みらくるダンス
 .com
*****
ダンスの見どころ
トップページ
(ダンスの見どころ)
金沢の
パーティ情報
(ダンスの見どころ)
北陸3県
競技会の日程
(ダンスの見どころ)
リンク
*****
サークルかがやき
ダンス練習会
*****
みらくるダンス
・ダンスの見どころ

管理人のブログ
2019-2020
みらくるダンス
・ダンスの見どころ

管理人のブログ
2018-2019
管理人へのメール
はこちらから
*****
*****
ページの先頭へ
ページの先頭へ
みらくるダンス
 .com
*****
ダンスの見どころ
トップページ
(ダンスの見どころ)
金沢の
パーティ情報
(ダンスの見どころ)
北陸3県
競技会の日程
(ダンスの見どころ)
リンク
*****
サークルかがやき
ダンス練習会
*****
みらくるダンス
・ダンスの見どころ

管理人のブログ
2019-2020
みらくるダンス
・ダンスの見どころ

管理人のブログ
2018-2019
管理人へのメール
はこちらから
*****
*****
ページの先頭へ
ページの先頭へ
 

【ブログ記事】 管理人が投稿した記事と、読者から寄せられたコメントです。

 投稿249  7.「ロア=筋肉のゴムを巻く」感覚
カテゴリー[ 社交ダンス 超!入門 ]  2020/04/30(木) 09:49:49  投稿者:sanzo

今日は、(両足を揃えて)ライズしている姿勢からの
ナチュラルターンを想定して、ロアの役割を考えてみます。

高い位置から、ロアで一気に姿勢を低くして、
右足から始まるナチュラルターンの3歩。

いろんな先生が、いろんなイメージを使って、ロアの説明をしています。

一番わかりやすいのが「ロアは、ジェットコースターだ」という説明。

頂点まで上りつめたジェットコースターが、一気に急降下。
放物線上に敷かれたレールの上を、どんどん落ちていく。
レールはやがて水平になり、ジェットコースターは、
一番低い地点を、最大速度で通過する。
そして、最高速になった直後には、急カーブが待っている。

ナチュラルターンで言えば、
  ライズで静止している「頂点」から
  ヒュゥ~~っ!と急降下しなが加速し、
  水平運動に変わって、ぶぉぉおぉ~っ!と進み
  右急カーブを、ぐぉ~ぉ!ギギギっ!と曲がる
みたいな感じかな。

でも、このイメージだと、斜め下に向かって突っ込んで行くので
後退する相手を押し倒してしまうリスクがある。
そこで、違う説明をする先生もいる。

ロアというのは、まっすぐ下に降下して、
床が突き抜けるくらい、強い力で床を押す。
そして、床を押した力の反発力を使って
「支え足でカラダを前方に送り出す」。

どちらも、プロの先生の定番の「ロア」でしょう。
いろんなところで耳にする「ロア」の説明ですね。

いずれも、プロの先生の説明で共通しているのは、
ロアで姿勢を低くした後で、
「ボディ」と称する「肉の塊」を水平方向に加速させる
・・・・という指導になってること。

ロアの後の1歩先には、ターンと称する急カーブが待ってます。
「オレは前に進むのだ!」という意識で、
前方の急カーブに向かって、
ボディと称する肉の塊を、どんどん加速させていく。
そのために行うのが「ロア」だということになる。

なので、急カーブにさしかかったところで、
カラダを捻るか、カラダを傾けるか、内股にするか
なんらかの方法で、カーブを曲がろうとする
(=ターンで、ボディの方向を変えようとする)

日本の多くのプロの先生の指導を辿っていくと、
そこの辿り着くような気がする。

カーブを曲がる時、カーブを曲がる直前になって
はじめて、なんらかのアクションをしようとする。
その際、ボディという肉の塊は、勢いが付いている。

これが、ほとんどのプロの先生が教える社交ダンス
の、共通点だと思います。
ほんとうに、それでいいのでしょうか?

---

じゃぁ、わたし(山象)は、どういう解釈をしているのか?

イメージ的には、
「ロアというのは、
 たくさんある筋肉という名前の『ゴム』を巻く作業」
だという解釈を取ります。
『ゴム』でもいいし、「ぜんまいバネ」でもいい。

単純に言えば、
ロアで、カラダの左右にあるゴムを巻いておいて、
そこから少しずつ、ゴムを緩めていく感覚。
右側のゴムは少しづつ緩めていって、
左側のゴムを大きく緩めれば、
カラダは右に曲がっていって、ターンが出来る。
だから、ターンするときには、力はいらない。

ロアで、「筋肉という名前のゴムを巻く」作業なので
深く膝をまげる必要はない。
膝を少し緩める程度の方が、ゴムを巻く効果が高くなる。

ロアが終わったら、カラダの筋肉や、左右のバランスを
できるだけ変化させないようにして、「3歩」進んでいく。
ボディの左右での筋肉のゆるめ方を変えてやれば、自然に
ボディの向きが変わる。そしてボディ全体が浮き上がる。

長年、プロ教師から、反発を受けたり、無視されたりして
地域全体から、長年にわたって、干されてきたけど、
この方法でも、楽しく優雅なワルツは踊ることができます。


プロ教師が教える「ジェット・コースター」ワルツのほうが、
生徒の受けがいい。
だから、プロ教師が教える場所には、たくさん、生徒が集まって、
教室は、どんどん繁盛するだろうけど、それがすべてじゃ無い。

初心者受けするものが、すべて正しいとは限らない。

どうでしょうか?

 この投稿への コメントは 0 件 です。
 
←←現在の順位を確認できます


 投稿 249  7.「ロア=筋肉のゴムを巻く」感覚 …への コメント(0件)
 投稿 249  7.「ロア=筋肉のゴムを巻く」感覚 …へのコメントを投稿する
投稿されたコメントは、すぐには公開されません。管理人が承認手続きを行った後、公開されます。
数日経ってもコメントが公開されないときは、管理人までメールをお願いします
【必須】名前(ニックネーム)
【必須】メールアドレス
【注意】コメント(※一カ所でも「gmail」という文字を入れると「スパム」扱いになります)
 



・システムの不具合など、なんらかの理由でコメントが投稿できないケースもあり得ます。
 (不具合が発生すると、せっかく書いた投稿が,一瞬にして消えてしまうかもしません)
・長い文章を書くときは,事前に文章を作っておいてから、文章を枠の中に貼り付けてください。
・全角文字を10文字以上入れてください。(英数字だけのコメントは登録できません)
・ハイパーリンク(http://...を含む文字列)がある場合は、登録できません。
投稿ボタンを押してから、20秒間お待ち下さい

リンク  ブログのトップページへ
 カテゴリー〔社交ダンス 超!入門〕の投稿一覧へ
 前〔投稿248 2020/04/29〕: 踊らずして上達する! 出来なきゃ引退!?
 次〔投稿250 2020/04/30〕: パチンコ依存の人のための方策は?


  以前のページに戻る  ↑このページの先頭へ 

 
ブログのメニュー
ブログのトップページ
カテゴリーの一覧
全投稿のタイトル一覧

カテゴリー
超シンプルに考える
プロ教師に伝えたいこと
社交ダンス 超!入門
お知らせ
かがやき練習会
徒然(つれづれ)に
諸行無常
今日の日記
Ballroom Fitness みらい

※カテゴリーの一覧

月別アーカイブ(保存庫)
2020年11月分の投稿
2020年10月分の投稿
2020年9月分の投稿
2020年8月分の投稿
2020年7月分の投稿
2020年6月分の投稿
2020年5月分の投稿
2020年4月分の投稿
2020年3月分の投稿
2020年2月分の投稿
2020年1月分の投稿
2019年12月分の投稿
2019年11月分の投稿

※全投稿のタイトル一覧

最近の投稿(エントリー)
マスク無し・全員PCR検査
病院は面会禁止だぞ!
解剖学的に円回内筋は?
GoToイート終了のお知らせ
大きく踊れ!大きく踊るな!
自分のことだけ、考える
今日も笑顔で・・・
36計 逃げるに如かず
体も頭も柔らかく
半値八掛けクソ決算

コメントのある投稿
(最新の10件を表示)

ブログの検索