みらくるダンス
 .com
*****
ダンスの見どころ
トップページ
(ダンスの見どころ)
金沢の
パーティ情報
(ダンスの見どころ)
北陸3県
競技会の日程
(ダンスの見どころ)
リンク
*****
サークルかがやき
ダンス練習会
*****
みらくるダンス
・ダンスの見どころ

管理人のブログ
2019-2020
みらくるダンス
・ダンスの見どころ

管理人のブログ
2018-2019
管理人へのメール
はこちらから
*****
*****
ページの先頭へ
ページの先頭へ
みらくるダンス
 .com
*****
ダンスの見どころ
トップページ
(ダンスの見どころ)
金沢の
パーティ情報
(ダンスの見どころ)
北陸3県
競技会の日程
(ダンスの見どころ)
リンク
*****
サークルかがやき
ダンス練習会
*****
みらくるダンス
・ダンスの見どころ

管理人のブログ
2019-2020
みらくるダンス
・ダンスの見どころ

管理人のブログ
2018-2019
管理人へのメール
はこちらから
*****
*****
ページの先頭へ
ページの先頭へ
 
みらくるダンス・ダンスの見どころ管理人ブログ > メインページ(19/22 頁)


最新< 〔このページは 19/22頁〕 >最古
1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22

投稿日順 タイトル一覧カテゴリー別 タイトル一覧
 投稿31  今日の日記1128
カテゴリー[ 今日の日記 ]  2019/11/29(金) 01:43:55  投稿者:sanzo

人気ブログランキング、16~19位あたりをウロウロしてます。 全然、上がってこないですね。

山形の、ダンサー裕美先生の動画、あたらしいのが出たので、見てみたのですが、
「器用というか、絶対にマネできない」というか、目から鱗!
日本のプロの先生の踊り方は、自分の想像を絶する動きになってることが多いのですが、
今回は、まさに想定外でした。

タンゴの男性のPPの姿勢。
「男性の右上腕を外旋」とか言ってるけど、右腕に、女性の体重が瞬発的に掛かったら、
右腕、ぶっ壊れないか?  病院行きになりそうで、自分だったら、マネできない。

正直、こんなPPでのホールドの作り方、想像すらしてなかった。



5分49秒~54票の、「ダメ」な姿勢、再現するの、難しそうです。

いくら「ダメ」な姿勢と言っても、ほんとうに、タンゴのPPで、
こんな姿勢・・・というより、こんな、右腕の位置になるのかな?

正しい姿勢の、6分01秒のホールドも、なんだか、苦しそうな感じ。
一見、正しそうに見えるけど、女性の背中は、もっと低い位置にある。
6分01秒のホールド(上腕外旋)から、右腕を降ろしていくと、肩に強烈な負担が掛かりそうな気がするが、どうだろうか?


タンゴのPPで、「初心者の男性がPPからの一歩目で右肩が飛び出て、カラダが捻れる」原因は、
  左足の土踏まずのアーチが潰れて、「足の裏のベタ踏み」で左足の足の裏全体に体重を掛けている。
ことから派生しているトラブルだと考えるのですが、違うのかな?

 この投稿への コメントは 0 件 です。
 
←←現在の順位を確認できます


2019年(令和元年)11月28日(木)
 投稿30  社交ダンス 超!入門 その3
カテゴリー[ 社交ダンス 超!入門 ]  2019/11/28(木) 08:46:27  投稿者:sanzo

「社交ダンスを始める前に、やっておいたほうがいいんじゃないか!」というのがこれ。
裸足(はだし)で、パソコンの前で、30秒あればも、出来ること。

左右交互に、軽く膝を持ち上げてみる」 英語で言えば「ニーアップ/knee up」
やることは、それだけです。
2本足で歩ける人なら、誰でも出来ると思います。

腕の位置は自由です。 腕を降ろしていても良いですし、自由に動かしてもOK
社交ダンスをやっている人は、普段のホールドの腕の位置でもOKです。
腕の使いかた、というより、骨盤より上(上半身)は、好きなようにに動かしてOKです。

a2.png

こんな単純な動き! 自分を含めた「全員」が同じ動きをするはずだ!
・・そう考えるのは大間違い。
見かけ(外見)上は、同じに見えても、カラダの内部の筋肉の動きが、他の人と同じだとは限りません。
むしろ「全体の何割かは、他の人と全く異なる動きをしている」はずです。

「腕(肘)を持ち上げた姿勢で、膝を持ち上げなさい!」と言われた場合、「多数派」になると思われるのは、こんな感じの動きだろうと思います。

膝(ひざ/knee)を持ち上げるためには、太腿(ふともも)を持ち上げてやればいいんだ!
太腿(ふともも)の裏側、ハムストリングスと呼ばれる場所を持ち上げてやれば、膝は持ち上がります。
膝の裏側と同時に、踵(かかと/heel)を持ち上げるようにすれば、安定して立つことができます。

まさに、誰にでも出来る動き! これなら、簡単ですよね。

ところが、10人、20人と、人が集まってくれば、他人とは違う動きをする「へそ曲がりな人」人が出てきます。 そういう人は、たぶん、こんな感じですね。

意識的に膝を持ち上げるのは面倒くさい。結果的に膝が上がればそれでいい。
足の指(指の付け根)を遠くへ伸ばし、土踏まずをカラダの中に引き込む(持ち上げた足の土踏まずのアーチを作る)ようにすれば、自然に膝は持ち上がる。

膝を持ち上げようとせず、むしろ膝の上から膝を押さえ込んで、土踏まずをカラダの中に引き込もうとした方が、安定した姿勢を保てるはずだ・・・という具合です。

どちらの方法でも、膝を持ち上げることは、できます。
じゃぁ、「膝を持ち上げる」方法は、どちらの方法が良いのでしょうか?
パソコンの前で、膝を持ち上げたときの動作は、どうだったでしょうか?


ここで、前回、言ったことを、思い出してみましょう!
日本の社交ダンス教室(日本のプロの先生が教える社交ダンス)のカリキュラムは、
 「子供からお年寄りまで、みんなで仲良く、同じ基礎で同じダンスを踊りましょう!」
 「初心者にも上級者にも、練習しない人にも練習する人にも、同じことを教えましょう!」
という考え方に基づいて、教える仕組みになっている・・・ということです。

シロウト受けして、誰にでも出来る動きをベースとした社交ダンス教室に、生徒が殺到する。
そして、すべての日本人が「同じ基礎をベースとした社交ダンス」を、みんな平等に、仲良く踊ることが出来る...ハズなんですよね、本来ならば。
昭和から平成にかけての日本の社交ダンスは、そういう仕組みの上に成り立ってます。

令和の時代の社交ダンス、ほんとうに、それでよいのでしょうか?
次回は、両者の違いを、もう少し詳しく説明していきます。

 この投稿への コメントは 0 件 です。
 
←←現在の順位を確認できます


2019年(令和元年)11月27日(水)
 投稿29  今日の日記1127
カテゴリー[ 今日の日記 ]  2019/11/27(水) 21:39:47  投稿者:sanzo

23日に参戦した『人気ブログ・ランキング』の社交ダンス部門。

現在、なんとか、19位まで浮上してきた。
とは言うものの、わが「管理人ブログ」。
現状では、このあたりが限度かな。
どう考えても、10位とか、絶対に無理っぽい。
(右下のバナーをクリックすると、ランクを見ることができます)

上位に、生き残ってるのって、「都会の人のブログ」がほとんどで、
しかも「プロ教師のブログ」が多い。

以前、ゆーじさんがやってた、富山県砺波市の「銀の花ブログ」には、遠く及ばない。
富山のダンスホールのブログが、確か、5位くらいを維持してたはずで、
今考えても「銀の花ブログ」は、すごかったんだな。。。と思う。
印象に残ってる記事は、S女3人組だったか、M女3人組だったか・・・どっちだっけ?
まぁ、そんなの、どうでもいいや。


他人は他人、自分は自分。

ともかく、「自分に出来ること」を、淡々と実行するだけ。
他人を頼ってはいけない。
ブログ・ランキングが、どうなるか知らないけど、プロ教師とは違う視線で、ブログを書き続ける。

「かがやき練習会」やっても、採算割れになるし、
採算割れの状況で、続けるだけの体力もないし。
でも、「かがやき練習会」がなくなったら、マジで、ダンスシューズ履く場所が無くなる。
まぁ、父親が死んだときの香典が残ってるので、それを食いつぶして、CD買ったりしてるので、しばらくは、赤字が出ても「かがやき練習会」は、続ける予定だけどね。

ともかく、今、自分に、できることをやる。
それだけかな。

 この投稿への コメントは 0 件 です。
 
←←現在の順位を確認できます


2019年(令和元年)11月26日(火)
 投稿28  今日の日記1126
カテゴリー[ 今日の日記 ]  2019/11/26(火) 19:40:02  投稿者:sanzo

連載「社交ダンス 超!入門」の続きを書きたいところですが、諸般の事情で、後日にします。
(説明のためのイラストを書く必要があり、そのためには写真を撮る必要がある。しかしながら部屋を片付けないと写真を撮れない。 どうしたものか!)

別件で youtube の動画を探していたら、おもしろい動画を見つけました。




なんで、こんなにボケてるの!? ってくらい、画質がわるいボケボケ画像。
でもって、見方によっては3拍子の1拍目の足が、極端に遅れているようにも見える。

さて、正解はどれでしょう?
A.根本的に、映像と音声がズレれている。なので、踊りと音楽はズレて見える。
B.映像と音楽は一致している。だけど男性は音楽が取れない致命的な音痴である。
C.映像と音楽は一致している。そして男性の音楽の取り方も正しい。
さて、正解は、どれでしょう?

ところで・・・

2歩目の足を、思いっきり床に擦りつけているようで、「ズズズズズ~ぅ」って感じで
靴底と床がこすれる音が聞こえますね。
これ、床の板目を横切るときの凸凹した感触が、足の裏の伝わって気持ちよさそう。
・・・というのが個人的な感想。
床の板目に沿って踊るか、床の板目を横切る方向に踊るかで、踊りが変わる。面白さも変わる。

この男性を見ていると、狭い場所で、おもいっきり、ダンスを楽しんでいる感じがする。

だけど、この男性「お下品」とか言われて、あとでこっぴどく叱られそうですね。
スウィングする時は、支え足にのってから、動く足の体重をゼロにしてスウィングしなさい!
一歩一歩、支え足にのったら、音は出ないでしょ!・・・という具合の指導を受けそうです。
動画の最後に出てくる、周囲の人たちの「申し訳程度の拍手」が、なんとも虚しい。

トロトロとした鈍い動きと、ゆる~い感じの踊り。
しかも、靴底で床を擦りつける音を立てながら踊る「お下品」の極地。

シワシワの服と、ボロボロの靴を履いて踊ったら、ヘタクソ!という罵声が飛んできそう。
最初の「ランニング・スピンターン」など、ダイナミックさもなければ、激しさのカケラも感じない。
こんな踊りをしてたら、誰からも(特に競技選手からは)相手にされないだろう。
これこそ、悪い見本!

「自分を、大きく見せよう!」というという欲が無い。
こんなぬるい踊りでは、競技では勝てない! 審査員に無視される!
それ以前に、こんな踊りをしてたのでは、誰も感心を示さないだろう。

でも、高齢者がたくさんいるパーティとかだと、こういう踊りは、よいかもしれない。
ぶつかっても、痛くないから。
個人的には、理想的な踊りに近いな・・・・とは思うけど、そう感じる人はごく少数だと思う。
ほとんどの人は、こんな男性の踊り、眼中に無し! って感じかな。

いろいろ悪口書いたけど、この動画で踊ってる男性、誰?? とか言ってみる。
もしかして、プロ免許を持っている、プロの先生だったら、怖いなって(笑)

あ~ぁ、こわ~ぁ。。。。

 この投稿への コメントは 0 件 です。
 
←←現在の順位を確認できます


2019年(令和元年)11月25日(月)
 投稿27  今日の日記1125
カテゴリー[ 今日の日記 ]  2019/11/25(月) 19:36:11  投稿者:sanzo

大阪のロイヤルダンス同好会のホームページ(パーティ情報)を更新しました。
長い間続いてきた「綿業会館」のパーティは、12月で終わるみたいですね。(12月7日が最終回)

ところで・・・・

「全関西ダンス情報誌 ROYAL」 の中に入っている広告の中に、
金沢港発着の豪華客船を使った「ダンス・クルーズ」の案内がのってた。
5日間のダンスクルーズ。(来年の7月29日~8月3日って書いてある)

金沢から、行く人、どのくらい、いるんだろうか?

社交ダンスを踊り人は、お金のある人と、お金の無い人
ダンスを楽しめる人と、楽しめない人、どんどん2極化していくような気がする。

 この投稿への コメントは 0 件 です。
 
←←現在の順位を確認できます


2019年(令和元年)11月24日(日)
 投稿26  今日の日記1124
カテゴリー[ 今日の日記 ]  2019/11/24(日) 20:36:54  投稿者:sanzo

アマゾンで、「ラテン・イラストレッスン」の中古本を購入。
「表紙にスレあり」と書いてあったけど、中身は、新品同様!!

book1.jpg

これで、モダンとラテンが揃った。どちらも、新品同様。
永久保存版・・・かな。

「ダンスをやってる人の宝物」として、死ぬまで保管しておく必要がある・・・かも。
10年後くらいには、プレミアがついて、くらいで売れるような気がするが、どうだろうか?

-*-*-

地方に住んでいると、「ダンス滅亡」の時期が近づいているという危機感は半端ない。
いくら新幹線が出来たとは言え、「北陸」は鎖国しているようなもの。
ダンスでいえば、東京からも、大阪からも、遙かに遠い「僻地」だからね。

外国人の youtube 動画を見ても、マジで、クソの役にもたたない。
外国人の動画なんてものは、見れば見るほど、ダンスが踊れなくなってくる。

そんなものを見てたら、マジで、踊る相手がいなくなる。
昔の踊り(それも、個人レッスンじゃなくて、カルチャー教室の踊り)を覚えた人だけが生き残る。
外国人の踊り? 東京の踊り? そんなものを、見てはいけない。
そんなものを見てたら、マジで、踊る相手がいなくなる。

この先、生き残るためにはどうするか?

昭和から平成初期の「日本人プロ教師」の本を読んで、当時の読者はどのように解釈したか? を考える。
「自分はどう解釈するか?」ではなく「当時の読者はどう解釈したか?」 それを考える。

昭和の踊りを想像し、昭和の踊りを研究して、極限まで、昭和の踊りに合わせる。
それが出来なければ、ダンスシューズを履くことさえ、許されない!
地方の社交ダンスの環境なんて、金沢に限らず、どこも、そんな感じだろうと思う。


一部のダンス教室では、生き残りをかけて、『●●才以上の人は、入ってはいけません』というふうに
一律で、一定の年齢以上の人を、シャットアウトして、ダンスの普及活動(レッスンやパーティ)をやっています。
これが、なにを意味するのか?

個人個人で分別するのでは無く、「●●才以上のダンス愛好者の踊りは、見るまでも無く、クソに決まっている!」
と言わんばかりに、踊ってる姿をみることもなく、一定以上の人間は、問答無用で、捨てられているってこと。

残酷な話である。 これほど、人を馬鹿にした話はあるだろうか?
見捨てられた「クソな踊り」を生徒に教えたのも、プロ教師なのに。
多くの人は、気づいている・・・と思う。 だけど、だれも、それをいわない。

 この投稿への コメントは 0 件 です。
 
←←現在の順位を確認できます


2019年(令和元年)11月23日(土)
 投稿25  今日の日記1123
カテゴリー[ 今日の日記 ]  2019/11/23(土) 23:23:36  投稿者:sanzo

今日は、当「管理人ブログ」を、社交ダンスの「ブログランキング」に登録して、他の人のブログを読んでました。
他の人のブログ、文字が小さくしているブログが多いですね。


社交ダンスランキング

バナー(投稿ごとの右下にバナーをつけてあります)をクリックすると、10ポイントずつ
入る仕組みになっているので、バナーをクリックして、人気ブログのランキングを見てみてください。
(現時点では、自分以外、ほとんど誰もクリックしていないようで、現在は30ポイント)

ランキングは、現在 51位になってます。
この先、どうなるか? 状況を見守っていきたいと思います。


それにしても、プロの先生のブログも含めて、全国的に見ても、社交ダンスをやってる人のブログ
どんどん、減って行くんだろうな。

芸能人の社交ダンスとか、膨大なカネを掛けているわりには、ほとんど「普及」する要素がなく、
どんどん、ダンスを踊る環境が悪化していく。
トップに立っている人たちの思考回路が、根本的に間違ってる...ってことなんだろうね。

本来、生徒に希望を与えて、愛好者を増やすのが、本来のプロ教師の仕事なんだろうけど、
地元のプロ教師の姿をみていても、希望のカケラも感じられないところが、困ったところ。

 この投稿への コメントは 0 件 です。
 
←←現在の順位を確認できます


 投稿24  社交ダンス 超!入門 その2
カテゴリー[ 社交ダンス 超!入門 ]  2019/11/23(土) 12:20:11  投稿者:sanzo

前回の続きです。
社交ダンスに関する素朴な疑問。

なぜ、社交ダンス(スタンダード)の女性は、アタマを左に倒した「左右非対称」な姿勢で踊り続けることが出来るのか? 女性は、カラダのどこで、どうやってバランスを取っているのだろうか?

そして、「男性が主役になる社交ダンス」と「女性が主役になる社交ダンス」は、どこが違うのだろうか?

irvine_lady.png

「女性が主役」という前提で、絵に書いてある「二つの楕円形」の定義を成立させようとすれば、
  「主役である女性」は、外側の「大きな楕円」を動いていきます。
  「脇役である男性」は、内側の「小さな楕円」を意識して動きます。

ということになります。

どうすればいいか?
絵に緑色の「見えない線」を書き込むだけで、男女のコンタクトのイメージが一変します。

irvine_aiki.png


女性は、丹田(お腹)から、両手の指先に向かって、「力の流れ」を作ります。
そして、右腕の前腕(秘密のツボがある)から、「力の流れを横切る」形で、男女の右腹のコンタクトポイント(コモン・センター)に向かって、「見えない線」を作ります。
(女性の)右手のてのひらを少し自分の方に引き寄せながら、ほんの少し脇を引き締めると、うまくいくかもしれません。

そうすると、男性のボディは、女性がつくった「見えない線」に引き寄せられて、ボディ全体が安定します。
男性のブレは劇的に少なくなり、男性のすべてのエネルギーは「内側の楕円」に集まってきます。

とまぁ、こんな感じで説明できそうですが、こんな話、信じますか?
そもそも、「女性が作る見えない線」なんて、存在すると思いますか?
信じる人は、信じれば良いし、信じたくない人は信じなければいい話。



この動画の「男性の背中」を、注意深く背中を見ていると、
男性の背中が安定しているのは、
 姿勢が崩れないように、「強靱な十字架」をイメージして練習をしているからだ!
というふうにも見えるし、
 「男性のボディが、女性の見えない線(緑色の線)を利用してるからだ!
というふうにも見えてしまいます。

社交ダンスで重要なのは、
  もしかして、自分の知らない「重要なポイント」が、あるんじゃないか?
という疑念を持ち続けることだろうと思います。
「見る目」が変われば、踊り方が変わる・・・ということでしょうか。

ただ・・・
ここで、前回、言ったことですが、重要なことなので、もう一度いいます。

日本の社交ダンス教室(日本のプロの先生が教える社交ダンス)のカリキュラムは、
 「子供からお年寄りまで、みんなで仲良く、同じ基礎で同じダンスを踊りましょう!」
 「初心者にも上級者にも、練習しない人にも練習する人も、同じことを教えましょう!」
という考え方に基づいて、教える仕組みになっている・・・ということです。

irvine_ng2.png

初心者に合わせた方が、多くの人が集まるし、すべての人に同じダンスを教えれば、クレームも来ません。
それが正しい踊り方・・・ということになっているのが現状です。

女性は、アタマを左に倒して、両手で男性の腕に掴まってバランスを取り、
「女性は、男性の枠の中で踊っていればいい!」というのが、日本の社交ダンス。
あくまで、女性は脇役です。女性が激しいオーバーアクションを繰り返そうとも、反り返ってド派手に動こうとも、男性の腕に掴まって、男性の枠の中で踊っているのであれば、所詮は「男性が主役の踊り」になるはずです。


社交ダンスは、「楽しく踊る」ことが、一番です。
楽しく踊るために、どちらを選ぶかは、人それぞれ。
「男性が主役」なのか「女性が主役」なのか、どちらを理想とするかは、自分で決めればいいことです。

 この投稿への コメントは 0 件 です。
 
←←現在の順位を確認できます




最新< 〔このページは 19/22頁〕 >最古
1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22

投稿日順 タイトル一覧カテゴリー別 タイトル一覧


  以前のページに戻る  ↑このページの先頭へ 

 
ブログのメニュー
ブログのトップページ
カテゴリーの一覧
全投稿のタイトル一覧

メインページ(分割)
メインページ(1頁)
メインページ(2頁)
メインページ(3頁)
メインページ(4頁)
メインページ(5頁)
メインページ(6頁)
メインページ(7頁)
メインページ(8頁)
メインページ(9頁)
メインページ(10頁)
メインページ(11頁)
メインページ(12頁)
メインページ(13頁)
メインページ(14頁)
メインページ(15頁)
メインページ(16頁)
メインページ(17頁)
メインページ(18頁)
メインページ(19頁)
メインページ(20頁)
メインページ(21頁)
メインページ(22頁)

カテゴリー
社交ダンス 超!入門
お知らせ
かがやき練習会
徒然(つれづれ)に
諸行無常
今日の日記
Ballroom Fitness みらい

※カテゴリーの一覧

月別アーカイブ(保存庫)
2020年3月分の投稿
2020年2月分の投稿
2020年1月分の投稿
2019年12月分の投稿
2019年11月分の投稿

※全投稿のタイトル一覧

最近の投稿(エントリー)
【注意】福井県で感染拡大、要注意!
首都圏脱出組 と 宿泊キャンペーン
貨幣価値が麻痺してくるぞ!
競技の採点基準を変えるチャンス?
北陸3県は安全圏?
ダンス教師も、コロナ感染か
株価爆上げ、五輪延期
東京の状況、さっぱり見えない!
逆転の発想!練習不要で上達するぞ!
三連休

コメントのある投稿
コメント投稿が可能になりました
コメント投稿が可能になりました
コメント投稿が可能になりました
(最新の10件を表示)

ブログの検索