ることで、利益があがり、客も増える。
目の前に「差別」があれば、多く人は「上」の階級を選ぶから。

現実のダンス教室ってのが、どうなってたかは別として、
「ダンス教室はあこがれ」「ダンス教室は夢」みたいな
底辺層からすれば、すべてが、そういうふうに見えるわけね。


少なくとも20年くらい前(その頃の高齢者はよく知ってる)までは、
この「平等と差別」において、ダンス教室は大繁盛していたはず。
当時のサークル高齢者は「個人レッスンを受けている人」を別格扱いしてたし、
「アマC級」の競技選手を「神様」レベルの天才扱いしてたのも事実。


昔は、「平等」と「差別」という2つの側面の上手に利用して
多くのダンス愛好者を上手に扱ってたのが、昔のプロ教師かな。

昔は、それでよかったんだけど、プロ教師は今でも同じ手法。
だから、あたりまえのごとく、田舎のダンス界は崩壊する。
年月とともに、ある意味「メッキが剥がれた」とも言える。

じゃぁ、昔のプロ教師に
戦わない 争わない 競わない
という側面があったのか??
おそらく、そんなものは、存在しなかったように思います。

じゃぁ、これからの社交ダンスには、なぜ
戦わない 争わない 競わない
という側面が必要になってくるのか?

それは....
つづきは、また、こんど、書きます。

ほとんど、「気力」だけで文章を書いてますので、
↓↓↓ ランキングの応援、お願いします。


この投稿へのコメントは 3 件 です。
 




最新14/52最古
6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22
※このブログは「みらくるダンス ブログ」で検索!

管理人のYoutubeチャンネル
みらくるダンス・社交ダンス



 以前のページに戻る  ・↑このページの先頭へ 
このブログの管理人
(さんぞう)へのメール
は、こちらから
このブログの管理人(さんぞう)
へのメールは、こちらから

ブログのメニュー
このブログのトップページ
カテゴリーの一覧
全投稿のタイトル一覧

コメントのある投稿
動画、ご視聴ありがとうございました。
動画、ご視聴ありがとうございました。
動画、ご視聴ありがとうございました。
8月のかがやき、中止します
動画、ご視聴ありがとうございました。
どっちの足に"乗る"のか?
1/9 かがやき親睦会報告
動画、ご視聴ありがとうございました。
どっちの足に"乗る"のか?
動画、ご視聴ありがとうございました。
動画、ご視聴ありがとうございました。
どっちの足に"乗る"のか?
どっちの足に"乗る"のか?
動画、ご視聴ありがとうございました。
「寒ーいパーティ」での理想の音楽
久々のダンス動画....できた!
「寒ーいパーティ」での理想の音楽
久々のダンス動画....できた!
久々のダンス動画....できた!
久々のダンス動画....できた!
(最新の20件を表示)

最近の投稿(新しい32件)
動画、ご視聴ありがとうございました。
久々のダンス動画....できた!
半年で 3歩しか進めない!
「寒ーいパーティ」での理想の音楽
「ダンスの無い休日」動画
いわゆる「運命共同体」
社交ダンスを笑う人(見下す人)
トッププロ vs コンピュータ
感動を与えない勝ち方
ダンス動画、作るゾゥ!(準備中です)
1月らしい寒さ
もてなしの心
またまた、ドラレコ動画
雪じゃ~ぁ(さらさらな雪)
パーティ参加者の重複
発想の転換(発想の分岐点)
今日、パーティあります。
うっすらと雪化粧
つれづれに 0120
22日(日)、パーティあります
久々のノートパソコン
さらに...ドラレコ高速再生動画
つれづれに...
久々に、ドラレコ動画
1/9 かがやき報告(2)
1/9 かがやき親睦会報告
"一番苦しんでる人"を見よ!
【流れに乗る】運・偶然
今、「スマホ売り場」が面白い
今日9日の「かがやき」開催します。
出来ないときは、、、諦める
9日(祝)は、かがやき練習会

月別アーカイブ(保存庫)
2023年2月分の投稿
2023年1月分の投稿
2022年12月分の投稿
2022年11月分の投稿
2022年10月分の投稿
2022年9月分の投稿
2022年8月分の投稿
2022年7月分の投稿
2022年6月分の投稿
2022年5月分の投稿
2022年4月分の投稿
2022年3月分の投稿
2022年2月分の投稿
2022年1月分の投稿

※全投稿のタイトル一覧


管理人ブログ2022
管理人ブログ2021
管理人ブログ2020
管理人ブログ2018-19
カテゴリー
つれづれに2023.02
つれづれに2023.01
つれづれに2022.12
つれづれに2022.11
つれずれに2022.10
超!マジメな話
つれづれに2002.09
つれづれに2022.08
つれづれに2022.07
つれづれに2022.06
社交ダンスの気になる授業
つれづれに2022.05
踊りの進化、踊りの原点
つれづれに2022.04
つれづれに2022.03
動画で徹底検証
つれづれに2002.02
おしらせ
かがやき練習会
いろはのい、アロハのア
つれづれに2022.01
かがやき練習会

※カテゴリーの一覧

メインページ(分割)
メインページ(6頁)
メインページ(7頁)
メインページ(8頁)
メインページ(9頁)
メインページ(10頁)
メインページ(11頁)
メインページ(12頁)
メインページ(13頁)
メインページ(14頁)
メインページ(15頁)
メインページ(16頁)
メインページ(17頁)
メインページ(18頁)
メインページ(19頁)
メインページ(20頁)
メインページ(21頁)
メインページ(22頁)

ブログの検索