みらくるダンス
 .com
*****
ダンスの見どころ
トップページ
(ダンスの見どころ)
金沢の
パーティ情報
(ダンスの見どころ)
北陸3県
競技会の日程
(ダンスの見どころ)
リンク
*****
サークルかがやき
ダンス練習会
*****
みらくるダンス
・ダンスの見どころ

管理人のブログ
2019-2020
みらくるダンス
・ダンスの見どころ

管理人のブログ
2018-2019
管理人へのメール
はこちらから
*****
*****
ページの先頭へ
ページの先頭へ
みらくるダンス
 .com
*****
ダンスの見どころ
トップページ
(ダンスの見どころ)
金沢の
パーティ情報
(ダンスの見どころ)
北陸3県
競技会の日程
(ダンスの見どころ)
リンク
*****
サークルかがやき
ダンス練習会
*****
みらくるダンス
・ダンスの見どころ

管理人のブログ
2019-2020
みらくるダンス
・ダンスの見どころ

管理人のブログ
2018-2019
管理人へのメール
はこちらから
*****
*****
ページの先頭へ
ページの先頭へ
 
みらくるダンス・ダンスの見どころ管理人ブログ > メインページ(18/22 頁)


最新< 〔このページは 18/22頁〕 >最古
1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22

投稿日順 タイトル一覧カテゴリー別 タイトル一覧
2019年(令和元年)12月04日(水)
 投稿40  今日の日記1204
カテゴリー[ 今日の日記 ]  2019/12/04(水) 20:17:33  投稿者:sanzo

たまには、毎日休まずに、日記を書いてみましょう・・・ということで、

日曜日に、競技会を見に行ったとき、ラテンのプロの先生が廊下で、カラダを動かしてた。
近くを通り過ぎるとき、ある種の「オーラ」を感じた。

試合の前のプロの先生から「オーラ」を感じることは、よくある。
みているだけなのに、なんで、独特な雰囲気を感じる。
なんとも、不思議です。

で、普通のブログだと、ここで話が終わる。
「当たり障りの無い、短い文章で、良かったね!」と褒めて貰える。

だけど、話は、ここで終わらない。 多くの人に、読み飛ばされる。

試合前のプロの先生から、「オーラ」を感じるのであれば、
「一番強く、オーラが出ているのは、カラダのどの部分だろうか」といって
ちらっと見ながら、廊下を通り過ぎる。

カラダの中から発生しているであろうオーラが、腕を通って、指先から出ているような感じする。
競技会で、ラテン種目で勝ち上がるには、そういうものが、必要なんだろね。

で、話はまだ終わらない。
ここで終われば、素直な人間として、評価されるのだが、ここで終わらないので嫌われる。

社交ダンスのラテンのプロの先生が発する「オーラ」と似たようなモノに、
合気道の「気(合気?)」とか、太極拳の「勁(けい)」というのがある。

ラテンの先生のオーラと、「合気」「勁」は、どこがどう違うのだろうか?
これ、考えていくと、すごく、おもしろいです。

 この投稿への コメントは 0 件 です。
 
←←現在の順位を確認できます


2019年(令和元年)12月03日(火)
 投稿38  今日の日記1203
カテゴリー[ 今日の日記 ]  2019/12/03(火) 20:11:34  投稿者:sanzo

毎日、投稿していると、さすがに疲れてくる。

他人を褒めちぎる文章とか、あたりさわりの無い文章なら、簡単に書けるけど、
他人に批判的な文章を書くのは、ものすごく気を遣うし、ものすごく時間が掛かる。

たまには、音楽でも聴いて、気分転換。

やっぱり、12月は、これだな。

どうでもいい話だけど、ブログを書いているパソコンに繋がってるスピーカーは、三菱DIATONE の DS-503。
購入してから、35年くらい使ってるけど、まだまだ現役。
繊細な音じゃないけど、聞いていて疲れない音なので、ずっと使ってます。
当時、左右2本で 25万円くらいだったような。



追記:22時55分

いまから、明日のブログの原稿を書いてから、寝ます。

 この投稿への コメントは 0 件 です。
 
←←現在の順位を確認できます


 投稿37  社交ダンス 超!入門 その5
カテゴリー[ 社交ダンス 超!入門 ]  2019/12/03(火) 14:05:25  投稿者:sanzo

今回も、パソコンの前でカラダをほぐしてから、本題に入りましょう。

左足と右足を交互に、膝を軽く持ち上げます(英語で言えば、ニーアップ)
反対の足で、ぎゅぅ~ッっと床を踏み込みます(英語でいえば、フット・プレッシャー)

社交ダンス未経験者も、熟練ダンサーも関係ありません。

これだけで、社交ダンスにおける「ニーアップ」と「フット・プレッシャー」という高等テクニックを取得することができるのですから、驚きです。
(さらに、社交ダンスでは、さまざまな「想定外」が起きるところが、面白いところ)

a55.png

ここで面白いのは、まったく異なる2種類の「ニーアップ」と、2種類の「フット・プレッシャー」が存在することです。
どちらの動きも、「膝を持ち上げる」「床を踏み込む」という条件を、完璧にクリアーしています。

2つあるうち、「正しい社交ダンス」は、どちらなのか?
いわゆる「日本の社交ダンス」においては、どちらが「正しい」とされているのか?
正規のプロ教師免許を持っている、日本のプロ教師は、どちらが「正しい」として、教えているのか?

本場のイギリス留学を何度も繰り返している「日本のトップクラスのプロ教師」は、どのように教えているのだろうか?
トップクラスのプロ教師が書いた本を引用して、検証してみたいと思います。

dtr084aa.png

「歩く動作」つまり「2本足の通常歩行」を、
後ろにある足を前に出していく運動、
あえてクソ難しく言えば、支え足より後方ににある「動く足」を「支え足」に引き寄せて、さらに、「動く足」を「支え足」よりも前方に出していく運動

だと考えた場合、堀口先生が説明している「初めに腿(もも)が上がって...」という動きにはなり得ません。
おそらくは、足の指(厳密には足の指の付け根)を伸ばしながら、土踏まずのアーチを作ることで、足は円滑に動きだすと考えるのが自然だと思います。

プロ教師の中には、「人間の通常歩行は、両足が揃うタイミングでカラダ全体を完全に静止させ、両足が揃ったところから始まる運動なのだ!」と、強引に主張する人もいますが、仮にそうであったとしても「初めに腿(もも)が上がって...」という動きが、絶対的に正しいとは言い切れません。

dtr084bb.png

太腿(ふともも)を持ち上げた場合、反対側の足(支え足)の土踏まずは、潰れてしまい、足の裏全体の「ベタ踏み」になってしまいます。

で、ここで着目しておきたいことは、「椅子に座った姿勢」で、「ニーアップ」の説明をしているという点。

椅子に座って体重を足の裏から外してしまうと、「土踏まずのアーチ」の変化は、上半身(ボディ)には伝わりませんし、そもそも、土踏まずのアーチが作れません。当然、反対側の足にも伝わりません。
いずれにしても、日本のプロ教師が教える社交ダンスにおいては、「ニーアップ」と「土踏まずのアーチの変化」は、全く無関係だという認識のもとで「社交ダンス」を教えているということになります。

shino020b.png

日本が誇るトッププロから、「足で床をしっかりと押し...」という指導を受けた時、
土踏まずのアーチを最大にして、踝(くるぶし)に体重を掛けると、床を踏む感触は最大になる
という意味で受け取る人は、どれくらいいるでしょうか。
100人の生徒がいたとしても、そう受け取る人は、せいぜい1人か2人だと思います。

多くの人は、
 土踏まずを押し潰して、足の裏全体を使って、床をベタ踏みで立ち、
 足首をカチンカチンに固めて、、足首の前端(足の甲)の一点に、体重を集中させて立つ

という立ち方をするように思います。

「踝(くるぶし)に体重を乗せている、普段の片足立ち」よりも、「足首の前端の一点に体重を集中させた片足立ち」の方が、床を踏みつける感覚は強くなりますから、「土踏まずのアーチを最大化する」というポイントを見落してしまうと、
ほとんどの人は、後者の解釈で受け取るように思います。

-*-

どうでしょうか?
いわゆる「日本の社交ダンス」における「もっとも基礎となる部分」を理解していただくことは出来たでしょうか?

これから、社交ダンスを始められる方は、「2つのニーアップ」「2つのフットプレッシャー」の違いについて、「先生が指導しているのは、どちらなのか?」ということに、最大限の注意を払いながら、社交ダンスを始められることをお勧めします。

次回は、なぜ「日本の社交ダンス」「日本のプロ教師」に対して、疑問を投げかける人が一人もいないのか?
あきらかに2つのニーアップが存在するのに、日本国内が「片足立ち」に統一されているのか?
このあたりの謎について、触れていきたいと思います。



連載「社交ダンス 超!入門」シリーズを読んで、
 日本のプロ教師が教える、いわゆる「日本の社交ダンス」について、
なんらかの疑問を持たれた方がいらっしゃいましたら、
「人気ブログランキング」での応援(クリック)をしていただけると、ありがたく思います。

 この投稿への コメントは 0 件 です。
 
←←現在の順位を確認できます


2019年(令和元年)12月02日(月)
 投稿36  競技会いってきました
カテゴリー[ 徒然(つれづれ)に ]  2019/12/02(月) 10:09:11  投稿者:sanzo

昨日は、(地元、金沢の)JCFの競技会にいってきました。
家から3kmくらいのところにあるホテルのフロアー。

最前列の椅子に座って、ゆったりと関東や関西からのプロ選手を見ることができたのは、
すごく良かったです。

「子供」「高齢のアマチュア競技選手」「プロ」に3等分されていて、見る側にすれば最高。
ヒート数が少ないが幸いして、見ていても、飽きが来ない。
プロのオープン戦は、4種目を、予選・準決勝戦・決勝戦と、繰り返しみることができる。

こんなのを見るの、都会では無理でしょうから、地方ならではの特権。
勉強するのには最高の環境。 正直、見ているだけで、ものすごい贅沢感がある。

で、最初が、こどもの「メレンゲ」と「サルサ」
なんで、こんなものが、競技になってるのか??
これ、疑問に思っていたけど、こどもの競技会をみて、疑問が氷解した。

ルンバやチャチャチャを(ラテンの)クローズド・ホールドで踊っても、競技にならない。
だがしかし、「メレンゲ」や「サルサ」は、クローズド・ホールドでの競技が成立する。
そして、「メレンゲ」をチャチャチャに、「サルサ」をサンバに展開できるとすれば、
もしかして、これは、「教え方の王道」に近いモノがあるのかもしれない。

社交ダンスの原点を探っていくと
  「靴の中で、土踏まずのアーチを作り、アーチの変化でボディを動かす」のか、
  「靴の中で、土踏まずを押し潰し、靴のヒールを持ち上げて、動く」のか
2つのうち、どちらの道を選んで、それを追求していくことなんだろうと思います。

メレンゲ・サルサで、足の裏の使い方が決まれば、それが原点になるように思います。
良い先生に習えば、こどもは、どんどん伸びて行くはず。

こどもは競技会をみるまでは、さすがに、ここまでは、気づかなかった。

-*-

そうやって、あれこれ考えると、「最悪なプロ教師」が教える、「最悪な社交ダンスの習い方」と
いうものが、おのずと見えてくるように思います。

〔最悪その1〕土踏まずのアーチが作りにくい(土踏まずが潰れやすい)、
   スタンダードのシューズ(もしくは兼用シューズ)を履いて
   初心者の頃から、ルンバウォークの前進・後退を、ひたすら練習する。

〔最悪その2〕ジルバの動きの延長として、サルサの複雑な動きを習う。
   千手観音みたいに、複雑な手の動きを、必死に暗記しようとする。

自分自身、こんな感じの「最悪な習い方」をしていて、後戻りできなくなってるので、
こどもが踊ってる姿を見て、クローズド・ホールドから始めることの重要性を再認識しました。
(クローズドホールドでは、足の裏の使い方の違いが、カラダ全体に伝わりやすいから、
 教える方も習う方も、間違いに気づきやすいと思います。)

で、こどもの競技の次の種目は、プロのラテン。
なんか、すごい!
どう見ても、ふだん見ているアマチュアの踊りとは、ぜんぜん違う。

プロのラテンを一目みて、即座に、実感したことは、
  自分自身「最悪な習い方をして、もはや後戻りできない!」と悟った瞬間に、
  早い段階で、ラテンを捨てたのは、正解だった!
ということ。
出来ないと思ったら「捨てる」こと。変な未練を持つと、他人への執着心になる。
出来ないモノは「思い切って捨てる」。そして、出来ることを学ぶ。
これが、理想なのかな・・・・とか、感じました。

これで「競技会いってきました」のラテンの部の報告、おわり。



追伸:
人気ブログランキングは、現在、17位に転落中。
バナーをクリックすると、現在の順位を確認できます。
(クリック1回が10ポイントになり、それで順位がきまります)
(1日1回で10ポイント、1日2回クリックしても10ポイントです)

 この投稿への コメントは 0 件 です。
 
←←現在の順位を確認できます


2019年(令和元年)12月01日(日)
 投稿35  今日の日記1201
カテゴリー[ 今日の日記 ]  2019/12/01(日) 21:38:13  投稿者:sanzo

朝、かがやき練習会の会場確保。
早めに昼飯を食べて、バスで片町。香林坊の東急ホテルに到着。

午後の部の競技会を見たあと、尾山神社にお参りして、カレーを食べて(ちょっと食べ過ぎ)、
満腹状態で、夜の部の競技会を見てきました。

ダンスタイムがあるというので、一応、ダンスシューズを持って行ったのですが、ほとんど踊れず。
地元(家から3km程度の場所)であるにも関わらず、知っている人がほとんどいない!
なんというか、超!アウェイな異次元空間。


プロのダンスは見ていて勉強になる。
だけど、一人で行って楽しいか?と聞かれると、正直、ちっとも楽しくない。

生演奏で、踊りたいのに、踊れずに、ボケーーっとしているのは、なんとも情けない。
やっぱり、社交ダンスは、自分が踊って楽しむのが一番だな。

追伸:
人気ブログランキングの16位争い、やってます。
上も下もプロ教師のブログ。
いい加減なこと、かけない。身が引き締まる気分。

 この投稿への コメントは 0 件 です。
 
←←現在の順位を確認できます


 投稿34  かがやき練習会3月分の会場を確保しました。
カテゴリー[ かがやき練習会 ]  2019/12/01(日) 09:54:32  投稿者:sanzo

かがやき練習会、3月分の会場を確保しました。

2020年3月15日(日)
2020年3月22日(日)
の2回になります。

「採算割れ」を回避するため、他の安価なパーティと重複する場合には、
容赦無く、かがやき練習会を「中止」する可能性がありますので、ご注意ください。
(一件、問い合わせ、確認中です)

 この投稿への コメントは 0 件 です。
 
←←現在の順位を確認できます


2019年(令和元年)11月30日(土)
 投稿33  今日の日記1130
カテゴリー[ 今日の日記 ]  2019/11/30(土) 20:03:17  投稿者:sanzo

11月も、今日で終わり。 はやいもので、明日から12月。
風邪を引かないように、ファンヒーターの暖房を強めにして、暖かくしています。

明日の朝は、「かがやき練習会の会場確保(3月分)」
そのあと、帰ってきて早めに昼飯を食べて、
JCFの競技会を見に行きます。

練習をお休みにして、競技会を見に行って、他人の踊るのを、ぼけ~っと見ていても
上手にならないような気がするけど、たまには、そういうのもいいかな・・・と。

それはそうと。。。

表舞台に立つ人は、早い時期から表舞台に立っているし、
裏方やってる人は、死ぬまで裏方。決して、表舞台に立つことがない。

石川賢はのダンス界は、ダンスを始める時点から、明らかな格差がある。
上級国民と、ド貧民。。。と言ったところだろうか。
上手とか下手とか、そんなのは無関係な、おかしな差別みたいなモノがあるからね。

裏方は、まともな服を着て、踊ることさえも、許されない雰囲気あるかな。
ちょっとでも、目立つと、ぶっ叩かれる。
出来ることなら、ボロボロの服、毛玉だらけのセーター、すり切れたズボン、破れた靴
という身なりで、行きたいのだが、ホテルが会場だと、そういうわけにいかなし。

なんか、気が重い。

 この投稿への コメントは 0 件 です。
 
←←現在の順位を確認できます


2019年(令和元年)11月29日(金)
 投稿32  社交ダンス 超!入門 その4
カテゴリー[ 社交ダンス 超!入門 ]  2019/11/29(金) 17:44:10  投稿者:sanzo

前回の続きです。
社交ダンスの経験の無い人にも、社交ダンスを楽しんでいる人にも、パソコンの前で簡単にできる「動きの検証」です。

前回同様
左足と右足を交互に、膝を軽く持ち上げます(英語で言えば、ニーアップ)
そして、今回は、膝を持ち上げるのと同時に
反対の足で、ぎゅぅ~ッっと床を踏み込みます。(英語でいえば、フット・プレッシャー)

今回も、やることは、それだけです。
2本足で歩ける人なら、誰でも出来ると思います。

腕の位置は自由です。 腕を降ろしていても良いですし、自由に動かしてもOK
社交ダンスをやっている人は、普段のホールドの腕の位置でもOKです。

a2.png

膝を持ち上がる動作、床を踏み込む動作は、だれがやっても、同じように見えるかもしれません。

しかしながら、同じように見える動きであっても、カラダの使い方は、大きく分けて2種類の動きに別れます。
「社交ダンスを始める」前に、下の2つの動きの相違点を、把握しておくことは重要です。
(少なくとも、どちらのタイプの先生に習いたいかを、自分なりに決めておくべきです)

a4.png
こちらは、直感的に理解しやすい、カラダの使い方。
膝(ひざ)を持ち上げるためには、太腿(ふともも)の裏側を持ち上げてやればいい。
太腿(太腿)と踵(ヒール)を同時に持ち上げてやれば、膝は簡単に上がります。

踏み込む「反対の足」は、足首を少し曲げて、足首に体重を集中して掛けてやれば、
体感的には、体重の2倍~3倍くらいの力で床を踏み込むような感覚になります。

バランスは、片方の太腿を持ち上げてるのですから、「片足・集中バランス」です。

a3.png
こちらは足の指(指の付け根)を伸ばして、土踏まずを持ち上げて(土踏まずをカラダの中に引き込んで)やれば、結果的に膝が持ち上がる・・・という考え方です。

土踏まずを引き込んだまま(土踏まずのアーチを作ったまま)で、踝(くるぶし)に体重を掛けてやれば、体感的に「床を思いっきり踏み込んでいる感覚」を得ることが出来ます。
「土踏まずを引き込む」のは「上方向」であり、「踝(くるぶし)に掛ける体重」は「下方向」。
「土踏まずを引き込む力」を最大化すれば、「床を踏み込む力の感覚」も最大化します。

両足に「土踏まずを引き込む力」が掛かるので、体感的には「常に、両足に体重を分配して掛けている感覚」「常に、中間バランスをキープせよ!」という感じでしょうか。

-*-

上記の2つの例を比較すると、重要なことに気づくハズです。
2つの例は、まるっきり異なる動き・相反する動きをしているにも関わらず、
 「左右の膝を、交互に持ち上げる」「反対の足で足で床を、強く踏み込む」
という2つの条件を、どちらもクリアーしている・・・ということです。

これは、「土踏まずを押し潰して、足の裏を床に貼り付ける」立ち方でも「土踏まずのアーチを最大化」させる立ち方でも、「社交ダンスを、楽しく踊ることができる」ことを意味すると同時に、「自分の踊りは、完璧に正しいのだ!」という錯覚に陥りやすい・・・とも言えます。

じゃぁ、「日本のプロ教師」が教える「社交ダンスのカリキュラム」は、どちらのを採用しているのでしょうか??
貴重な時間と、大切なお金を使って、社交ダンスを習う時には、このあたりを、しっかりと検証しておく必要があります。

日本のトッププロの著書を読み解けば、「日本の社交ダンス」の姿が見えてきます。

次回に続きます。

 この投稿への コメントは 0 件 です。
 
←←現在の順位を確認できます




最新< 〔このページは 18/22頁〕 >最古
1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22

投稿日順 タイトル一覧カテゴリー別 タイトル一覧


  以前のページに戻る  ↑このページの先頭へ 

 
ブログのメニュー
ブログのトップページ
カテゴリーの一覧
全投稿のタイトル一覧

メインページ(分割)
メインページ(1頁)
メインページ(2頁)
メインページ(3頁)
メインページ(4頁)
メインページ(5頁)
メインページ(6頁)
メインページ(7頁)
メインページ(8頁)
メインページ(9頁)
メインページ(10頁)
メインページ(11頁)
メインページ(12頁)
メインページ(13頁)
メインページ(14頁)
メインページ(15頁)
メインページ(16頁)
メインページ(17頁)
メインページ(18頁)
メインページ(19頁)
メインページ(20頁)
メインページ(21頁)
メインページ(22頁)

カテゴリー
社交ダンス 超!入門
お知らせ
かがやき練習会
徒然(つれづれ)に
諸行無常
今日の日記
Ballroom Fitness みらい

※カテゴリーの一覧

月別アーカイブ(保存庫)
2020年3月分の投稿
2020年2月分の投稿
2020年1月分の投稿
2019年12月分の投稿
2019年11月分の投稿

※全投稿のタイトル一覧

最近の投稿(エントリー)
【注意】福井県で感染拡大、要注意!
首都圏脱出組 と 宿泊キャンペーン
貨幣価値が麻痺してくるぞ!
競技の採点基準を変えるチャンス?
北陸3県は安全圏?
ダンス教師も、コロナ感染か
株価爆上げ、五輪延期
東京の状況、さっぱり見えない!
逆転の発想!練習不要で上達するぞ!
三連休

コメントのある投稿
コメント投稿が可能になりました
コメント投稿が可能になりました
コメント投稿が可能になりました
(最新の10件を表示)

ブログの検索