みらくるダンス
 .com
*****
ダンスの見どころ
トップページ
(ダンスの見どころ)
金沢の
パーティ情報
(ダンスの見どころ)
北陸3県
競技会の日程
(ダンスの見どころ)
リンク
*****
サークルかがやき
ダンス練習会
*****
みらくるダンス
・ダンスの見どころ

管理人のブログ
2020-2021
管理人へのメール
はこちらから
*****
*****
ページの先頭へ
ページの先頭へ
みらくるダンス
 .com
*****
ダンスの見どころ
トップページ
(ダンスの見どころ)
金沢の
パーティ情報
(ダンスの見どころ)
北陸3県
競技会の日程
(ダンスの見どころ)
リンク
*****
サークルかがやき
ダンス練習会
*****
みらくるダンス
・ダンスの見どころ

管理人のブログ
2020-2021
管理人へのメール
はこちらから
*****
*****
ページの先頭へ
ページの先頭へ
 

【ブログ記事】 管理人が投稿した記事と、読者から寄せられたコメントです。

 投稿687  プロが触れない盲点(女)
カテゴリー[ 超シンプルに考える ]  2021/01/21(木) 10:10:10  投稿者:sanzo

「プロが触れない盲点(掟/おきて)」
「プロが触れない盲点(肝/きも)」
「プロが触れない盲点(支/ささえる)」
に引き続いて、今回は
「プロが触れない盲点(女/おんな)」

女性の立ち方、というか、女性のホールド。
女性のアタマの位置は、昔と今とで、大きく違っている。

昔は、女性も「直立」に近い形で、アタマをちょっとだけ左に倒した姿勢で、踊っている。
それに対して、今の女性は、大きくアタマを左上に伸ばしている。

なぜ、女性のホールドが変化したのか?
それにより、「踊りの本質」の何が変わったのか?

言い換えれば、
「踊りに対する考え方」のどこが、
どのように、変化していった結果として
女性のホールドが、大きく変化していったのか??

今後の「社交ダンス」というモノを考えていく上で、
とても重要なことである要素なはずなのに、
「プロ教師」と称する人は、この点に触れない。
触れようとしない。 なぜだろうか?

当「みらくるダンス・らぼ(mirale dance laboratrym)」では、
この疑問を解くための研究を、長年にわたって行なっており
(なんとも、大袈裟だな)その結果は次の通りである。

女性のホールドが、昔のホールドでも、今のホールドでも、
男性は、女性を自由自在に操ることは可能である。
(ただし「操られる方は、受け身が出来ている」という前提)
それに対して
昔の女性のホールドでは、女性が男性を操ることは不可能だが
今の女性のホールドでは、女性が男性を操ることは可能である。

「理想の社交ダンス」を追求する過程に於いて、

「男性が女性を操ることが可能である」のと同様に、
「女性が男性を操ることが出来る、理想的なホールド」
を探し続けてきた結果、最終的に、辿り着いたのが、
今の「女性のホールド」である.....と。

もし、「みらくるダンス・らぼ」の見解が正しければ、
「男性のダンスのレッスン」が、とても面白いことになる。

昔の「女性教師による、男性生徒へのレッスン」は、
問答無用で、シャドウ中心にする必要があった。
(昔の女性ホールドでは、男性生徒を操れないため)

だがしかし、女性が男性を操れるとすれば、話しは変わる。
これからの「女性教師による、男性生徒へのレッスン」は、
男性に、ともかく「受け身・動かされる感覚」を覚えて貰って、
女の先生が、男の生徒のボディを自由自在に操って、
「男の生徒に、カラダ全体の滑らかな動きを覚えて貰う」
・・・といったレッスンも、実現される可能性がある。。

男性にとっては、「夢」のような話しです。
力を抜いて、「正しい受け身」で立っていれば、
素敵な女の先生が、自由自在に操ってくれるのですから・・・

-*-*-


というわけで、この3択、どれが正解なのでしょうか?
「女性のホールドの変化」と合わせて、考えてみましょう。

か)昔の女性のホールドでも、今の女性のホールドでも、
  女性が男性を操ることなんて、できっこない!

き)昔の女性のホールドでは、男性を操ることは出来ないが
  今の女性のホールドなら、男性を操ることが可能。

く)昔の女性のホールドでも、今の女性のホールドでも、
  女性が男性を、自由自在に操ることができる。

女性の「プロ教師」と称する人に、この「3択」をぶつけたら
どれを選択するだろうか? どれを選ぶと思いますか?

「みらくるダンス・らぼ」の見解は【き】。
女のプロ教師の見解が【か】だとしたら、面白いことになる。

「出来ない」という人が、「実際、できる」と言う人に対して、
「出来ないこと」を理由をつけて、証明しなければならない。
プロならば、出来ないことを証明しろ!...ってことになる。

今回も、単純明快な「3択クイズ」です。
さてさて、本当の答えはどれでしょうか?

-*-*-*-

下の「ブログ・ランキング」のバナーを
マウスで、ポチっ! とクリックして頂けると、励みになります。

↓↓応援していただける人は、ポチッとクリック。

 この投稿への コメントは 0 件 です。
 
←←現在の順位を確認できます


 投稿 687  プロが触れない盲点(女) …への コメント(0件)
 投稿 687  プロが触れない盲点(女) …へのコメントを投稿する
投稿されたコメントは、すぐには公開されません。
管理人が承認手続きを行った後、公開されます。

数日経ってもコメントが公開されないときは、管理人までメールをお願いします
ニックネーム
コメント
コメントは、管理人の承認の手続きの後に、公開されます。
 
・システムの不具合により、コメントが投稿できないケースがあるみたいです。
  (不具合が発生すると、せっかくコメントを書いても、消えてしまいます)
・長い文章を書くときは,事前に文章を作って、文章を枠の中に貼り付けてください。
・全角文字を10文字以上入れてください。(英数字だけのコメントは登録できません)
・ハイパーリンク(http://...を含む文字列)がある場合は、登録できません。
投稿ボタンを押してから、1~10秒ほど、お待ち下さい

リンク  ブログのトップページへ
 カテゴリー〔超シンプルに考える〕の投稿一覧へ
 前〔投稿686 2021/01/20〕: この先生きのこるには?
 次〔投稿688 2021/01/21〕: 注意すべきは「言葉狩り」


  以前のページに戻る  ↑このページの先頭へ 

 
ブログのメニュー
ブログのトップページ
カテゴリーの一覧
全投稿のタイトル一覧

カテゴリー
つれづれに2021
パーティのマナー
超シンプルに考える
プロ教師に伝えたいこと
社交ダンス 超!入門
お知らせ
かがやき練習会
徒然(つれづれ)に
諸行無常
今日の日記
Ballroom Fitness みらい

※カテゴリーの一覧

月別アーカイブ(保存庫)
2021年2月分の投稿
2021年1月分の投稿
2020年12月分の投稿
2020年11月分の投稿
2020年10月分の投稿
2020年9月分の投稿
2020年8月分の投稿
2020年7月分の投稿
2020年6月分の投稿
2020年5月分の投稿
2020年4月分の投稿
2020年3月分の投稿
2020年2月分の投稿
2020年1月分の投稿
2019年12月分の投稿
2019年11月分の投稿

※全投稿のタイトル一覧

最近の投稿(エントリー)
知ってる人、教えて下さい!
落ち着いた、静かな月曜日
出来てしまう...ということ
28日の開催困難か?(かがやき練習会)
女性ノ指に着目セヨ!
女同士の戦い(手出し無用)
ダンス復興への障害
「老害」と叫ぶ人たち
プロが触れない盲点(掌)
不平等・不公平(何故だ!)

コメントのある投稿
(最新の10件を表示)

ブログの検索