みらくるダンス
 .com
*****
ダンスの見どころ
トップページ
(ダンスの見どころ)
金沢の
パーティ情報
(ダンスの見どころ)
北陸3県
競技会の日程
(ダンスの見どころ)
リンク
*****
サークルかがやき
ダンス練習会
*****
みらくるダンス
・ダンスの見どころ

管理人のブログ
2019-2020
みらくるダンス
・ダンスの見どころ

管理人のブログ
2018-2019
管理人へのメール
はこちらから
*****
*****
ページの先頭へ
ページの先頭へ
みらくるダンス
 .com
*****
ダンスの見どころ
トップページ
(ダンスの見どころ)
金沢の
パーティ情報
(ダンスの見どころ)
北陸3県
競技会の日程
(ダンスの見どころ)
リンク
*****
サークルかがやき
ダンス練習会
*****
みらくるダンス
・ダンスの見どころ

管理人のブログ
2019-2020
みらくるダンス
・ダンスの見どころ

管理人のブログ
2018-2019
管理人へのメール
はこちらから
*****
*****
ページの先頭へ
ページの先頭へ
 
みらくるダンス・ダンスの見どころ管理人ブログ > メインページ(23/36 頁)


最新< 〔このページは 23/36頁〕 >最古
11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/32/33/34

投稿日順 タイトル一覧カテゴリー別 タイトル一覧
 投稿124  前途多難・ダンスでの感染注意!
カテゴリー[ 今日の日記 ]  2020/02/04(火) 03:17:24  投稿者:sanzo

夜、眠くなって早く寝たら、目が覚めて眠れなくなった。

新型コロナウイルス、心配ですね。

潜伏期間が1~14日と長いこと。
潜伏期間中でも感染するというころ。
非常に厄介です。

社交ダンスのダンスパーティは、年配の人が多いので、一気に広がる可能性があります。
ダンスパーティだと、マスクしないから。

万が一にも、ダンスのイベントを感染源とする重傷者や死者がでたら、
「社交ダンスは危ないモノ」というイメージが日本中に広まって、
社交ダンスは一気に廃れてしまいます。

コロナウイルスを甘く見てはいけない。甘く見ると、酷い目に遭う。

これから春~夏にかけて、ダンスパーティへの参加自粛や、
ダンスイベントの中止も視野にいれて、考えていく必要があるのかもしれない。

競技会は、無観客試合にするのも、いいかもしれない。
都会だと、選手が多いから、無観客試合でもやっていけるかな?
地方だと、採算取れないから、競技会も中止になりそうだな。

プロ組織が企画するイベントで、死者がでたら、その団体はタダでは済まない。
組織自体が崩壊する可能性がある。


せいぜい参加者100人程度の、「かがやき練習会」であっても、主催者側の責任は、半端じゃない。

その上、参加費をギリギリまで抑えてやっていると、かなり苦しいことになる。
タダでさえ、「採算割れの恐怖との戦い」をやっているところに、
7月から、会場費の値上げ(1回あたり2100円アップ)になる。
そして、今年は、主催者ひとりで、すべてを行う「ワンオペ」前提。

そこに持ってきて、コロナウイルスの心配。
八方ふさがり、前途多難。


だが、そんな中にも、救いはある。

今、株式相場を見たら、WTIの原油先物価格が、50円まで下がってきた。
一時期63円くらいまで、上がってたので2割くらい下がったかな。
原油先物価格がこのまま推移すれば、2週間後には、灯油の値段は下がるはず。

次回、灯油を買いに行くときには、今より安い値段で買える可能性が高い。
だとすれば、灯油をケチらずに、部屋を暖かくして、体調を崩さないようにしたほうがいい。

自分のカラダは、自分で守る。 これが一番!!
灯油がいまより安くなる・・・これだけが救い。

なんとも、しょぼい「救い」であるが、今は、このしょぼい救いにすがるしかない。

 この投稿への コメントは 0 件 です。
 
←←現在の順位を確認できます


2020年(令和2年)02月03日(月)
 投稿123  WDSF系列 と 軍隊格闘術システマ
カテゴリー[ 諸行無常 ]  2020/02/03(月) 10:00:00  投稿者:sanzo

世界の社交ダンスの団体には、WDCと言うのと、WDSFというのがある。
なのがどう違うのか、さっぱりわからないけど、(特にアマチュアの)踊り方の傾向に、「わりと大きな違い」があるような気がします。

じゃぁ、田舎(地方都市)の「公民館サークル」とか「70歳からの社交ダンス」とか、そんなところで教えている社交ダンスは、WDC系列の踊りなのか、WDSF系列の踊りなのかと言われると・・・・どうなんだろ!

個人的な認識としては、WDC系列の踊りは、イギリスが中心。
一方のWDSF系列の踊りは、東ヨーロッパからロシアが中心になってるのかな・・・と思ったりしてる。

そう考えていくと、WDSF系の親玉は、ロシアというか、いわゆる「おそロシア」。
個人種目であれば、オリンピックの体操とか、スケートとか、いろんなノウハウをもってると思われる。

で、社交ダンスといえば、ペアダンス。 特にスタンダード種目。
相手がいて、相手に対するリード&フォローが重要になってくる。

ロシアで、相手を動かすテクニックといえば、やっぱりこれ、
ロシア(旧ソビエト連邦)から伝わる、軍隊格闘術システマ。
最近は、護身術としても、一般に広まりつつある。



相手のカラダに直接、触れなくても、相手がぶっ飛んでいくんだから、
それと比較したら、社交ダンスのリード&フォーローなんて、ものすごく単純なものに感じることでしょう。

日本の社交ダンスは、相手に意志を伝えて、自分は自分・相手は相手という感じで、如何にも単純な動きに思えてしまう。

やっぱり、相手を動かして、自分が相手の動きに入り込んでいく・・・この面白さは、ひと味違う。
動きがだんだんと、熟れてきて、この面白さが、見ている人に伝わるようになれば、少しづつ「芸術」になってくるような気がします。(それを伝えることが出来るのが、トッププロなんだろうけど)

もし、東欧~ロシアの、WDSF系列の社交ダンスに対する考え方が、
  「追い求めたいカラダの使い方、会得したいカラダの使い方」というのがあって、
  それを取得するために、「社交ダンスを踊る」ことが効果的と考えるから、社交ダンスを練習する。
としたら、どうだろうか?

多くの日本人、特に「大多数のプロ教師」は、こんな考え方を持っていない。
  まず、最初に
   「お前ら生徒は、社交ダンスを踊るために、オレ様に習ってんだ!」
  というのが絶対条件、かつ最終目的になっていて
  姿勢を崩さずに踊るために「カラダの使い方・筋肉の使い方を練習する」
というのが、大多数の日本人の社交ダンスの姿だと思う。

考え方の違い。根本的な違い。これじゃ、勝てるはずがない。
そして、日本に社交ダンスが普及するはずがない。

WDSF系の外国の選手が、ロシアの軍隊格闘術「システマ」をベースにして
それに動きを加えているのだとしたら、どうだろうか?

多くの日本人みたいに、足型とか、姿勢の崩れとか、そんなのばかり意識して
練習するのとは、全く違うダンスになってくるはずです。
日本人の社交ダンスには、「ベース」となるものが、なにもない!!!!!
悪く言えば、すっからかん。 そんな気がします。

反論とか、あったら、お願いします。

 この投稿への コメントは 0 件 です。
 
←←現在の順位を確認できます


2020年(令和2年)02月02日(日)
 投稿122  ナチュラルターンの練習
カテゴリー[ 今日の日記 ]  2020/02/02(日) 21:05:00  投稿者:sanzo

今日は、ひさびさに練習。
ダンスシューズを履いて真面目に練習するのは、10日ぶりかな。
待ちに待った練習日だ! 長かったこと。

で、練習と言えば、ナチュラルターン。
分厚いセーターを着て、準備運動もなにもせずに、汗をかかないように
  ワルツの、ランニング・スピン・ターン
だけを、練習して帰ってきました。




補助足(3左)
ナチュラルターン前半3歩(1右・2左・3右揃える)
ランニングスピンターン(1左・&右・2左・3右)
シンコペーテッド・タンブルターン

この動画、誰か知らないし、上手なのか下手クソなのか、さっぱりわからないけど、
歩幅は大きく踊ってるので、とても、参考になる。
なので、この動画、機会があるごとに、繰り返し、見るようにしてます。

この動画の面白いところは、
 「右肩よりも左肩の方が低い」姿勢で、右足の上を越えていくこと
ところだと思います。
ナチュラルターンの左足のスウィング(右足が支え足)と
ランニングスピンの左足のスウィング(右足が支え足)。
いずれも、左肩・左腕を低い位置に下げて、右足の上を通過している。

これ、見よう見まねで、やってみると、おもしろい!!!!
見てるだけなら、誰でも簡単に出来そうだけど、いざ、やってみると、かなりむずかしい。

左肩を思いっきり低くして、左足のスイングを行うのは、なぜなのか?
左肩を思いっきり低くして、どうやってバランスを取っているのか?
左肩を思いっきり低くした方が、もしかしたら、大きく進めるのだろうか?

なにか、理由があるはず・・・ですよね。

マネして、やってみると、すごく面白いです。
ランニングスピンターンだけで、2~3時間くらい、楽しめますから。

WDSF系の踊りは、なにがなんだか、わからないから、見ているとアタマの体操になる。
憶測だけど、WDSF系の踊りの背後には、「システマ」の基礎が潜んでいるような気がする。

システマ(Systema)というのは、ロシア軍(旧ソ連軍)の武術、運対格闘術。ある種の護身術。
乱暴な言い方をすれば、ロシア版の合気道みたいな感じかな。
それが、WDSFのダンサーの背後には「おそロシア」の部隊が潜んでいるような気がする。
敵に回すと、怖いタイプ。

 この投稿への コメントは 0 件 です。
 
←←現在の順位を確認できます


 投稿121  訂正『初心者に人気』な教室は要注意
カテゴリー[ 諸行無常 ]  2020/02/02(日) 09:22:50  投稿者:sanzo

***** 違う説明図を掲せてしまいました。訂正して再投稿します *****

今回も「諸行無常」のカテゴリーで行ってみましょう!

今日の日本の社交ダンス界において、「初心者に人気」な教室なんて、実在するのか?
「初心者に人気」なサークルとか、「初心者に人気」なカルチャー講座とか、
今時、そんなものが実在するのだろうか? そんなツッコミは無視して、先に進む。

「初心者」が少ないと言っても、その少ない「初心者」は、特定のサークルや、特定の教室に集中する傾向があるだろうし、少なくとも、ダンス全盛期には、「習いたい!」と言う生徒が多すぎて、希望者を収容できないくらいの「初心者に大人気の教室」や「初心者に大人気のサークル」というものが、いくつか実在したはずです。

ここで考えてみたいのは、次々にクチコミで広まっていく、「初心者に好まれる教室」「初心者に好まれるサークル」があるとすれば、そのサークルや教室には、、なんらかの「人気の秘密」というものがあったはずです。

多くの人を引き寄せるには、いったい、どんな秘密があるのでしょうか?

たぶん、答えは、ここにあるはず。
takano018c.png

社交ダンスでは、ホールドの作り方を工夫すれば
「膝が上がらず、体重が両足に掛かるホールド」も「膝が上がって体重が後ろ足に集中するホールド」も、どちらのホールドも作ることが可能です。
ところが、日本人の体格の関係で、後者の方が「圧倒的に簡単で、圧倒的に受け入れやすい」であろうことが、予想できます。

冷静に考えてみればわかりますが、「初心者に人気」というか、「シロウト受けする」のは後者です。
多くの日本人の特性に合わせた踊り方、日本人に特化したカラダの動きを教える教室やサークルがあったならば、そこに、多くの人が集ったであろうことは、容易に想像できます。

教え方としては、
まず「左足の太腿を持ち上げて、右足(片足)でしっかり立ってから、左足を伸ばす」
次に「右足の太腿を持ち上げて、左足(片足)でしっかり立ってから、右足を伸ばす」
これを繰り返すように、生徒に反復練習させればいい・・・ということになる。

つまり、「膝を持ち上げる(ニーアップ)と言うことは、太腿を持ち上げるという意味だ!」
「太腿を持ち上げれば、膝はいくらでも高く上げることができる」という特性を生かした、
ほとんどの日本人が「自分なら出来る!」と感じる踊り方を教えればいいわけです。
日本人向けというか、日本人に有利な踊り方なので、クチコミで、初心者が集ります!

c33.png

この図で言う、【赤】のフットワークが、ダンスを始めてどれくらいで出来るようになるか?
足腰の力の強い男性、日頃から足腰を鍛えている男性ならば、ダンパーティやサークルで、3年くらい踊っていれば、姿勢を崩さずに踊れるようになるんじゃないかと思います。
そして、5年もすれば、女性に「こうやって踊るんだ!」と言って、教えるようになる。

女性は、ハイヒールを履いて踊るので、なかなか、自分の足で立つことが難しい。
そんなところに、男性が「タダ(もしくはタダ同然)で、教えてあげるよ!」とか言おうモノなら、
多くの女性は、願ったり叶ったり。

クソ高いレッスン料を払って、プロ教師に習っても、ちっとも上手にならない。
タダで教えてくれる優しい男性がいるなら、ついていきます!.....みたいな感じ。

そういう女性、たくさんいます。
70歳前後の「一般男性」についていく、20~40歳台の女性はたくさんいます。

何故、多くの女性は、年配の「一般男性」についていくのか????
ほとんどのプロ教師は、その原因を、理解していない。

初心者の多くは、「社交ダンスの基礎は、誰に習っても同じ」だと思い込んでいる。
プロ教師も、一般男性も、高齢者も、みんな「基礎は同じ」だと、思い込んでいる。
だから、タダで教えてくれる男性についていく、女性がたくさんいる。
これが、実情だと思います。
実際、多くのプロ教師は、そこらへんの一般男性と同じ踊り方を教えているのだから。


でも、現実は違う。世の中には、それとは違う踊り方が存在する。
比較対象として、下の【青】の動きをみれば、違いは一目瞭然。
実際には、基礎というかスタート地点で、【青】と【赤】は違っている。

c44.png
正しい社交ダンスを教えるべきプロ教師が、【青】と【赤】では、基礎が根底から違ってることを、教えていれば、大奥の「初心者」のとるべき行動は、変わってくるはずです。
だけど、多くのプロ教師は、【青】と【赤】の違いを違いを教えない。
【青】より【赤】の方が圧倒的に有利なら、どうどうと【赤】の優位性を説けば良い。
だけど、【青】に対する【赤】の優位性を解いたプロ教師は、知る限り一人もいない。

ダンスの全盛期に、多くのプロ教師が、初心者ウケする【赤】の踊りを教え続けたことで、
「初心者をかき集めて、やりたい放題、ボロ儲けした」けれど、
youtube の動画が出てくるようになってから疑問を持つ人が増えてきた
・・・というのが真相だと思うけど、違うかな???

少なくとも、一世代前の多くのプロ教師は【赤】の踊りを、徹底に教え込んでいたはず。
厄介なのは、多くの生徒は【赤】が「世界共通の模範的な踊り」だと、信じ込んでいること。

 この投稿への コメントは 0 件 です。
 
←←現在の順位を確認できます


2020年(令和2年)02月01日(土)
 投稿118  かがやき練習会5月分会場確保
カテゴリー[ かがやき練習会 ]  2020/02/01(土) 10:01:30  投稿者:sanzo

かがやき練習会 5月分の会場を確保しました。

5月 4日(月曜・祝日)
5月 5日(火曜・祝日)
5月24日(日曜日)

以上、3回になります。

5月の連休は、3・4.5の三日間、空いてどれでも確保可能だったのですが、
「第一日曜日に主催するパーティがある・・・かもしれない」ということで
5月3日を避けて、5月4日と5日を確保しました。

現時点では、日程変更が可能なので、他にパーティがあるようなら、お知らせ下さい。
対応できる範囲で対応します。

この時期、JDSFのイベント、および 野々市市社交ダンス同好会のパーティが
あるはずなのですが、情報をもらってないので、3回とも、不確定です。

ぶつからなければ良いのですが・・・。

追伸:
4月受付分(7月開催分)より、会場(野々市市交遊舎)の会場使用料が値上げになります。
かがやき練習会は、1回あたり、2100円アップという、大幅値上げになります。
参加費は一人500円なので、これにより、採算分岐点が、4.2人アップします。

他のパーティとぶつかったりすると、採算割れで崩壊する可能性が非常に高くなります。
どうなるんだろ、これ。

 この投稿への コメントは 0 件 です。
 
←←現在の順位を確認できます


2020年(令和2年)01月31日(金)
 投稿117  【クイズ】大きく踊れるのはどちら?
カテゴリー[ 社交ダンス 超!入門 ]  2020/01/31(金) 14:06:26  投稿者:sanzo

これは、とても簡単な問題です。

大きく、ダイナミック、しかも、ブレずに、美しく踊れるのは、どちらの方法でしょうか?

そのまえに・・・・・参考資料は、いつもの文章です。
takano018c.png
「高野氏は正しい」として参考にしてもいいし、「高野氏は間違っている」として否定してもいい。

社交ダンスでは、ホールドの作り方により、両方の「膝を持ち上がる動き」をすることが可能です。
陸上競技と違って、社交ダンスでは、踊る人一人一人が、どちらでも好きな方を選べます。
踊る本人がどちらを選ぶか、先生がどちらを指導するか? で、将来が決まります。

----

では、本題の【クイズ】です。
ダンスを踊る人の多くは、「大きく、ブレずに、伸び伸びとしたダンス」を踊りたいと思っているはずです。

では、大きく、安定したダンスを踊れるのは、【青】と【赤】どちらの足運びでしょうか?

まずは、ニーアップ。膝を持ち上げる方法は?
c11.png
次に、膝を持ち上げた前足を前方に運ぶ。そしてカラダを前方に進めていく。
c22.png

【赤】は、動く足(前足)の太腿を持ち上げて、体重を支え足(後ろ足)に集中させてます。
そこから、カラダが前に進ませようとすると、バランスを崩して倒れそうになるのですが、
後ろ踵(ヒール)を持ち上げて、「後ろ足でカラダを送り出す」ことで、大きく進むことを可能にしています。

大きく前足を出せば、倒れやすくなる。だったら「後ろ足の送り」を最大パワーにすればいい。
カラダが倒れる速度よりも速い速度で【後ろ足の送り」を掛ければ、カラダは前に倒れない。

【青】は、静かに「重力との戦い」に挑む。
「倒れないギリギリのバランス」を追求しながら、前足を出していく方法。

人間の足の構造上、踝(くるぶし)や踵(ヒール)よりも前方に「土踏まず」に存在する。
前から順番に言えば、「母趾球(ボール)~土踏まず~踝&踵」の順番になる。

だったら、両足ともに踝に体重を掛けて、(踝より前方にある)土踏まずを持ち上げることで
「カラダが倒れない限界を狙いながら、前足を出した方が、大きく進める」という考え方。
カラダが、倒れそうになったら、土踏まずのアーチを最大化すればいい。

どちらが、大きく安定したダンスが踊れると思いますか?

【赤】の方が大きく進めると考えているプロ教師は【赤】の方法を指導します。
【青】の方が大きく進めると考えているプロ教師は【青】の方法を指導します。
あなたが、習っている方法は、【赤】と【青】どちらですか?

普段、踊っている踊り方、習っている踊り方を、自信を持って答えればいい。

自分の踊りに「自信と誇り」を持っている人にとっては、簡単なクイズです。
また、ダンスを教えているプロ教師にとっては、超!簡単なクイズです。

 この投稿への コメントは 0 件 です。
 
←←現在の順位を確認できます


2020年(令和2年)01月30日(木)
 投稿116  女のプロ教師を「試踊」する話
カテゴリー[ 諸行無常 ]  2020/01/30(木) 18:56:21  投稿者:sanzo

今日は、軽い話題。 専門用語で「手抜き」とも言う。
ダンスパーティのお話。
カテゴリーは「諸行無常」でいきましょう。


社交ダンス(特にダンスパーティ)においては、「男性が女性をリードするもの」というのが、半ば常識化しているようで、よく言えば「女性はフォローに徹するのがお仕事」です・・・・みたいな感じかな。

最近は、プロ教師やプロの団体などが主催するダンスパーティも増えてきているようで、
ごくごく普通のおばちゃんが、男のプロ教師や、アマチュアの競技選手と踊る機会が、増えてきているように思います。

こういうのは、「全国の都道府県ごと」の統計を取ってみれば、おもしろいのですが、
  「男性プロ教師と踊ったことのある女性」
  「今まで、一度も、男性プロ教師と踊ったことのない女性」
に分けてもいると、おもしろいです。

多くの女性は、
 「男性プロ教師に踊って貰えば、自分の実力以上の踊りができる」
ことを、身をもって体験していると思います。
フォローする側の女性が、いわゆる「上手な男性」の踊りを体験することは、プラスになります。


では、一般の男性と、女性のプロ教師の組み合わせは、どうなるでしょうか?

ダンスパーティにおいては、一般男性のリードに、女性のプロ教師はフォローする必要がある。
一般男性のボディの動きに合わせて、女性のプロ教師はボディを動かす必要がある。

一般男性の踊りの信念が、「なにがあろうと、女性はボディを離してはいけない!」というものだったら、どうだろうか?
「オマエはプロ教師なんだから、オレ様からボディを離すな!」みたいな感じ。

そこにいるバアサンたちは、オレ様のボディにピッタリくっついたまま、踊るぞ!
なぜ、プロ教師のあんたはボディを離すんだ! よくそんなんでプロ教師が勤まるな!
オレ様がボディの付け方を教えてやるから、しっかりとボディをくっつけて踊れ!

・・・みたいな感じかな。

一流の女のプロ教師が、カルチャーしか知らない一般男性に、ボロのカスの言われる世界。
女のプロ教師にしてみてれば、悪夢のような世界!

クソの役にも立たない、「間違ったダンスの普及活動」をやっていると、
女のプロ教師を「試飲」ならぬ「試踊」する男性が増えていくように思う。

そんな男性が増えてきても、女のプロ教師は、耐えなければいけない。
何があっても、誠心誠意、男性のリードに合わせて、全力でフォローする。
これが、21世紀の日本の「女のプロ教師」のお仕事。

日本の「女のプロ教師たちよ!」それが、ダンス界の普及のためだ!!!
つらいだろうけど、我慢しろ!

これからの時代は、カルチャーで習っている一般男性の方が、
女のプロ教師よりも、100万倍、えらいのだ!
女のプロ教師は耐えろ。そして、一般男性の合わせて踊れ!!!

ああ、悪夢だ!
こんな、わけのわからないダンス界には、決してしてはいけない。

 この投稿への コメントは 0 件 です。
 
←←現在の順位を確認できます


 投稿115  次回の予告(1月30日分)
カテゴリー[ 社交ダンス 超!入門 ]  2020/01/30(木) 08:16:49  投稿者:sanzo

昨日の夜に、文章を書こうとして、寝てしまった。
今日の午後に、投稿するネタ、どれにしようかな。

1.大きな歩幅で、静かに踊る方法
   膝が上がらない西洋人と、膝が高く上がる日本人

2.相手がプロでも、男性がリード
  (女性がプロであっても、ダンスパーティでは、女性は男性に合わせて踊れ)

3.檜山が怖くて、ダンスが出来るか!
  (檜山先生のダンスのからくりを斬る!)

4.フィギュアスケートから社交ダンスへの転向組は、ラテンよりスタンダードの方が向いているのではないか?
  靴のソールが固定しているスタンダードの方が、スケートやってた人には向いていると思う。

どれにしようかな....

 この投稿への コメントは 0 件 です。
 
←←現在の順位を確認できます




最新< 〔このページは 23/36頁〕 >最古
11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/32/33/34

投稿日順 タイトル一覧カテゴリー別 タイトル一覧


  以前のページに戻る  ↑このページの先頭へ 

 
ブログのメニュー
ブログのトップページ
カテゴリーの一覧
全投稿のタイトル一覧

メインページ(分割)
メインページ(11頁)
メインページ(12頁)
メインページ(13頁)
メインページ(14頁)
メインページ(15頁)
メインページ(16頁)
メインページ(17頁)
メインページ(18頁)
メインページ(19頁)
メインページ(20頁)
メインページ(21頁)
メインページ(22頁)
メインページ(23頁)
メインページ(24頁)
メインページ(25頁)
メインページ(26頁)
メインページ(27頁)
メインページ(28頁)
メインページ(29頁)
メインページ(30頁)
メインページ(31頁)
メインページ(32頁)
メインページ(33頁)
メインページ(34頁)

カテゴリー
社交ダンス 超!入門
お知らせ
かがやき練習会
徒然(つれづれ)に
諸行無常
今日の日記
Ballroom Fitness みらい

※カテゴリーの一覧

月別アーカイブ(保存庫)
2020年5月分の投稿
2020年4月分の投稿
2020年3月分の投稿
2020年2月分の投稿
2020年1月分の投稿
2019年12月分の投稿
2019年11月分の投稿

※全投稿のタイトル一覧

最近の投稿(エントリー)
背中が足の上を乗り越えない踊り
コロナで ラテンがソロ化していく?
緊急事態宣言、終了
暑い日のマスク着用は、要注意
もしもコロナが無かったら
古いモノを末永く使いましょう計画
「土踏まずのアーチ」と「浮力」
熱が出たら、すぐに保健所に相談できるのでは?
今日は、ペンキ塗り
かがやき練習会、再開に向けて!

コメントのある投稿
コメント投稿が可能になりました
コメント投稿が可能になりました
コメント投稿が可能になりました
(最新の10件を表示)

ブログの検索