みらくるダンス
 .com
*****
ダンスの見どころ
トップページ
サークルかがやき
ダンス練習会
*****
みらくるダンス.com
管理人のブログ
2020-2021
管理人へのメール
はこちらから
*****
*****
ページの先頭へ
ページの先頭へ
みらくるダンス
 .com
*****
ダンスの見どころ
トップページ
サークルかがやき
ダンス練習会
*****
みらくるダンス.com
管理人のブログ
2020-2021
管理人へのメール
はこちらから
*****
*****
ページの先頭へ
ページの先頭へ
 

【ブログ記事】 管理人が投稿した記事と、読者から寄せられたコメントです。

 →ブログのトップページ(最新8件を表示)へ
 →カテゴリー〔社交ダンス 超!入門〕の投稿(すべて)を表示
 →前〔投稿546 2020/11/03〕: ダンスの基本は「脱力」
 →次〔投稿548 2020/11/04〕: トランプ勝てるかな?

 投稿547  音楽があって踊りがある
カテゴリー[ 社交ダンス 超!入門 ]
2020/11/04(水) 05:09:24  投稿者:sanzo

社交ダンスを覚える(習う)ときの「音楽」と「踊り」の関係。
この動画は、ものすごく、わかりやすい。

元JCFラテンチャンピオン
イシカワヒロユキダンススタジオ 石川浩之先生の動画です。

他人に「ダンスを教える」ということが、どういうことか?
今まで見えなかったものが、見えてくる。

説明が「サンバのホイスク」であるところが、ミソです。

サンバのホイスクというのは、
腕を持ち上げて、肘を固定した姿勢で、男女が向き合います。
(ある意味)スタンダードと同じです。

ということで、この動画で着目したいのは、
「腕を持ち上げて、肘を固定した姿勢」の
サンバのホイスクという動きを教えるとき
(あるいは習うとき)
「音楽」と「踊り」の関係は、
どうあるべきか?

というポイントです。
この1点だけに着目して、動画を見てみて下さい。

まず、0分16秒のところから  「足型(ステップ) → 形・動き → 音楽」 の順序で教える場合と  「音楽 → 形・動き → 足型(ステップ)」 の順序で教える場合。

どちらが良いか? という説明をしてます。

くどいようですが、ここで説明しているのは
本来、「腕を持ち上げて、肘を固定した姿勢」で踊る
サンバのホイスクの説明です。(これ、超!重要)

で....
4分28秒から、ホイスクの説明が始まる。
バウンズ+コントラクション、

6分44秒、(ドジョウすくいの宴会芸?)の
「ざる」を、持ってすくい上げる動きを繰り返しながら
カラダを動かすイメージ・・・ってことかな。

そして、それにメレンゲアクションを加える。
この3つの要素が全部入って、綺麗なホイスクになる。

----

ここから「学ぶ」べきことは、なにか?

「腕を持ち上げて、肘を固定した姿勢」
    で踊るサンバのホイスクにおいて
「音楽」と「踊り」を関連づけるには、
   最低限、これだけの説明が必要になる。

「腕を持ち上げて、肘を固定した姿勢」
    で踊るサンバのホイスクを教えるために
腕を使って、ザルをすくい上げる「ドジョウすくい」
から始めている。

ダンスってのは、そういうもの。

もし、もし・・・ですよ。
サンバの「ウイスクは、腕を持ち上げて、肘を固定した姿勢」
だからということで、背中に強靱な鉄の十字架を作り、
肘を真横に張って、腕をカチンカチンに固定して
ケツを前後に振りながら、必死に音楽に合わせる指導
「音楽から外れたら、叱りつける」という指導を
行なったら、どうなるとおもいますか?

いくら音楽に合っていても、それはサンバじゃない。
無理矢理に、音楽に合わようとすれば、サンバとは
似ても似つかない動きになってしまうはず。

じゃぁ、スタンダードだと、どうなのか?

ラテンだと、そういう矛盾に、すぐに気がつくのですが、
スタンダードだと、気がつかない人が多い。
というか、教える側のプロ教師でさえ、気がついてない。

だから「腕を持ち上げて、肘を固定したホールド」のまま
音楽と言うより、カウントに合わせて、無理矢理に踊らせようとする。

カチンカチンなホールドで、音楽に合わせようとしても
ダメだろうとか思うのですが、スタンダードのプロ教師は
カチンカチンなホールドで踊らせておいて、音楽に合わない人を叱りつける。


サンバのホイスクも、ワルツのウイスクも、
 「腕を持ち上げて、肘を固定したホールド」
で、音楽に合わせて踊る点は、同じですよね。

サンバのホイスクは、音楽に合わせる以前に、
カラダの動きの説明があるのに、
ワルツのウイスクでは、問答無用で
「腕を持ち上げて、肘を固定する」指導をして
カウントに合わせて動くとができれば、それだけで合格!

ワルツでは、肘を固定して、カラダをカチンカチンに固めて、
「踊りがカウントからズレたら、叱られる」という世界。
こんなのサンバとかのラテンでは、あり得ないと思います。


サンバとワルツ、どこに、どんな違いがあるのでしょうか?

なんか、変だと思いませんか?
プロ教師によるラテンの指導は、正しいと思います。
でも、多くのプロ教師によるスタンダードの指導は、
根本的に、なにかが間違ってるような気がします。

 この投稿への コメントは 0 件 です。
 
 
ランキングへの応援
←← お願いします。

 この投稿への コメントは 0 件 です。
 
 


 →ブログのトップページ(最新8件を表示)へ
 →カテゴリー〔社交ダンス 超!入門〕の投稿(すべて)を表示
 →前〔投稿546 2020/11/03〕: ダンスの基本は「脱力」
 →次〔投稿548 2020/11/04〕: トランプ勝てるかな?

投稿 547 音楽があって踊りがある
 投稿 547 音楽があって踊りがある …への コメント(0件)
 投稿 547 音楽があって踊りがある …へのコメントを投稿する
投稿されたコメントは、すぐには公開されません。
管理人が承認手続きを行った後、公開されます。

数日経ってもコメントが公開されないときは、管理人までメールをお願いします
ニックネーム
コメント
コメントは、管理人の承認の手続きの後に、公開されます。
 
・システムの不具合により、コメントが投稿できないケースがあるみたいです。
  (不具合が発生すると、せっかくコメントを書いても、消えてしまいます)
・長い文章を書くときは,事前に文章を作って、文章を枠の中に貼り付けてください。
・全角文字を10文字以上入れてください。(英数字だけのコメントは登録できません)
・ハイパーリンク(http://...を含む文字列)がある場合は、登録できません。
投稿ボタンを押してから、1~10秒ほど、お待ち下さい

リンク  →ブログのトップページ(最新8件を表示)へ
 →カテゴリー〔社交ダンス 超!入門〕の投稿(すべて)を表示
 →前〔投稿546 2020/11/03〕: ダンスの基本は「脱力」
 →次〔投稿548 2020/11/04〕: トランプ勝てるかな?
 ■ リンク
 →ブログのトップページ(最新8件を表示)へ
 →カテゴリー〔社交ダンス 超!入門〕の投稿(すべて)を表示
 →前〔投稿546 2020/11/03〕: ダンスの基本は「脱力」
 →次〔投稿548 2020/11/04〕: トランプ勝てるかな?


 以前のページに戻る  ・↑このページの先頭へ 
 
ブログのメニュー
ブログのトップページ
カテゴリーの一覧
全投稿のタイトル一覧

カテゴリー
ダンスブーム・来る?
つれづれに2021.06
超!4スタンス理論
つれづれに2021
パーティのマナー
超シンプルに考える
プロ教師に伝えたいこと
社交ダンス 超!入門
お知らせ
かがやき練習会
徒然(つれづれ)に
諸行無常
今日の日記
Ballroom Fitness みらい

※カテゴリーの一覧

月別アーカイブ(保存庫)
2021年6月分の投稿
2021年5月分の投稿
2021年4月分の投稿
2021年3月分の投稿
2021年2月分の投稿
2021年1月分の投稿
2020年12月分の投稿
2020年11月分の投稿
2020年10月分の投稿
2020年9月分の投稿
2020年8月分の投稿
2020年7月分の投稿
2020年6月分の投稿
2020年5月分の投稿
2020年4月分の投稿
2020年3月分の投稿
2020年2月分の投稿
2020年1月分の投稿
2019年12月分の投稿
2019年11月分の投稿

※全投稿のタイトル一覧

最近の投稿(エントリー)
"無駄"なモノほど面白い!
プロ教師は "社交"を知らない
地方のプロは絶滅する!
石川県 新規感染者ゼロ
windows11 が出る!
プレパレーテョン(踊り始め)
苦しさ を 面白さ に変える
6月13日かがやき練習会報告
Mジャクソン登場前と後
左重心 × 4スタ理論

コメントのある投稿
(最新の10件を表示)

ブログの検索